読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

再会の時

4.約束


斜め前を歩く透のYシャツの腕を見ていた。手をのばせば、すぐに
触れられる距離。つかず離れずの状態で、私たちは歩きつづけた。

「読んだ? あの本」透が肩越しにこちらを見る。
ごまかす気はなかった。首を振ると、そっか、と彼は微笑んだ。
「あの話の主人公はね、生まれつきの精神薄弱なんだけど、えらい
学者に出会って大天才になるんだ。夢がかなうんだね」
悲劇的なラストについては語らない。透らしいと、私は思った。

「瞭子のさ、子供のときの夢って何だった?」
「夢?」
「俺はプロ野球の選手になりたかった。中学まで野球部。これでも
ピッチャーだったんだぜ」
そう言うと透は、ボールを握って投げる真似をしてみせた。
透が、野球選手。初めて知った。

「…だから、何?」
「瞭子の夢。子供のころの夢。何になりたかった?」
「…」
「あ。意外と『お嫁さん』だったりして?」

その通りだった。

黙りこんだ私の顔を見て、透はカン違いしたらしい。気遣わしげに
肩に触れた手を払いのけ、私は低くつぶやいた。
「今さら、どうしてそんな話題なの?」
「…」
「今日で別れようって人たちが話すことじゃないわ」

身体にまとわりついてゆく霧雨を感じていた。透の、青い文字盤の
腕時計が12時少し前をさしている。もうじき明日になる。私たち
が、ほんとうに別々になってしまう明日。

透がポケットに手を入れた。

握ったこぶしを、私の前につきだした。そっと開くと、指輪だった。
小さなダイヤが、ちかりと光った。

絵に描いたようなプロポーズの場面。私はのぼせあがって見つめた。
耳鳴りのような音も、あたりがやけに明るいのも、その石の輝きの
せいだと思っていた。それにしてもまぶしいので顔を上げてみると、
空にUFOが浮かんでいた。

あっけにとられた。

UFOというのは、あくまで仮定だ。何しろ初めて見るのだから。
それはとても大きく、非現実的に大きく、夜空の半分を覆っていた。
月が何かの間違いで、地球に異常接近してしまったかのようだった。

透はクールに見上げていた。
「何なの、あれ…」しぼりだすように、私は言った。
「お迎え」
「お迎え?」
「瞭子も見ただろう。広尾の交差点の事故。タンクローリーと正面
衝突した。俺、あのタクシーに乗ってたんだ」

それじゃあ、透は。今、目の前にいるこの人は。

天国への階段、のような光が、巨大な円盤から降りてきた。SFと
しか思えない光景だった。行かなくちゃ。悲しげに透がつぶやいた
とき、今度こそ私は恥も外聞もなくした。この世のものでない力に
勝てるとは思えなかった。それでも私は彼に駆け寄り、抱きしめて
むちゃくちゃにキスした。

「行かないで」
「無理だよ」
「じゃあ一緒に行く。一緒に死ぬ。あたしも死ぬから」
ほんとうに、心からそう思っていた。

透はとろけるような笑顔で私を見つめ、髪を撫でた。
「嬉しいよ瞭子」
「何言ってるのよ」私は泣いていた。
「大丈夫」彼は私の手をとって、小指をからめた。  
「また、すぐに会えるから」

真夏の日盛りのようにすべてが真っ白になり、一瞬意識が遠のいた
かと思うと、私はもう一人で路上に立っていた。透の姿はどこにも
なく、あたりは嘘のように深閑としていた。

でも、私の手の中には指輪があった。夢でなかった証拠だ。確かな、
青い光を放つダイヤモンド。新しい涙がわき出るのを感じながら、
私はそれを左の薬指にはめた。プラチナのリングが、快い冷たさで
フィットした。

ふいに静けさを破り、前方に車のヘッドライトが現れた。
真夜中の住宅街で、非常識に騒々しいエンジン音。速度も尋常では
ない。その車がまるで人をよける気がないことがわかった瞬間、私
はゴムまりみたいに跳ね飛んで、石塀にたたきつけられた。

視界が真っ赤に染まった。

痛みはなかった。ただ、脚が妙な角度に曲がってしまったと感じた。
ああ。私は思った。あたし、死ぬんだ。

靴音が近づいた。人を轢いておいて、ずいぶん落ち着いた足取りだ。
その人はゆっくりかがみこんで、私の顔をのぞきこんだ。指の長い
きれいな手が頬に触れた。

ほら。すぐ会えるって言っただろ?

透。私は一生懸命笑い返した。
嬉しいのにまた一筋、涙が流れおちた。

― 完 ―
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ