読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

いつも、こんなふうに

3.不幸


7年間ほとんど家の中にいた人間が、毎週きまった曜日に外出する
ということは、相当画期的なことに違いない。鉄男はそう考えた。

そして何となく、自分は桃子のように美しい女と過ごせる幸運を、
ただ単純に喜んでいるほうがいいと思った。へんに気をつかったり
おもりするみたいな心境でいるよりは、一緒に楽しんでしまおう。
松原夫人は、娘の心に風を通したいと言っていた。それは桃子だけ
でなく自分にとっても、とても必要なことのように思えたのだ。

何しろ開放的な気分になれそうな場所を考えた。緑の芝生が広がる
公園や、見晴らしのいい展望台。電車に乗り、都会から遠ざかって
いくにつれ、桃子の表情がやわらかくなっていくのがわかった。

海の見えるレストランの窓際の席に、ふたりは座っていた。

桃子は、人前でものを食べなかった。その日も飲み物だけ注文して、
鉄男がカレーライスを食べるのを、にこにこと眺めていた。

「好きな食べ物とか、あるんですか」
たずねてみると、桃子はしばらく考えて、タマリロのシャーベット、
と答えた。
「たまりろ?」
「熱帯のフルーツよ。トマトみたいな味がするの」
「それって旨いのかな…あとは?」
「スイカのゼリー」
「聞いたことないですよ」
「あと、ウーロン茶味のスフレ」
桃子は自分でウケて笑いだした。鉄男もあきらめて笑った。

「名前のことがききたいわ」桃子は頬杖をついて鉄男を見た。
「あなたの名前。強そうな名前。だれがつけたの?」

名付けたのは父だった。漫画とスポーツ新聞しか読まなかった男が
つけそうな名だ。生まれた赤ん坊が苦労を背負い込むであろうこと
を十分に予想し、心身共に頑丈に育つよう祈念したとしか思えない。
物心ついたとき、既に父は朝から酒を飲み、母を足蹴にしていた。

その母は、鉄男が高校に入った年に脳腫瘍に罹った。姉は男を渡り
歩いて2回子供を堕し、弟は3度刑務所に入った。そのままテレビ
ドラマに使える、悲惨なエピソードのてんこ盛りだ。鉄男も時には
ハメをはずしたかったが、あの家族には先を越されっぱなしだった。

多くの人は「よく死のうと思わなかったね」と言う。だが、実際に
その立場になってみると、死んでいるヒマなどないのだ。次から次
へと災いがやってきて、忙しいことといったらなかった。

「大変だったんだ」桃子は素直な感想を述べた。
「それで今はどうなの? まだ忙しいの?」
「平和です。両親は死んだし、姉貴は元気に主婦やってるし、弟は
どこにいるかわからないから」

桃子はテーブルのシュガーポットを見つめていた。シュガーポット
の向こうにはよく磨かれた大きな窓があり、その向こうには緩やか
なカーヴを描くドライヴウェイ、さらに向こうには碧い海が見える。
今度はレンタカーを借りてもいいな。鉄男はぼんやり思った。

「あなたと私は」桃子が言った。
「ふたりとも不幸せね」

鉄男は一瞬、考え込んだ。
「不幸せの種類は違うけど…怒った?」
「いや。俺って不幸せなのかなと思って」
「幸せなの?」桃子は心外だという顔をした。
「少なくとも今は」
「…」
「だって梅雨なのにこんないい天気だし、窓の外は青い海だし」
目の前には貴女がいるし…桃子はもう、こちらを見てはいなかった。

ふいに鉄男は、疲労を感じた。

根っこをたどれば、たしかに自分は不幸だ。アパートは線路ぎわで
騒音がひどいし、親の借金は残っているし、結婚した姉はアル中に
なりかけている。でも桃子は違う。立派な門構えの家に住み、金の
心配はなく、上品で和服の似合う母親がいる。そして、砂糖菓子の
のような精神を抱え、自分の美しさに何の価値も見出せず、出入り
のクリーニング屋に「運命を感じた」などと言っている。

太陽が一瞬雲に隠れ、テーブルが翳った。鉄男が煙草をくわえると、
つと桃子の手が伸び、マッチを取って火を点けた。ごく自然に煙を
吐いてしまってから、鉄男ははっと目を上げた。桃子は燃えさしを
灰皿に投げ入れ、けだるい声でつぶやいた。

「知らないふり、しないで」
「…」
「何もかもわかってるくせに」

気がつくと、唇が重なっていた。身をのりだした桃子のスカーフが
コップの水に浸っているのを、鉄男は視線のはしでとらえていた。

翌日から、梅雨らしい静かな雨が何日か降りつづいた。天気に調子
を合わせるかのように、桃子のコンディションはおちこんでゆき、
彼らの外出は、たったひと月で中断することになってしまった。

→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ