読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

やさしい雨

2.猫の恩返し


もともとは、両親と兄と4人で住んでいた家だった。

姉が結婚してロンドンにわたり、両親が相次いで亡くなって、僕は
父が定年後の道楽にはじめた喫茶店を何となく継いだ。15年前の
ことだ。住居の一部を改築してあるわけだが、それでも独りで住む
にはぜいたくすぎる広さだった。女の人と同じ屋根の下で暮らすと
いうのも、いざやってみれば、それほど気をつかうことはなかった。

透子は言っていたとおり様々なバイト経験があるらしかった。てき
ぱきとよく動いて、気ばたらきのいい女の子だった。店内が薄暗い
からといい加減にしていたフロアの隅やランプシェードは、彼女が
来てから、ひと皮むいたようにきれいになった。

当然のことながら客も増えた。以前はまず見られなかった10代、
20代の男性客が、妙に長居するようになった。
「天使だね」
彼らと世間話などしながら注文をとる透子の姿を、麹谷さんはそう
表現した。
「気が気じゃないだろ、徹ちゃん」

事実、気が気ではなかった。眠るときと風呂に入るとき以外、僕と
透子はいつも一緒に過ごしていた。おはよう。おやすみ。寒いね。
そんなあたりまえの挨拶をかわすことさえ夢のようだった。食事は
交替でつくった。料理の出来ぐあいをたずねる透子の笑顔を、僕は
もうかけがえなく思ってしまっていた。

買い出しにも彼女は平然とついてきた。僕を子供のころから知って
いる八百屋の親父や、パン屋の小母さんなんかが、それは大さわぎ
で話を広げるので、会う人ごとに事情を説明するのに苦労した。

それでも、町の人びとは温かかった。このまま透子がこの町の住人
に‐僕の家族に‐なってくれればいいと、ほんとうに願ってくれて
いたと思う。むしろどこかで冷めているのは僕のほうだった。

僕は42歳で、世間からすればもう立派すぎる中年男である。透子
が皆の前で、奥様のふりで腕を組んでみせたりするのも、ひとえに
若さゆえの気まぐれなのだと、心のうちで苦笑いしていた。

透子は、自分のことについてはほとんどしゃべらなかった。年齢が
僕のちょうど半分ということと、生まれが函館だということ。好物
は林檎とヨーグルトだということ。それぐらいだ。家族はいるのか、
いるとしたらどこにいるのか。なぜ行くところがないのか。今まで
は、どこでだれと暮らしていたのか。

どうでもいいことだった。

ふた月もたつと、透子のすがたは、この町の風景に完全になじんだ
ものとなった。夜の8時すぎ、店の客はほとんどいなくなる。僕は
カップとグラスを磨き、透子はカウンターの椅子に腰かけてそれを
眺めている。

そろそろ閉めようか。僕が言うと、透子ははーい、と『営業中』の
札をひっくり返しに立ってゆく。

「ミルク」僕は呼びかけてみた。

振り返った透子の顔を見て、僕は笑い出してしまった。
「なあに?」
「君の来る前に、猫を飼ってた。そいつの名前」
「ミルク?」
「そう。真っ白だからミルク。迷い込んできたんだよ、雨でびしょ
濡れになってさ」
透子は自分の着ている、白いシャツブラウスを見た。

「最初に会ったときも、白い服着てただろう。不思議な感じがした
んだよ。雨は降ってるし、あまりにもシチュエーションが似ててさ」
「…」
「猫も恩返しするのかな、なんて」

透子は戻ってきて、カウンターに細い両腕をついた。
「鶴の恩返しは」彼女は言った。
「最後はもとの姿に戻って、ふるさとに帰っちゃうのよね」
大きな瞳に、僕の顔がうつっていた。
「でも猫は、そんなことしないわ」

→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ