読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

いつも、こんなふうに

4.運命


「かえって申し訳なかったわ。気になさらないで」
電話口で松原夫人は言った。
「何が原因っていうんじゃないの。しいて言うなら天気かな。湿気
でタンスのひきだしが開きづらくなるようなものなんだから」

数日後、鉄男の銀行口座に、彼が数回の外出で使った金の、かるく
5倍の額が振り込まれた。その数字を見て鉄男は、桃子とふたりで
人里離れた温泉宿に隠れることを想像した。

松原家の玄関を入ると見慣れた壁の絵が出迎えた。最初の朝、鉄男
がひと目で心惹かれたあの絵である。彼は急に思いついて、画家の
名を夫人にたずねてみた。

「うちの娘よ。聞いてらっしゃらなかった?」
鉄男は衝撃をうけた。
「描くのも見るのも好きなの。こんどは美術館にご一緒したいって
言ってたのにね」

「上がらせてもらっていいですか」鉄男は言った。言ったときには
もう靴を脱ぎかけていた。桃子の部屋は2階だ。いつも見ていた。
2階の、モスグリーンのカーテンがかかったあの部屋だ。

階段を半分ほど駆けあがったとき、夫人が後ろから組みついてきた。
思いがけない力だった。彼女の娘はおそらく、周囲の人間が試みた
強硬手段を、心から悔いるような反応を繰り返してきたのだろう。

部屋は廊下のつきあたりだった。夫人を背中にしがみつかせたまま、
鉄男は扉を叩いた。今こんなことをする人間が自分しかいないのは、
桃子だってわかっているはずだった。

でも、どんなに叩き続けても返事はなかった。壊してでも入ろうと
している自分の激しように自分で動揺しかけたとき、足もとにくず
おれた松原夫人が、切り裂くようなかなしい声を洩らした。

夫人は泣いていた。筋張った首筋に、隠せない老いが表れている。
鉄男は突然、臨終の床の母を思いだした。涙がこみ上げ、あわてて
かがみ込むと、夫人の肩に手をおいた。夫人は身をふるわせて泣き
ながらも、袂からレースのハンカチを出して、血のにじんだ鉄男の
右手にあてがった。

その日の仕事を終え部屋にもどると、鉄男は冷蔵庫と流し台の間の
の壁にもたれ、ずるずると座りこんだ。そのまま夜更けまでじっと
していた。

やがて携帯電話の着信ランプが、ホタルのように光った。

桃子は黙っていた。鉄男は目をつぶり、暗い階段の途中で膝を抱え
こんでいる彼女を思いながら、そっと受話器に声を投げいれた。
「あの絵、君が描いたんだね」
しずかな呼吸の気配が、かすかに乱れた。
「ごめん。何で気づかなかったんだろ」

「私、自分のことがきらい」ややあって、桃子は言った。
「だけどあの絵は気に入ってるの。玄関に飾るって母が言ったとき、
恥ずかしいけど嬉しかった。あなたがほめてくれたときは、もっと
嬉しかった」
「今は何を描いてるの」鉄男はきいた。
みち、と桃子は答えた。
「道?」
「電車の中から見えたわ。海を左手に眺めて道が走ってた。初めて
車を運転したいって思った」桃子はふいに、くすりと笑った。
「…夜中の電話って、何だか内緒話をしてるみたい」

「今、ちょっと思ったりしてないか」鉄男も微笑んだ。
「もしかしたら、そんなに不幸じゃないかもしれないぜ?」

脛に疵持つ者同士なのだ。鉄男は思った。大丈夫。陽の光が眩しい
のなら、今と同じ闇をつくってあげる。その闇で君をくるみこんで、
歩行者天国へでもどこへでも、俺は一緒に歩いていくから。

夏が近づきつつあった。

鉄男は相変わらず、週に1度松原家から洗濯物を預かり、翌週には
渡しに行くことをつづけている。世間話を交わす松原夫人は、少し
顔色があかるくなった。身体の内にいちばん沢山の涙をためこんで
いるのは、きっとこのひとなのだと思う。

門の外へ出ると、必ず2階の部屋の窓を見上げる。桃子が出てくる
気配はなく、電話もあれきりかからない。でも、とりあえず彼女が
あのモスグリーンのカーテンの内側で生きていて、ひとり泣いたり
微笑んだりしながら新しい絵に筆を入れているのを、鉄男はちゃん
と知っている。

胸の中には、涸れない炎が灯っていた。

今度会う日には手をつなごう。白くつめたい指に力をこめ、桃子は
きっと、まっすぐに鉄男を見て笑うだろう。

― 完 ―

2002.06.23
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ