読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

やさしい雨

1.白い少女


僕が42歳になった日、ミルクが死んだ。

朝にはいつも、寝床のわき腹あたりでまるくなっているはずの彼女
のぬくもりが、その日はなかった。真っ白な小さな身体は、台所の
床で冷たくなっていた。5年間いっしょに暮らした猫を膝に抱き、
僕は半日そこに座っていた。

透子(とうこ)が僕の前に現れたのは、その1週間後だった。

透子は僕がいとなむ喫茶店の入口の扉から、雨に濡れた姿で入って
きた。そのとき店の中にいたのは、常連客の麹谷さんだけで、僕は
カウンターをはさんで彼と向き合い、飼い猫をうしなった寂しさを
かきくどいている最中だった。

ちょうどこんな雨の日でしたよ。ノラのくせに利口な奴でね、そこ
のドアをこう、前足で上手にひっかけて…言いかけた、まさにその
瞬間だった。ドアベルがちりりんと響き、彼女の姿がそこにあった。

口をあけた僕の間抜け面を見て、麹谷さんが肩越しに振り向いた。
そしてトレードマークのハンチング帽のひさしを押し上げた。

透子はボストンバッグを両手で家出少女みたいに身体の前に持ち、
震えながらたたずんでいた。白いダウンジャケット、白いセーター、
白いスカート。やがて顔をあげた彼女の大きな瞳と出くわしたとき、
僕は思わず「ミルク」と呼びかけてしまいそうになった。

あの、と彼女は声を発した。
「とつぜんすみません。着替えをさせてもらえないでしょうか?」

「大変だ、びしょ濡れじゃないの」呆然としている僕のかわりに、
麹谷さんが言った。彼女は猫でも客でもなく、ただ急な雨にあい、
乾いた衣服に着替える場所を求めてこの店の扉を押したのだ。よう
やく事態を理解した僕は奥へ‐カウンターの後ろから自宅に出入り
できるようになっている‐とびこんで暖房をいれ、棚からタオルを
何枚も出した。そして着替える彼女を、僕と麹谷さんは店のほうで
待った。

30分ほどで、彼女は戻ってきた。
「座りなさいよ」麹谷さんに言われて、カウンターの椅子に浅く腰
をおろした。熱いココアをさしだすと、すみません、とかすれた声
で言い、カップを両手で持ち上げた。よほど冷えきっていたのか、
しばらくはふうふうと、ものも言わずに飲んでいた。

白ずくめの衣装は、Gパンと薄緑色のトレーナーにかわっていた。
背中まで届く半乾きの髪が、小さな顔をとりかこんでいる。最初の
印象よりかなり若く見えた。下手をすると十代かもしれない。何に
しろ、ミルクの化身などというのは、瞬間的な僕の幻だ。

「もう一杯飲んだら」ここがいちおう商売であるということをしば
しば忘れている麹谷さんが言った。
「いえ、いいんです。ご馳走様でした」彼女はそう言い、カップを
カウンターの上にのせた。そして少し迷うように膝においた自分の
手を見つめていたが、ふいに
「お願いします!」と叫んで頭を下げた。

ここで働かせて下さい。彼女はそう頼みこんだのだ。僕も麹谷さん
も、あたりまえだがあっけにとられた。
「できれば、住み込みで」透子はさらにつけ足し、必死な目で僕を
見上げた。

「ダメですか?」
「ダメですかって、あなた」
「何でもします。お給料は要りません」
「そんなわけには」
「これでもひと通りの経験はあります。私、どこにも行くところが
ないんです。お願いします」

受け容れるでも断るでもなく、僕はただ戸惑っていた。
そのとき、麹谷さんがつと手を伸ばして、透子の額にさわった。
「おい」麹谷さんは僕を見て言った。
「すげえ熱だよ、この子」

→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ