読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

再会の時

3.彼の部屋


「見せたいものがあるんですけど」
透がついでのように切り出したのは、付き合い始めて1年が過ぎた
ころだった。

親しい男女がお互いの部屋を行き来する。そんな当たり前のことを
私が嫌っているのを、透は知っていた。ほんとは彼だって私に掃除
をしてもらったり、合い鍵をくれたりしたかったのかもしれない。

10代のころから、私にはそういう傾向があった。ボーイフレンド
からセーターを編んでくれと言われて、ふってしまったことがある
くらいだ。ドライな関係が何より上質なのだと決めつけているよう
なところがあった。

理由もなく自信満々だった。年月がたち、自分が思ったほど強くも
優れてもいないと気づいてからも、態度だけはでかいままだった。
新しいギターを見せたい。無邪気な理由で誘ってくれなかったら、
私があの部屋に入ることは永遠になかったと思う。

昔の映画みたいに、窓辺でギターを弾いてもらった。途中で洗濯物
を取りこんだのも、夕ごはんのパスタをゆでたのも、結局彼だった。

目をつぶれば、はっきりと思い出せる。青いチェックのカーテン。
中学から使っているという、がっしりした机。私が誕生日にあげた
クリスタルのりんごが、スタンドの横(その位置がいちばんきれい
に光るのだそうだ)に置いてあった。そして、東がわの壁いちめん
に無造作に貼りつけた、たくさんの写真。
 
「一緒に旅行いきたいな」あの日、透は言った。
「そしたら、あなたの写真いっぱい撮るんだ」
「あそこに貼るの?」
「もちろん」
「恥ずかしいじゃない」
「だれも見やしないよ」
だって、ここにはあなたしか来ないんだから。そう言って透は、私
の首筋に唇をあてた。

結局、旅行には行かずじまいだった。透は私の写真を持っていない
けれど、私は彼の写真を持っている。貼ってあった中から1枚だけ
そっとはがしてきた。高校生の透。多分修学旅行のときの、友だち
3人でVサインをしている写真。澄ました表情があんまり可愛くて、
つい盗んできてしまった。透は気づいているだろうか。

「瞭子」

私は住宅街の中をいいかげんに歩いていた。自分がどこにいるのか、
よくわからなくなっていた。
「瞭子」
幻だと思っていたのだ。でも透は現実に、私の行く手に立っていた。

「本を、」私はやっと声を出した。
「返し忘れてた。ポストに入れといたわ」 
そう、と透は微笑む。そんなの明日会社で返せばいいはずだとか、
意地悪な突っ込みを彼は決してしない。

いったん止んだ雨が、また霧のように降りはじめていた。透の上着
が、ふわりと私の肩にかかった。なつかしい薄荷の匂いがした。
「寒い?」
私は首を振った。
「じゃあ、少し歩かない?」

『瞭子』って言った、と私は思った。透の声で呼ばれると、まるで
自分の名前じゃないみたいに美しい響きだった。

今度こそ、ほんとうに最後だ。

いつもにもまして静かで穏やかな透の笑顔が、それを物語っていた。
最後のデートは散歩だ。深夜の住宅街を散歩して、それでおしまい。
駅まで遠まわりをして、もしも終電車をのがしたら、彼はタクシー
を停めてくれるだろう。

透が好きだ。別れたくなんかなかった。でも、この期に及んでなお、
取り越し苦労が私の自由を奪う。どうしてだろう。透はずっと真剣
だったのに、私は悪夢に怯えつづけていた。まるで今までいちども
恋したことがなかったみたいに。

これが最後なら、セックスしたかった。透の部屋の、あのちいさな
ベッドの中で、朝まで抱き合って傷だらけになりたい。
「わかったわ」そんなこと、口が裂けても言えない女だった。
「わかった。歩きましょう」

→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ