読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

やさしい雨

3.惑い


海の底にいるみたい。透子がつぶやいた。

朝の光が蒼いカーテンのフィルターにかかって、部屋中を深海の色
に染めていた。一睡もせずに僕たちは、夜明けを迎えていた。

ベッドカバーの端に、透子の白いブラウスがはらりとかかっている
のを、ほんとうに水に漂うような気持でながめていた。今まで透子
のことを愛玩動物のように思ってきた、その罰を受けたような気が
していた。彼女はまぎれもなく人間の女、母なる存在で、僕はその
大きな瞳の底へ、いともたやすく吸い込まれてしまったのだ。

「ここにいてもいい?」透子がきいた。
ああ、と僕は応えた。
「ずっと、ずうっとよ?」
「いてくれなきゃ困る」
透子の長い髪が、さらさらと音をたてた。

麹谷さんには、一発で見破られた。
「参ったね」彼は笑って、コーヒーカップで乾杯の仕草をした。

麹谷さんのハンチング帽の向こうに、窓ガラスを拭いている透子が
見える。高いところまで手を届かせようとして、唇が無心に開く。

ふいに烈しい感情が突き上げて、僕は慌てて目をそらした。今すぐ
透子を家の奥へ押し込めておきたいと思った。そんな愛らしい姿を
表にさらすものじゃない。そう叫びそうになってしまったのだ。

定休日に銀座へ出た。歩きだすと、透子は自然に僕の腕につかまり
寄り添った。逆に僕はぎこちなくなる。2人が傍目にはどんなふう
にうつっているのか、以前よりもますます、そんなことを気にして
いる。

若い男が透子の全身を見渡しながらすれ違う。あれくらいの年ごろ
なら、自分だってきっと同じ反応をするに違いないのに、僕は彼の
横面を張りたい衝動にかられていた。

「そういえば」僕は言った。
「君の誕生日を、まだきいてなかった」
「6月の17日よ。どうして?」
「ずいぶん先だな」
「なあに」
笑って腕を揺すられ、僕は観念して立ち止まった。
「指輪を買いたいんだ」
「え?」
「つまり、約束にかわるようなものを」

笑顔がはじけた。映画女優のように、透子は僕の肩に両腕を回して
抱きしめた。

誕生石の真珠を交差点近くの店で選んだ。指輪をはめた左手を空に
かかげて、透子は僕のまわりを行ったり来たりしながら歩いた。

学生時代のガールフレンドのことを思い出す。異様にガードの堅い
女の子だった。やっとキスさせてもらえたときには、交際し始めて
から半年がたっていた。
「そういうことしたとたんに、男の人って安心しちゃうんでしょ。
だからイヤなの」
当時の自分はそんなものだったろうか。記憶がない。ただ、いつも
はりつめて泣きそうだった彼女の声だけが耳に残っている。

少なくとも今の僕は違った。まぢかに体温を感じても、安心なんて
程遠かった。この数か月の竜宮城みたいな暮らしが手のこんだ悪夢
でないと、だれが保証してくれるだろう。でも、どんなに分不相応
な宝でも、一度手にしてしまえば失うのはとてつもなく怖しいもの
なのだ。

客足のとだえた午後、買い出しにでた透子を待ちかねて、僕は駅の
ほうへ向かった。どう考えても帰りが遅いと思いつめていた。

コンビニエンスストアの前に透子はいた。

公衆電話でしゃべっていた。ジュース用の果物が入った袋を肘から
さげ、うつむいて話しこんでいる。袋からのぞいたオレンジの色が
つきささるように鮮やかだった。

歩み寄って、肩でもたたけばよかったのかもしれない。しかし僕は
立ち竦んで見ているばかりだった。やがて透子はバッグをさぐり、
新しいテレフォンカードを差し込んだ。長い髪をかき上げた彼女の、
見たこともない憂わしい表情が目にはいった瞬間、僕は踵を返し、
後も見ずに逃げ帰った。

→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ