読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

やさしい雨

4.やさしい雨


透子の笑顔が減った。

それは、彼女が隠しごとをしているからではなかった。単純に僕の
せいだ。僕が根拠のない嫉妬に動揺しているからだった。

透子はまっすぐに目を見て話してくれた。僕と出会う前、他の男と
暮らしていた経験があること。その中の一人が今もつきまとうので、
友人(公衆電話の相手だ)に協力してもらい解決しようとしている
こと。今は彼女の心も身体もすべて僕のもので、他人のはいりこむ
隙など、ほんの少しもないのだということ。

頭では、わかっているつもりだった。

ある晩、透子は僕の腕の中で泣いた。
「すごい力なんだもの」涙できらきらする目が、少し笑った。
「あたし、どうすればいい?」

客のいない夕暮れ。僕はカップを磨いていた。透子はカウンターに
もたれ、小さな声でとぎれとぎれのメロディーを口ずさんでいた。
僕はいつか手を止め、その横顔に見入っていた。

「終わりにしよう」ついに僕は言った。
透子が、大きな目をみひらいて振り返った。

「僕はこんな人間だ。君が店の客と話してるだけで気が狂いそうに
なってる、どうしようもない男だ。これ以上君にぶざまなところを
見せたくない。君だってやってられないだろう?」
うつむいたまま、一気にしゃべった。透子の小さな白い顔がじっと
こちらに向けられているのが、視線のはしにうつっていた。

「24時間抱いてたって、不安なんだと思う」僕は笑った。
「楽しかった。ずっと一緒にいたかったよ。でも、もうやめよう。
最初から、きっと無理だったんだ」

ドアベルがちりりんと鳴った。あとには静けさが充ちた。

磨きかけのカップにすがって、僕は透子が消えた気配に耐えていた。
これでいいはずだと思った。このままいけば、自分は透子を殺して
しまいそうな気さえしていたのだから。

「徹ちゃん」と声がした。顔をあげると、麹谷さんがハンチングの
水滴を払いながら僕を見ていた。
「どうしたの。幽霊みたいな顔して」
ふいに、音が聴こえてきた。扉のはめこみガラスが瞬く間に濡れて
いくのを見て、僕はつぶやいた。
「降ってる…」
「ああ、急に来やがった」
麹谷さんの返答を聞く間もなく、僕は外へ飛び出していた。

やみくもに走った。透子は何ももたずに出ていったのだ。電車にも
バスにも乗れないはずだった。それなのに、どこまで行っても姿が
見えなかった。

いつか立ち尽くしていた。銀色の町はまるで海だった。広い海の中
に、僕は小さな真珠を落としてしまった。否、自分から投げ込んだ
のだ。守ることの苦しさに、はやばやと音を上げて。

どこをどう歩いたのかわからないまま、気がつくと、自分の店の前
に戻っていた。そこに若い白樺のように立っている彼女の姿を見た
とき、僕は自分がとうとう狂ったのだと思った。

びしょ濡れの透子が、びしょ濡れの僕をみていた。

「あたしは猫じゃないの」
大きな瞳がまたたいた。
「それに、あなたが好きなの」
「…」
「ひとりでなんか、生きていけない」

ぶつかるように透子は、僕の胸に顔を埋めた。抱きしめると、雨の
匂いがした。ごめん、と僕は何度もあやまった。透子はそのたびに
何度も首を振り、僕たちは何度も泣き笑いのキスをかわした。

ひとりで生きていけないのは、僕のほうだ。

あたたかい雨のしずくが、涙のように頬を濡らす。降りしきる音色
に閉じこめられ、僕も、そしてきっと透子も、この雨が永遠に止ま
なければいいと思っていた。

― 完 ―

2002.03.24
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ