読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

縁は異なもの

3.影武者の逆襲


「ケンカ売ってんの?」と瞳が言った。

有楽町ガード下のゲームセンター。UFOキャッチャーのネオンが、
瞳の顔をピンク色に照らしていた。

付き合ってくれ、と言ってみたものの、長らく女の子とデートして
いない僕は、とっさに気のきいた場所など思いつけないのだった。
とりあえずもう彼女を歩かせたくない。一番近場で知っていたのが
ここだった。

「でも、俺たち恋人同士じゃないし」僕は答えた。
「君は怒ってるし。変にムードのあるとこより、発散できるほうが
いいんじゃないかと思って」
「それにしたってこれは何よ」瞳は、僕が買って無理やり持たせた
天津甘栗の袋を振った。
「あんた、28でしょ? 相当ずれてんね」

そうなのだ。僕はずれている。ボーナスで合コン用のスーツでなく
マッサージチェアを買ってしまうところがずれている。マイペース
だと、人にはよく言われる。決していい意味じゃないともわかって
いるけれど、僕にとってはこれが普通なのだ。

亮太だってマイペースだ。ある意味僕なんかよりずっと。でも彼は、
臨機応変に自分を変えることができた。相手がOLだろうが美容師
だろうが、広尾の令嬢や団地妻であろうが、心にのこる素晴らしい
ひとときを提供できる。そういう男なのだ。

高校2年の秋、亮太の恋人とデートした僕は、なるべく亮太っぽく
振る舞おうとしていたと思う。所詮むなしい努力だった。あのとき
僕が僕らしくしていたら、あの女の子はどうしただろう。あきれた
だろうか。怒っただろうか。それとも。

「落ち込んでんの」
瞳の声で我にかえった。UFOキャッチャーの脳天気な効果音が、
ふいに耳に飛び込んできた。

「…俺、」僕は瞳を見た。
「けっこうボーッとしてた?」
「ていうか、フリーズしてた」瞳は答えた。
「ね。そうやってボケっとしてて、気づいたら半日ぐらいたってた
みたいな経験ない?」
デートの相手がいなくなっていた、という事件なら1度あるのだが
僕は黙っていた。瞳はため息をついて甘栗の袋をバッグに押し込み、
発散するんなら別のところがいい、と言った。

数時間後、僕たちは観覧車の上にいた。

眼下は東京の夜だった。かなりロマンチックな光景のはずだったが、
2人はうつむいてひたすら甘栗をむいていた。ジェットコースター
に3回、フリーフォール7回、合間には格闘ゲームで白熱したので、
しゃれにならないくらい腹がへっていた。瞳はマニキュアがはげて
しまうと文句を言いながらも、うまくむけた甘栗をときおり僕の膝
に投げてくれていた。

「ニューヨークにもね」ふと、彼女がつぶやいた。
「あるんだよ、遊園地。いっぺんだけ連れてってもらった」
だれに、とは訊かなかった。
「あんたたち、やっぱりきょうだいだよね」
「どうして」
「亮ちゃんもあの日、コドモみたいにはしゃいでたから」

顔を上げると、瞳ははじめて窓の外をみていた。
「もう会ってくれないかもとは思ってた。日本に戻ってくることも、
亮ちゃん本人が教えてくれたわけじゃないんだ。よく行ってた店の
マスターに国際電話かけて、むりやり聞き出したの」
「…」
「自分でもおかしいよ。めちゃくちゃウザイ女だよね」

長いまつ毛が瞬き、涙が一滴すべり落ちた。でもそれっきりだった。
それっきり瞳は唇を噛み、是が非でも泣くまいと意地を張っていた。

「このままじゃだめだ」僕は言った。
「あいつと話さなきゃ。それで言いたいことはちゃんと言わないと」
瞳は大きく息を吸いこんだ。
「やだ、そんなの。ますますウザイ奴じゃん」
「それでもいいじゃない」
「…」
「フェイドアウトじゃ、いつまでたっても次に進めないよ?」

窓ガラスに手をあて、瞳は下を見おろした。
アナウンスが、あと数分で地上に戻ることを告げていた。

→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ