読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

いつも、こんなふうに

1.深窓の佳人


その洋館は重厚な青銅造りの門にとざされ、ひろい敷地をぐるりと
囲んだ石塀は高く、外界との接触を拒んでいるかのように見えた。

鉄男は、彼の性格としては珍しく気おくれしつつ、『松原』と彫ら
れた表札の脇の呼び鈴を押した。1回押し、ゆっくり20秒数える。
もう1回押して、また20秒。この呼吸は入社した当時、指導係の
先輩に教わったものだ。

だれも出てくる気配がないのに正直ほっとしかけたとき、はい、と
消え入りそうな女の声が聞こえた。
「クリーニングのファインです。毎度お世話様です」
相手は黙りこんだ。
「実は、前の加藤から担当が変わりまして。本日はご挨拶に」
言い添えると、躊躇するような間があってインターフォンが切れ、
青銅の門ががらがらと自動的に開いた。

ハリウッドだ。鉄男は意味もなく口の中でつぶやいた。

敷石を踏んで奥へと進み、ばかでかい玄関扉の前に立つ。たっぷり
3分は待たされて、ガチャリと錠のはずれる音がした。

最初に見えたのは、もう何年も陽の光を浴びていないのではないか
と思うほど白い腕だった。次にふわりと石鹸の香りがし、陶磁器の
ようになめらかな鎖骨が現れ…鉄男は我を忘れて見入っていた。

世にも美しい女がそこにいた。少なくとも鉄男にとっては、現実の
ものとも思えぬ美しさだった。

女はまるでたじろぐ風もなかった。ただ静かに、見知らぬ男の不躾
な視線を受けとめていた。鉄男がそのまま黙っていれば、ふたりの
の不自然な見つめ合いは1時間でも続きそうだった。

鉄男がやっと我に返り、前の担当者が実家の都合で帰郷した事情を
説明すると、女は急に興味を失ったように目をそらした。まとめて
あった衣類やシーツをかかえ上げ、無言で渡して寄こす。ロボット
のようなその所作は、卒業証書授与の場面を連想させた。

仕上がり品は、通常は1週間先の同じ曜日に渡すことになっている。
それで問題ないかと確認しても、女はあるかなきかにうなずいて、
あとはもう一刻も早くひとりになりたいというように、サンダルの
つま先でコンクリートの床に円をえがいているばかりだった。

少し足りないんだろうか。車のエンジンをかけながら鉄男は考えた。
透明だがうつろな彼女の眼差し、子供のようにしかつめらしい仕種
も、それならば納得がいく。ご用聞きの応対ぐらいはできるので、
留守番を任されているのかもしれなかった。

女の空虚な目つきに一度だけ変化がおきたのは、彼女の背後の壁に
かかっていた大きな油絵について、鉄男が感想を言ったときだった。
といっても、たった一言である。「いいですねえ、それ」。思わず
口をついて出た、という感じだった。瞬間、女の大きな瞳が光り、
確実に鉄男を射た。鉄男は今度こそ本当にビビってしまい、挨拶も
そこそこに外へ出たのだが、絵の印象は一瞬で焼きついていた。

何を描いたのかはわからない。淡い色づかい、煙ったような茫洋と
したイメージは、ずっと昔に教科書かどこかで見たようでもある。
展覧会など行ったこともない、画家といえばピカソくらいしか知ら
ない鉄男の心に、その絵はなぜかまっすぐに響いてきた。高い金を
出して絵を買う人の気持が、初めてわかったような気がした。

翌週の同じ曜日。インターフォン越しに聞こえてきた声は、あの女
ではなく上品な初老の婦人のものだった。

「先日は、娘が失礼いたしました」
玄関先に現れたその人は、隙のない和服姿だった。
「あの日はやむを得ない用事がございまして、留守をさせましたの」  
「はあ」
「変わった子で。びっくりなさったでしょう?」

はいびっくりしましたとも言えずまごついていると、当の娘がふい
に奥から出てきた。鉄男は驚いたが、もっと驚いたのはなぜか母親
のほうだった。

娘は蚊の鳴くような声で何かつぶやいた。

「ブラウス?」耳敏く母親がききかえした。鉄男はとっさに持って
きた品を調べた。彼女のものらしき白いブラウスがたしかにあった。
紅茶のシミがついていたはずだ。
「ブラウス、これですね。大丈夫です、ちゃんと落ちてます」

すると娘はゆっくり近づいてきて、例の卒業証書授与の仕種で両手
を差し出すのだった。ビニールに包まれたブラウスが鉄男の手から
彼女の手に渡るのを、母親は口を半開きにして眺めていた。

→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ