読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

マリッジ・ブルー?


電話の向こうで、結衣は一瞬沈黙した。感動しているのか、迷って
いるのか、それとも断る理由を考えているだけなのか…彼女の心を
読むことが、最近ますます難しい。
「わかったわ」彼女は言った。「8時には行くから、待ってて」

タクシーは第1京浜を左へ折れ、お台場方面へと走ってゆく。後部
座席にもたれた僕は、舞台袖で出番を待つ役者のように、この後の
段取りを頭の中で反復する。やがて目の前に迫ってくるレインボー
ブリッジ。何度見ても、現実ばなれした光景だ。

大丈夫、彼女は来ると言った。とりあえず第一関門はクリアだ。

           〜*〜*〜*〜

来月、僕・北原秀明と彼女・小田切結衣は結婚する。挙式は結衣の
希望によりセブ島で。帰国後の披露宴も2次会も、全てはすっかり
セッティング済みだ。ところが、日にちにしてあと15日という今、
雲行きは相当にあやしくなっている。結衣の笑顔が消えた。何だか
いつもイラついている。この間はついに、「私たち、やっていける
のかしら」と呟かれてしまった。

海側のスイートルーム。30本のバラの花束。ルーム・サーヴィス
はヴーヴ・クリコ。我ながら陳腐だ。だが待て、まだ先があるのだ。
それは、とっておきのプロポーズの言葉。

僕らはもう8年になる。今さら歯の浮く台詞も言えず、「そろそろ
どうですかね」「そうですね」みたいな感じで決まってしまった。
職場の女の子たちによれば、そういうのは「最悪ぅ」なんだとか。
それで1週間、考えに考えた。決定したのはこんな言葉である。

「君を世界一幸せにできる男は、他にもいるかもしれない。でも、
俺を世界一幸せにできる女は、この世に君ひとりしかいないんだ」

とどめは先日のミラノ出張で買った、結衣がずっと欲しがっていた
スカヴィアの指輪。以上が僕の、起死回生の大計画だ。

            〜*〜*〜*〜

結衣は言う。ふたりは「男と女」でなくなってきた、と。

たしかに、デートの途中に眠くなったり、風呂上がりの緊張感ゼロ
の姿を見せてしまっているのは事実だ。でも僕に言わせれば、それ
は結衣も一緒なのだ。部屋に泊まりに来て、平然と顔にパックなど
しているのだから。

それでも、僕は結衣が好きだ。えくぼの出る笑顔が好きだし、犬や
猫を見たときに上げる「かわいい!」という声が好きだ。酒飲みな
ところも、男の目の前でパックをする遠慮のなさも、ぜんぶ含めて
好きなのだ。

それと、得意料理の「レタス卵チャーハン」。絶品である。あれを
拵えるために結衣は、僕の部屋に中華鍋を置いている。きっといい
女房になる。ふたりはうまくいくはずだ。

窓の外に、平常心を失いそうな夜景がひろがっている。さすが1泊
10万のスイート。完璧だ。これに感激しない女はいるまい。

そして8時5分過ぎ、結衣がやって来た。

            〜*〜*〜*〜

8時10分には、すでに僕の計画は破綻しかかっていた。

部屋に入ってきた結衣の表情は、「のせられてなるものか」という
気概に充ち充ちていた。彼女はシャンパンを自分で抜いてごくごく
と飲み、30本の真っ赤なバラを「うわ、凡庸」と片づけた。

「スイートルームにつられて来たんじゃないわよ」彼女は言った。
「とことん話し合おうと思って来たの」
「話し合うって」僕は力なくたずねた。
「これから先のことをよ。決まってるでしょう」
結衣は決然と、腕と脚を組んだ。
「今の私たちの状況、わかってる?」
「わかってるよ、だから」
「だからホテルとシャンパンなの?」
「…」
「解決しようとは思わないの? 明らかに物事がうまく行ってない
ときに、どうしてそうやってごまかすことばかり考えるの?」

おっしゃる通りだった。何とか機嫌を直してもらって、なしくずし
にセブ島に出発できれば。たしかに僕は、そう思っていた。だって
解決しようにも、結衣が何を怒っているのかわからないのだ。式の
直前に花嫁が情緒不安定になるという、ありがちな話。彼女の症状
もそれに違いない。そう思いこもうとしていたのだけれど。

シャンパンを3杯飲んでも、結衣は顔色ひとつ変わらない。花束の
リボンにふれている桜貝色の爪が目にはいったとき、僕は彼女が赤
ではなく、ピンクのバラが好きだったことを思い出した。

「わからないんだよ」僕は白状した。
「教えてよ、何をどうすればいいのか。そしたら努力するからさ」

30秒くらい、結衣は僕の顔を見ていた。

「髪を金色に染めて、グレーのカラーコンタクトをしてちょうだい」
「…はい?」
「今夜中によ」
「え。え?」
「あなたって、いつもそう」
「…」
「言ってくれなけりゃわからない。言ってくれればよかったのに。
そればっかり。ねえ、私たち家族になろうとしてるのよ? 少しは
相手が何を感じているのか、想像してみようって気はないわけ?」

結衣の目が、怒りできらきらと光っている。とてもきれいだった。
でも、やっぱりできれば笑顔のほうがいい。結衣。どうしたんだ? 
一体何がどこで間違ってしまったっていうんだ?

「私はこれからもずうっと、意地悪ばあさんみたいにいちいち口に
出して、あなたに伝えなきゃならないの? そんなのイヤ。好きな
人と一緒にいるってことは、一緒にいる自分も好きでいられるって
ことでしょ? 違う?」
「結衣、」
「私はあなたと幸せになりたいのよ」結衣は僕を見つめた。
「なのにあなたといると私、どんどん自分が嫌いになってく」

息がとまったように、彼女は凍りついた。

           〜*〜*〜*〜

僕たちは向き合って座ったまま、黙りこんでいた。

ひどいことを言わせたのは僕なのだ、きっと。僕を傷つけたことで、
結衣も傷ついていた。男としてはせめて、何とかこの場をまとめて
幕を下ろさなくてはならないのだろう。悲劇的な、喜劇の結末。

唐突に空腹を感じた。そういえば、朝から何も食っていなかった。
こんな場面で腹が減るだなんて。ますます喜劇だ。そして僕の頭の
中に、ある食べ物が圧倒的な存在感で浮かんできた。

「チャーハンが食いたい」僕は呟いた。
「チャーハン?」
「結衣のレタス卵チャーハン。もう1度だけ、つくってくれないか」
「…」
「うまかったなあ。あれなしで俺、生きていけるのかな」

「…あなた、」結衣は口を開けて僕を見た。
「あれが好きなの? いつもなんにも言わずに食べて、一度だって
ほめてくれたことなんかなかったじゃない」
「あんなすぐできるものほめたら、怒ると思ったんだよ」
「そんなの、」結衣の頬に、バラの色がのぼった。
「そんなの言ってくれなきゃわかんないじゃないの!」

結衣は泣きだそうとして失敗し、笑おうとしてまた失敗し、収拾が
つかなくなったので、ワインクーラーにかかっていたナプキンを僕
に向かって投げつけた。僕はぼんやりと見つめながらも、何となく
風向きが変わったことだけを感じていた。

「あんなもの」ひとしきり泣いたあと、結衣はほほえんだ。
「これから、何百回でもつくってあげるわよ」

           〜*〜*〜*〜

とびきり幸せで、とびきり金のかかった一夜だった。それから僕は
もう1本ヴーヴ・クリコをオーダーし、スカヴィアのリングひとつ
まとった結衣と、朝までベッドでじゃれあった。ふたりは無事に式
を挙げ、今は僕のマンションで一緒に楽しく暮らしている。

ちなみに、僕が1週間考えぬいたプロポーズの言葉は、後で結衣に
よって、こう変えられた。

「君を世界一幸せにできる男が、他にもいるかもしれない。だから
俺は1分1秒でも早く世界一になるよ。結婚しよう」

― 完 ― 

2002.06.30
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ