読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

祭りの夜に

1.妻の家


そろそろひと月になろうとしているが、正直なところ僕はいまだに
この家になじめずにいる。

雰囲気ではなく、構造の話だ。まず、どの部屋も異様に天井が高い。
2階へ上がる螺旋階段がリビングのど真ん中に屹立していて、椅子
やテーブルの類は、およそ人間が使うものとは思えない奇天烈な形
をしている。デザインしたのはイタリア人らしいが、何度聞いても
名前が覚えられない。

しみひとつない真っ白な壁に囲まれていると、体感温度が2、3度
は低い。『2001年宇宙の旅』の世界に迷い込んだようだ。

台所だけは使い勝手が良い。ひろびろとした調理台、大人がひとり
楽に入れそうなオーヴン。だれがそろえたのか調理器具も充実して
いる。今日は午後の時間の大半を使い、スパイスを十分にきかせた
カレーを作った。冷蔵庫にはバルサミコ酢のドレッシングをかけた
トマトと、カッテージチーズで和えたインゲンと、缶詰めのカニを
合わせたさつまいも、全3種類のサラダが冷えている。

夕刊を取りに出たついでにしばらく坂の上から見下ろしていたが、
梨子(りこ)が帰ってくる様子はなかった。僕はリビングにもどり、
壁にかかったタクラマカン砂漠の写真をみながらビールを飲んだ。

この写真を撮った女が、今は自分の妻であるという現実にも、僕は
まだ慣れていない。名前を聞けばだれもが知っている写真家である
彼女は、これまた有名な映画監督の夫と別れ、一般人でしかも無職
の僕と結婚した。

「一緒に暮らして」
ホテルのラウンジで飲んでいたある晩、ふいに彼女はそう言って、
婚姻届をぽんとカウンターに置いた。書類の半分はすでに、女とは
思えぬ乱暴な走り書きで埋まっていた。初めてナマでお目にかかる
その紙きれを、僕はぼんやりとながめた。
「どうかした?」
「ハンコ持ってきてないけど」
「じゃあ預けるわ。出しといて」彼女は煙草に火を点けた。
「24時間、いつでも受け付けてくれるそうよ」

翌日、婚姻届は受理され、それで僕は一瞬にして有名女流写真家の
夫となり、14歳の少女の父親になった。娘の梨子は母親に負けず
劣らず、いや、むしろはるかに手ごわい性格の女の子だった。

毛足の長いカーペットは、しばしば人の気配を消す。顔を上げると
梨子が、入口扉の横の壁に腕を組んでもたれかかっていた。

「お帰り」僕は立ち上がった。梨子は僕ではなく、僕の右手のハイ
ネケンの瓶を見ていた。
「あのね。お母さん、」
「知ってるわ」梨子は答えた。「車がなかったし」
彼女はいつも、短く切るようなしゃべり方をする。声が若干低めで、
そのせいか14歳という実年齢よりもずいぶん大人びて見える。

「今度はどこ? きっと涼しいとこね。北海道? カナダ?」
「いや。オーロラ撮るんだって」
「…アラスカ」
ピンポン。僕は笑い、梨子はあきれたように天井を見上げた。
「朝起きたときはふつか酔いって言ってたんだけどね。俺が銀行に
に行ってる間にいなくなってた。坂詰くんが成田から電話くれたよ」

バカみたい、と、梨子はつぶやいた。バカみたい。彼女の口癖だ。

「バカはよしなさい。おかげでいい写真が撮れてるんだから」
梨子は唇のあいだから、ふっと息を吐き出した。
「それより腹へってない? カレー作ったんだ。市販のルーなんか
使ってないぜ。タマネギを2時間かけて炒めて、」

無視して螺旋階段に向かう背中に、僕は声をかけた。
「君もどこか行くの?」
梨子は振り返った。
「スーツケースがひろげてあったから」

梨子はレーザー光線を発しそうな目で僕を見た。
「掃除機かけただけだよ。何も触ってない」
「…」
「ごめんなさい。もう入りません」
「いいわよ。どうせ、今日までのことよ」
「え?」
「明日、あたしこのウチ出てくから」

僕は思わず口が開いた。梨子は今一度僕を睨みつけると、長い黒髪
をシャンプーのCMのようにひるがえして、2階に上がっていって
しまった。

→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ