読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

縁は異なもの

1.兄弟(きょうだい)


亮太が戻ってくるという報せをうけて、真っ先に僕の頭に浮かんだ
のは、マッサージチェアのことだった。

暮れのボーナスで買った、念願のマッサージチェア。揉み、押し、
たたき、ローリングと4つの動作が効果的にプログラムされていて、
座り心地は抜群。揉み玉が上下に60cm動いてくれるので、全身
凝り性の僕にはうってつけの品だ。難点は、ちょっとばかり場所を
とること。それで荷物の出払った亮太の部屋を拝借していた。

「リビングには置かないでよ」
朝飯のとき、母に釘をさされた。さすがだ。双子の兄の亮太なんか
よりずっと、この人は僕の思考回路を熟知している。
「あんたもやりづらいのと違う?」彼女はつづけて言う。
「やりづらい?」
「仕事場でまた、同じ顔がふたつ」

僕はトーストを飲み込んで、どうってことないよ、と答えた。実際
どうってことないのだ。たしかに僕らは瓜ふたつで、おまけに同じ
会社に在籍しているけれど、働いているフロアは別である。2年の
ニューヨーク勤務から戻ってくる亮太は15階の海外営業部。僕は
3階の人事部。取り違えられる場面などありえない。

出社してエレベーターに乗ると、部長に声をかけられた。片割れが
戻ってくるって? ややこしいね。僕は笑顔を返す。
「ネクタイで判別して下さい。地味なほうが僕ですから」
顔は同じでも洋服の趣味は違うし、性格も違う。彼・高井亮太と、
僕・高井幸次は、似ても似つかぬきょうだいなのだ。

間違えるわけがないのだ。

1か月後、会社で仕事をしている僕に電話がかかってきた。
「今、成田」
2年ぶりに聞く、僕と似た亮太の声だった。1回メールを寄こした
きり音信不通だったくせに、いきなり「今、成田」。相変わらずだ。

けれど、家族は家族である。それなりの懐かしさをおぼえた瞬間、
「あのさあ。頼みがあるんだけど」
僕はとたんにうんざりした。
「何なんだよ、帰ってくるなり」
「悪い」亮太は爽やかに答えた。28年間、何かと厄介ごとを押し
つけてきたくせに、いつでも妙に堂々としているのが許し難い。

亮太は銀座の喫茶店の名前を言い、今晩そこである女性と会う予定
なのだが、急な用事で行けなくなったと話した。ついては、自分の
フリをして代わりに行ってほしい。実は彼女には自殺癖があって、
だからすっぽかすと何をするかわからないというのだ。

「マズイだろそれは」僕は思わず声が大きくなった。
「バレないバレない」亮太は笑った。
「バレるって!」
「平気なの。彼女、俺が双子の片っぽだって知らないんだ。それに
子供だからな」
「こども?」
「ああ。17だもん」

じゅー、ひち。

…結局僕はその晩、銀座を歩いていた。亮太のやつ、今までもさん
ざん浮名を流してきたが、それにしても17歳とは。でも、亮太は
子供と言っていたけれど、僕に言わせれば17歳の女の子は立派な
大人だ。ごまかしきる自信なんかなかった。ていうか、7つのガキ
だってごまかせるものか。

ビルの2階にある喫茶店は空いていて、奥のボックス席に、明るい
茶色の髪をしたド派手な服装の女の子が座っていた。

僕はその後ろ姿をしばし見つめ、覚悟をきめて近づいた。やあ、と
声をかけると、女の子は顔をあげた。
「ごめんね、待った?」
目を合わせないようにしながら、向かいの席にすべりこんだ。彼女
がじっとこっちを見ている気配が感じられた。

「オーディション、どうだったの」
情報は亮太から教わっていた。彼女の名前は相沢瞳。女優志望で、
ニューヨークでダンスと演技の勉強をしていた。亮太との出会いは
ブロードウェイの劇場前。チケットを譲ったのがきっかけで…。

彼女が口を開いた。
「あんた、だれ」

僕はいっきに固まってしまった。いや、そんなはずはない。両耳に
2つずつピアス。左腕のタトゥーに、男物のロレックス。すべてが
亮太の話していた通りなのに。

「本で読んだんだけど」彼女はためいきをついた。
「双子は性格も似るってさ」
「…」
「あれ、ウソだね」

→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ