読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

再会の時

2.雨の夜


部屋に入ると、私はもう意地になっていた。
バッグをベッドの上に放り、がちゃがちゃ時計をはずす。泣きたい
気持でピアスまで取ろうとしたとき、腕をとられた。

澄んだ瞳が、私を見ていた。

「…何よ」
「来る途中、事故があって」
「事故?」
「そう。それで大渋滞」透は笑った。
「ほんとに、ごめんなさい」 

笑顔をみたらもうダメだ。手をひかれるままベッドに腰をおとすと、
透はやわらかく私を抱きしめた。まだ外気を背負っているのか彼の
身体は冷えていて、私はちょっと震えてしまう。

「寒い?」透の声がした。私は思わずうなずいた。ときめいて震え
ているなんて思われたくもなかったが、格好つける余裕もないほど
寒くなっていた。

頬にふれるスーツの肩が湿っている。透は腕の力をゆるめて、窓の
ほうを見た。かすかに気配が伝わった。こまかい滴がガラスを濡ら
してゆくのを、しばらくのあいだ一緒に眺めた。  

「行っちゃうんですね」透は言った。
「そうよ。私の夢だもの」
夢、と透はつぶやいた。
「そのための仕事が、まだ残ってるの」

エレベーターの中で、透はずっと私の手を握っていた。
「氷みたいよ」
「そうかな」
「タクシー乗るから。あなたは帰って」
「…鷺沢さん」
「ねえ。ついに瞭子って、呼ばなかったね」

タクシーの座席にもたれて、私は別れてきたばかりの透の顔を思い
出していた。それならそうと言ってくれればよかったのに。100
ぺんだって瞭子と呼んだのに。そんな顔だ。

後悔なんかしてくれなくていい。『鷺沢さん』でも『瞭子』でも、
きっと結果は同じだった。

「まいったねぇ」
運転手さんのぼやく声で我にかえった。見ると車は長いこと動いて
いないようだった。赤いランプの行列。苛立つクラクション。たえ
まなく、斜めに降りそそぐ雨。
「事故ですかね」
そうだ。私は透が言っていたのを思いだした。

やがて現場に近づいた。広尾の交差点だ。それはひどい事故だった。
黒い怪物みたいなタンクローリー。バンパーがひしゃげているだけ
なのに対し、相手のタクシーは凄まじいばかりに破壊されている。

「死んだな、ありゃあ」楽しそうに運転手さんが言う。
見ると雨降りにもかかわらず、結構な数の人々がガードレール越し
に見物している。私は野次馬気分にはなれなかった。ただ、異様な
鉄の塊と化したタクシーを見つめた。覆水盆に返らず、という言葉
が、何となく頭にうかんだ。

職場にもどると、人気のないオフィスの中で、私のパソコンだけが
無邪気に画面を光らせていた。

書類を出すために抽斗を開け、1冊の本が目についた。透に借りて
いた本だった。オレンジの表紙のハードカバー。花束のイラストが
描かれている。今日返すつもりで、すっかり忘れていた。
 
手にとってみる。結局1行も読まないままだ。あらすじだけは新聞
の書評で見た。知的障害の青年が手術によって天才に変貌するが、
決して幸福にはなれず、やがてまたもとの状態にもどってしまうと
いう話。あまりにも悲しそうなストーリーで、読む気がしなかった。
どうして透が私に読ませようと思ったのかも謎だった。

パソコンの画面をぼんやりながめた。かすかな作動音さえ、ひとり
きりの空間の中ではやけに耳につく。仕事なんて。一瞬そう思って
しまった。近来まれにみる脱力感だった。

1時間後。私は本を入れた封筒を抱えて、井の頭線に乗っていた。

下北沢で降り、駅前の商店街を抜けてゆく。そこへ行ったのは1度
きりだが、足はちゃんと道順をおぼえていた。

喧噪が途切れてから5分ほど歩き、現れた3階建てのアパート。透
の部屋は2階のいちばん端だ。電灯が消えている。ポストを覗くと、
郵便物が入ったままだった。しばらく突っ立って眺めた。

半分ほっとしたのも、事実だった。私は本の入った封筒をポストに
差し込んで、透のアパートを後にした。


→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ