読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

いつも、こんなふうに

2.リハビリ


翌日の晩、仕事を終えて職場を出た鉄男は、駅前のコンビニエンス
ストアに入ろうとして立ち止まった。松原家の娘だった。悪そうな
高校生やくたびれた勤め人の中で、ひとり掃きだめの鶴のオーラを
放っている。

鉄男は思わず、公衆電話の陰から観察していた。娘は陳列棚の品々
を、まるで宝石でも鑑賞するかのように、いちいち立ち止まっては
眺めた。何分もかかってビスケットの箱を1つ選び出し、レジへと
向かう。精算をしているときの様子は、やはり機械仕掛けのぎこち
なさだった。

やがて外へ出てきた彼女を、ゴミ箱の前でしゃがんでいた3人連れ
の若者が、上目づかいに見た。

舐めるような視線を娘の下半身に貼り付かせたまま、その男たちが
音もなく立ち上がったとき、鉄男は考えるより先に行動していた。
猛ダッシュで3人を追い越し、娘の横にならんだ。驚いて飛び退き
かけるのを、肩を抱いて引き寄せた。

クリーニング屋さん。娘の声は、幸い男たちに届くにはか細すぎた。
鉄男は遠慮しながら彼女の耳元へ口を寄せ、変な連中が後ろにいる
ので気づかぬふりで歩くように、と囁いた。

男たちのはやしたてる声があがり、娘はきゅっと身体をかたくした。
肩を抱いた鉄男の手を、あいているほうの手で強く握りしめてきた。
2重の緊張で鉄男は汗がにじんだ。人通りの多いほうへ多いほうへ
と歩き、10分ほどして振り向くと、3人組の姿は消えうせていた。

大勢で飛びかかられたら、正直なところ自信はなかったのだ。鉄男
は「よかった」とつぶやき、全身の力が抜けるのを感じた。

娘は空の一点を見つめたまま、夜風に前髪を揺らして放心していた。
それで鉄男は存分に彼女を眺めることができた。どうしてそんなに
きれいなの。口に出してたずねたい気分だった。澄んだ栗色の瞳。
華奢な顎。磨きあげたサンゴのような唇。

急に身体を離し、娘は一歩下がって鉄男に頭を下げた。
「助けていただいて、ありがとうございました」
「いえいえ」
「お茶、のみませんか?」
「はい?」
「助けていただいたお礼に、私がご馳走します」
そう言うと娘は返事も待たず、目の前の喫茶店の扉を押した。

突飛な誘いかたをしたわりには、娘はほとんどしゃべらなかった。
1時間その店に座っていて、彼女について鉄男が知ることができた
のは、『松原桃子』というフルネームと、バースデーが桃の節句で
あるということだけだった。そして翌日、松原夫人、つまり桃子の
母親が、鉄男の職場までやって来た。

桃子は今年24歳で、多少変わってはいるが、頭も身体もちゃんと
機能している健康な娘である。ただひとつの問題は、高校2年生の
の秋に不登校になって以来、かぞえるほどしか家の外に出ていない
ことであった。

あの夜の桃子はすこぶる精神状態がよく、ひとりで駅前まで散歩に
出かけた。実に1年半ぶりの外出だった。松原夫人によれば、桃子
は鉄男に感謝している。こんなに調子がいいのは「クリーニング屋
さんのおかげ」、そう思って出かけたら偶然会えて、しかも一緒に
危険な目に遭ったのも「運命」、そう言っているというのだ。

つまりは迷惑でなければ少しの間、娘に付き合ってやってほしいと
いうことなのだった。世間の男女が交際するように、週に1回ほど
一緒に出かけてもらうだけでいい。とにかく今は少しでも娘の心に
風を通してやりたいので…松原夫人はそう言って、鉄男に向かって
45度の美しいお辞儀をした。

夫人の頼みごとが、母親として果たして常識的なのかどうかは別と
して、鉄男に断る理由はなかった。休みの日に彼が何をしているか
といえば、昼まで寝て、掃除と洗濯をし、気が向けば自分で晩飯を
つくることぐらいだ。時間はいくらでもとれるし、費用は後で全額
払ってもらえるという。

身体の病気と違い、養生すれば治るものでもなく、はたから見れば
ぜいたく病でしかないというのも気の毒だった。裕福な家に生まれ、
働かなくても何の不都合もないからこもっていられるという見方も
あろう。でも、何年も世間と関係せずにいるのも考えてみれば我慢
大会、パワーの要ることである。それだけの力を消費してでも桃子
が外に出ない理由はちゃんとあるはずで、他の人間がどうこう言う
筋合いではない。

ただ、桃子のように美しい娘にもそういう災いが訪れるというのが、
鉄男にとっては発見だった。食うためには何しろ働いていなくては
ならなかった彼は、恋愛経験が人よりだいぶ不足していた。女の子
はきれいなだけで無敵なのだと、30年間思いこんでいたのである。

そんなわけで鉄男は週に1度、クリーニングの回収とは別に松原家
を訪れ、桃子を連れて外に出ることになった。

→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ