読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

縁は異なもの

2.歩く女


椅子を蹴るようにして店を飛び出した相沢瞳を、僕は反射的に追い
かけていた。追いかけながら、こんな場面が以前にもあったと思い
出した。高校2年の秋だ。僕の前を泣きながら歩いていた女の子は、
亮太の恋人だった。

そのときもデートの身代りを押しつけられたのだった。でもとても
芝居をする勇気はなく、亮太は熱をだして来られないと嘘をついて
謝った。亮太の恋人は「あなたもたいへんね」と微笑んだ。栗色の
長い髪をした、大人っぽい女の子だった。

それで僕たちは一緒に出かけた。映画を観、表参道を散歩してピザ
を食べた。僕はとても楽しかったし、彼女も楽しそうにしていた。
無理をしているようには全然見えなかった。

今、相沢瞳は、あのときの彼女と同じように人の流れにさからい、
猛スピードで歩いていた。こんなの売ってるのかと思うくらい細い
ジーンズの脚。肩からさげた大きなバッグを何度も抱えなおす。

やっと追いついて並ぶと、瞳は下を向いてさらに足を速めた。頭が
僕の肩よりはるか下にあった。こんなに小さな子がニューヨークで
独り暮らしをしていたのかと思うと、何だか痛々しい気がした。

「ほんとに悪かった」僕は言った。全速力で歩くなんて久しぶりで、
心臓が口から飛び出してきそうだった。
「知ってたんだ、ね、双子だって。だったら、バレるに、決まっ、
てるよな」
「全然バレるよ」瞳は息も切らしていなかった。
「亮ちゃん、時間通りに来たりないし」
「…」
「『ごめんね、待った?』なんて絶対言わないし」

そこでふいに彼女は立ち止まった。軽蔑しきった目で僕を見上げ、
とどめを刺した。
「頼まれたんなら、もうちょっと本気でやれば?」

その通りだった。

そんな状況はまずありえないだろうが、もし亮太が僕のふりをする
ことになったら、きっと完璧に演じきるだろう。遊びだろうが仕事
だろうが、その気になったら徹底的にやるのが亮太だ。

僕はすべてが中途半端だった。年をとるほどに失せてゆく自信を、
取り戻そうという気力に欠けていた。僕のものだったはずの才覚は、
この世に出た瞬間、亮太があらかた持っていってしまったのだと、
責任転嫁して逃げているようなところがあった。

あの日、ずっと楽しそうだった亮太の彼女の様子がおかしくなった
のは、夕方近くになったころだった。急に笑わなくなり、話しかけ
ても返事が返ってこなくなった。僕のほうは、その半日でほんとの
恋人同士になってしまったように思っていただけに、何とか機嫌を
なおしてもらおうと必死になった。

「慰めてくれてるつもりなのかもしれないけど」
彼女は涙のたまった目で僕を見た。
「付き合ってあげたのは、私のほうなんだからね」

結局、彼女は我慢していただけなのだ。デートをキャンセルされた
ことよりも、双子の弟でごまかされてくれる相手だと軽んじられた
事実に、彼女は傷ついたのだと思う。今の自分にはそれがわかる。
わかっているくせに、まだ同じようなことをやっている。 

僕たちは雑踏を抜け、京橋あたりまで来ていた。瞳の足が一瞬迷い、
有楽町方面へ折れた。大きなバッグを背負いなおすたび、メッシュ
のはいった髪がはねる。しばらく歩くと、彼女はまた左へ曲がった。

瞳だって本当は泣きたい気分だろう。ニューヨークで挫折を経験し、
亮太の帰国を一日千秋の思いで待っていたに違いない。それなのに、
やっと会えることになった今日、現れたのは双子の弟だった。なぜ
双子と知ったのかわからないけれど、亮太を本気で好きなのなら、
おそらく一瞬で見抜いたはずだ。

気の早い酔っ払いが、露骨な目つきで瞳を眺めながらすれ違った。
瞳はどうやら行くあてもなく、ただひたすら歩いているようだった。
ゼンマイ仕掛けの人形が悲鳴をあげているみたいで、僕はなんでも
いいから止めてやりたくなった。

後ろから腕をとった。瞳はびっくりして振り仰いだ。

「これも、何かの縁だから」僕は言った。
「付き合ってもらえないかな…時間があれば、だけど」

→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ