読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

カラスの惑星


転校生のエイジくんは、あっという間にクラスの人気者になった。

人だかりができる、みたいな人気者ではない。でもクラスメイトの
大多数が彼をリスペクトしていた。女の子たちは彼と話をしている
だけでみんな生き生きと頬が染まってくるし、男の子たちはさりげ
なく付き合いながらも、実は彼に一目も二目もおいていた。

私が「いいな」と思ったのは、制服姿と声だ。

詰め襟の黒い学生服。私に言わせれば、あれはエイジくんのために
作られた衣裳だ。ただ立っているだけできれいだった。学生服姿の
エイジくんが凛と背筋を伸ばし、例えば『羅生門』の一節なんかを
朗読しはじめる。すると、埃っぽい教室の空気がにわかにあやしく
色めきたつのだ。そして、彼のそんな魅力に気づいているのは絶対
に私だけのはずである。

けれど、そんなのは大したことじゃない。

エイジくんがやってきて半月ばかり経ったころ、礼拝堂の裏で彼と
D組のタカコが立ち話をしているのを見た。何とも絵になる一対で、
私は少なからずショックをうけた。去年の学園祭でミスに選ばれた
タカコは、手足がすらりと長くて、腰までとどくつややかな黒髪を
もっている。ついでに社長令嬢でもある。彼女のパパは、環境保護
をモットーに掲げる超有名な化粧品会社のオーナーなのだ。

私のうちは貧乏だ。超貧乏ではないが、わりと貧乏だ。

父はゴミ収集の仕事をしており、母はスーパーでレジを打っている。
子供は私と2人の弟。家族5人が2DKにひしめいて暮らしている。

母は倹約に命をかけていた。季節気候に関係なく電灯を点ける時間
は決められており、狭い家の中には、ポンジュースの箱でつくった
CDラックや、ビデオのケースを利用したポケットティッシュ入れ
や、ペットボトルでできた石鹸置きなどが溢れていた。

エイジくんが学生服でタカコが黒髪なら、私が自慢できるのは視力
抜群の大きな黒目がちの瞳だ。なんて思ってみたって、いかんせん
総合点が低すぎる。なので、エイジくんが素敵な笑顔で話しかけて
くれても、私はとおりいっぺんの反応しかしないでいた。

ある日、タナベ先生から『召集』がかかった。

集合場所は、エイジくんの家だった。私が着いたときには、先生も
イガラシ先輩も、それからタカコも来ていた。数学のタナベ先生は
トップモデルなみのルックスで、女子生徒の憧れの的である。イガ
ラシ先輩は剣道部の部長。ワイルド系の魅力がこれまた下級生女子
のハートをわしづかみにしている。

そんないい男2人があまりにも深刻な様子で話し合っているので、
私は戸惑った。なにごとかとソファーでうつむいているタカコの肩
をつついてみると、タカコは泣きそうな目をあげた。

「やあ、来たね」タナベ先生が、学校の外では常にかけているサン
グラスをとって言った。
「実は、エイジのお母さんが亡くなったんだ」

衝撃をうけた。そのときエイジくんが入ってきた。かごにみかんを
山ほど入れたのを持っていた。私を見て、いらっしゃい、と笑った。
こんなときなのに礼儀正しい彼に、私は胸がいたくなった。

タナベ先生がかんたんに説明してくれた。事件は昨晩零時ちかく。
エイジくんのお母さんは、雨上がりの満月を見物しにひとりで公園
に行った(風邪ぎみだったのに止めなかったことを、エイジくんは
とても後悔していた)。彼女が空をみあげていると、お酒に酔った
中年男が大声で歌いながらやってきた。

「しずかにしなさいよ。みんな寝てるんだから」
お母さんは男に向かって、大きな声でそう言った、つもりだった。

そいつは思いがけない大声に驚き、さらに思いがけない至近距離に
いた彼女の姿に逆上した。そして持っていた傘を振りあげた。夜は
感覚がとぎすまされる。家で寝ていたエイジくんは、目覚めながら
叫び声をあげたという。

「うちの母親、ドジなんだ」
涙が涸れきったようなエイジくんの笑顔だった。
「夜中は自分が普通にしゃべれないってこと、すぐ忘れるんだから」

今日一日、何も感じてあげられなかった自分を、私は呪った。

「やっぱり無理なんですよ」
イガラシ先輩が、日に焼けた険しい顔をタナベ先生に向けた。
「あたしも、そう思う」
タカコが細い声でつぶやいた。

タナベ先生は眉をひそめて考えこんでいた。こういうとき、先生と
いう立場の人は感情だけで物を言えないのが気の毒だ。とりあえず
彼が隣町のリーダーと話し合ってくるということになり、私たちは
みかんを1個ずつ食べただけで別れた。

その晩、私はそっとエイジくんの家をおとずれた。

エイジくんは屋根の上にいた。昼間と同じ凛とした姿で、暗い空を
みていた。来ると思っていた、というように笑いかけてくれたので、
私は少しほっとして、彼のかたわらへ行った。

「俺さ」しばらくして、エイジくんは言った。
「やっぱりあいつを許せないよ。何度も考えたけど、許せない」
私は彼の横顔を見つめて、うなずいた。

ヒトの姿を借りた私たちの使命は、自分たちの仲間を過剰に増やさ
ないよう、いろんな角度から働きかけを行うことだった。共存する
ことを目標に、敢えて私たちのほうから歩み寄ったのだ。

でも、こっちだけ努力して何になるのだろう。タカコのお父さんが
大々的に環境保護キャンペーンをうち、私の父が汗を流してゴミを
収集し、母が倹約とリサイクルを重ねても、この街の絶望的な事態
はひとつも変わらない。彼らはたれ流すだけたれ流しておいて、私
たちを邪魔者扱いするのだから。

「手伝うよ」私は言った。
「エイジくんの学生服が見られなくなるのは、ちょっと残念だけど」
「あいつらの下らない文化さ」エイジくんは笑った。
「でも、そうだね。きみのセーラー服姿も可愛かったな」

私たちは夜空へ舞い上がった。

エイジくんのお母さんを死なせた男は、今夜も懲りずに泥酔して、
ちょうど駅の改札を出るころだ。彼は毎晩必ず公園を通る。今なら
見物人はダンボールの中でまどろむおじさんたちだけだ。おじさん
たちは、むしろ味方だ。拍手ぐらいしてくれるかもしれない。

私はエイジくんを見た。夜風を切って飛ぶエイジくんは、学生服姿
より、やっぱり何倍も美しかった。

彼の鋭いくちばしが、たるんだ中年男の喉元を切り裂くさまが脳裏
に浮かぶ。不謹慎だと思いつつ、私はちょっとだけわくわくした。

― 完 ―

2002.03.31
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ