読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

縁は異なもの

4.ハッピー・エンド


受話器の向こうで亮太は、いつになく強い僕の口調に戸惑っている
様子だった。瞳の家の最寄り駅改札を待ち合わせ場所に指定して、
僕は一方的に電話を切った。

タクシーの中で、瞳はずっと身体を硬くしていた。

細い指を組んではほどき、膝をこまかく揺らす。銀座を歩いていた
ときと同じだった。声にならない悲鳴。行き場をなくした強い感情
が、彼女の身体を内側からこづきまわしている。

「亮太の、どういうとこがよかったの」
見ていられなくて、僕は話しかけた。
「たしかにあいつは昔からモテるけど、同性から見たらただの軽薄
野郎でしかないんだけど」

瞳は少しだけ頬をゆるめ、たしかに、とつぶやいた。そして何秒か
黙ったあと、かちゃりと左手首のロレックスをはずした。

暗がりでもはっきりと見えた。いたましい傷跡がそこにあった。

目がそらせなかった。昼の電話で亮太が口にした"自殺癖"の言葉が、
圧倒的な重さでのしかかってきた。

「亮ちゃんが助けてくれたの」瞳は淡々と言った。
「止血して、クスリ吐かせて、部屋に泊めてくれた。熱いコーヒー
飲ませてくれて、泣いたら一晩じゅう抱きしめてくれた」
「…」
「好きになっちゃうよ。あんなふうにされたら」

もともと、腹は立っていた。その怒りが今、最高潮に達していた。

なんでだ。僕は心の中で亮太に問い質していた。あとでこんな目に
遭わせるために、この子を助けたのか? 俺がお前なら、そのまま
ずっと一緒にいる。だって心配じゃないか。こんな、こわれそうに
小さなひとが待ってるっていうのに、双子の弟なんかを平気で代り
にやるなんて。わからない。全然理解不能だ。

駅前商店街の入口でタクシーを降りた。夜は完全に更け、店は一軒
も開いていない。左手にぼうっと明るく、小さな駅が見えた。

亮太が立っていた。先に来ているとは珍しいことだ。寝しなに呼び
出されたにも関わらず白いコットンシャツを着こなし、すっきりと
冴えた横顔を見せている。おそらくもう気づいているくせに、余裕
しゃくしゃくの立ち姿で、こちらの戦意喪失をはかるつもりなのだ。

瞳が立ち止まった。棒のように突っ立ち、10mほど先にいる亮太
をぼんやり見つめた。そして首をめぐらせて僕を見た。元気づける
ように背中をおすと、あるかなきかにうなずいて歩きだした。

やっと足音が耳に入ったかのように、亮太が身体をこちらに向けた。
僕は瞳の後ろ姿を見つめていた。瞳はゆっくりゆっくり歩き、1年
ぶりの恋人の前に立った。

亮太がとびきりの色男スマイルを浮かべた、次の瞬間だった。
瞳が回れ右をした。回れ右をして、こっちへ走ってきた。

メッシュのはいった髪がはねる。この上なく嬉しそうな彼女の笑顔
を、僕は多分口をあけてながめていた。何だ? 何ごとだ? 瞳は
ぶつかる寸前で止まり、息をはずませて僕を見上げた。

「…すき」

何を思う間もなく細い両腕が僕の肩を抱きしめ、何を言う間もなく、
やわらかい唇が僕の息の根をとめた。

ヒューっと、亮太が長い口笛を吹いた。

やっと唇がはなれると、瞳はうわごとのように、好き、大好き、と
繰り返し、僕はその勢いによろけながら、何で? とききかえした。
「わかんない」瞳の髪は、桃の香りがしていた。
「わかんない。いいじゃん、そんなの」

瞳の肩越しに、双子の兄の姿が見えた。亮太はなんとも楽しそうに
笑い、ひらひらと手を振ると、軽やかな足取りで去っていった。

夜更けの路上で、僕と瞳はふたりきりだった。

行こう、と僕は言った。どこへ行くかはまだ考えられなかったし、
瞳も訊こうとはしなかった。とにかく亮太とは逆の方向へ進もうと
思った。

歩きだすと、瞳がからめた腕にぎゅっと力をこめた。何だか大変な
ことになっていると思いつつ、僕はただ、切ないくらいにはかなく、
かけがえのない重みをうけとめていた。

見上げた夜空が曇っている。瞳のことを、僕はまだ何も知らない。
すべてはきっと、まだ始まったばかりなのだ。

― 完 ―

2002.04.28
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ