読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

再会の時

1.ランデヴー


透が好きだ。
手をつけないまま湯気の消えたコーヒーをながめながら、私は胸の
中でつぶやいた。彼のすべてが、私にはいとおしい。別れが目の前
になった今でも、この気持はぜんぜん変わらない。

           〜*〜*〜*〜

六本木通りに面したホテルのラウンジ。初めての待ち合わせ場所も
ここだった。あの日、客先とのトラブルで不機嫌だった私を、透は
裏通りの小さなビストロに連れて行ってくれた。11月の終わりの
とても寒い夜だった。

店を出るころには笑顔になっていた。しんまで身体の温まりそうな
野菜スープ。茸をたくさん使った鴨の煮込み。ほどよくシナモンの
きいたアップルパイ。コーヒーをかきまぜる透の、やわらかな仕種
をおぼえている。

3年前、透は新入社員で、私は彼の指導係だった。

当時の透は今以上におっとりとしていて、どちらかといえば要領の
わるいタイプだった。一目惚れに近い感じで惹かれていたくせに、
私は好きな子をいじめるガキ大将みたいに、四六時中彼を叱咤激励
していたものだ。

それなのに透は、ずっとそばにいてくれた。だれよりもしずかで、
だれよりも頼りになった。しなやかで力づよい腕。抱きよせられた
ときの薄荷の匂い。さらさらと音をたてそうな、あかるい栗色の髪。
澄んだ瞳も、近くで見ると少し色素が薄かった。愛しあうときには、
その奥にかすかに狂気がひらめくのだ。

ああ。私は両手で顔を覆った。早く透に会いたかった。

駆け寄る靴音がした。顔を上げると、隣の席に似ても似つかない男
が駆け寄った。遅い、となじる女の子の、芝居じみた声。
 
さめきったコーヒーはひどく苦い。私はカップを置き、煙草を取り
だして火を点けた。身体に悪いからと透にとめられていたのをまた
吸い始めている。まるで子供だ。自分でもつくづく、そう思う。
 
この夏から、私はロサンゼルスの支社へ赴任する。透は透で、異例
の若さで主任に昇進し、大阪へ行くことになっていた。
「神様がきっかけ作ってくれたんじゃない?」私は言った。
「ダラダラつきあってても意味ないってことよ」
8つも年下の男との、熱病みたいな恋。チャンスを見送る理由には
ならないと、思いこもうとしていた。

ほんとうはとめてほしかった。単純に、私は自信がなかったのだ。
10年後を想像するだけで腰が引けた。遠慮会釈も迷いも何もかも、
彼の若い強引さで引っ張り上げてもらいたかった。

勝手な願望がかなえられることはなかった。文句は言えない。透は
いつもと同じように、私の言葉を誠実に受け止めてくれただけなの
だから。

腕時計を見た。約束の7時を、もう40分も過ぎている。
透がこんなに遅れるなんて、かつてないことだ。

…すっぽかされた。愕然とした。

彼にかぎってそんなこと、と思うけれど、遅れるのなら必ず電話を
くれる人だ。一方的に別れを切り出した私が、しっぺ返しを食らう
のは当然かもしれない。そうだ、私たちはこれっきりになるのだ。

それならば、時間の無駄だ。椅子から身体をひきはがすようにして
立ち上がった。会社に残してきた仕事に、むりやり意識を向かわせ
ようとしながら。コーヒー代を払い終えたとき、ふと視線を感じた。 

ロビーの人の流れの中に、透が立っていた。

その姿は圧倒的な懐かしさで目に飛び込んできて、私は思わず走り
寄ってしまいそうになった。透はひどく深刻な顔をしていた。唇が
ごめん、と動く。いたずら心は全く読みとれず、それでやっと冷静
さをとり戻しかけた私は、余裕の笑みをつくって歩み寄ろうとした。

「部屋、とってあるんです」透が言った。
瞬く間に、私の血圧は急上昇した。

「そんなんじゃない」先回りして、透が言う。
「いいわよ」
「…」
「いいわよ、そんなんでも」

私はキーをひったくり、先に立っていってエレベーターのボタンを
押した。ちん、と間抜けな音がして、扉が開いた。

→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ