読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

祭りの夜に

2.アプローチ


とりあえず、夕飯を食べることにした。

僕は2本めのビールを飲み、梨子は白ワインを飲んでいた。ハーフ
ボトルがすでに空きかけていたが、僕は何も言わなかった。14歳
の女の子だって、酔っ払いたいときはあるだろうと思うから。

「カレーの味はどう?」たずねてみた。
「好物とは聞いてたんだけど、辛さの度合いまではね。どうだろ、
香辛料きかせすぎたかな」
梨子はスプーンではなくフォークを使っていた。カレーやピラフの
類をフォークで食べる人を見ると、僕は決まって上流階級の香りを
感じてしまう。

「何見てるのよ」梨子がようやく声を発した。
「ネタを探している」
「ネタ?」
「ねえ。どうして出ていきたいのかな」
「…」
「納得いってないかもしれないけど、一応僕は、君の親だからさ。
理由もきかずに家出さすわけにはいかないんだ」

梨子は黙ってフォークを動かしていた。明確な理由なんてないのだ、
多分。ただイラつく。ここではないどこかへと思う。僕自身、彼女
の年ごろにはそうだった気がする。身体に合わない服を、無理やり
着せられているような違和感。何でもいいから状況を変えたい。

唐突に梨子は立ち上がり、食べ終わった皿をがしゃがしゃと重ねて
僕の視界から逃れた。

「バカみたい」背後で、水道の蛇口をひねる音がきこえた。
「なにが?」
「あなたが」
続けて、勢い良くスポンジをあわだてる音がした。
「人のことより自分の心配すれば? 一応あたしの親なら一応ママ
の旦那さんでもあるんでしょ」
「そうだね。あまり実感はないけど」
「奥さんが勝手にいなくなって、若い男と一緒に旅行してるのよ。
それもアラスカよ。よく平気でビールなんか飲んでられるね」

…僕は180度身体を回転させて、椅子の背もたれを抱えた。
「坂詰くんは、」僕は言った。「彼女の助手だよ」
梨子はやってられないというように首を振った。

向き直ってカレーの最後の一口を飲み込み、僕はごく小さな溜め息
をついた。だれにも聞こえない、空中を漂う塵さえ乱さないくらい
の溜め息。溜め息は、人に聞かせるものじゃない。感情が整理でき
さえすれば、それでいい。

梨子は皿を拭いている。僕は少しずつ残った3種類のサラダをフタ
つきの容器に移しかえる。そして静まりかえった部屋の中に、ある
音がかすかに響いてきた。窓ガラスを通して。それは懐かしい音色
だった。懐かしい、とても心の躍る音色。

「デートしようか」冷蔵庫に容器をしまいながら、僕は言った。
「ひとつくらいは、親子の思い出っていうの? 明日には君、出て
いっちゃうんだもんな」
返事がないので見ると、梨子は無視も冷笑もせず、ただ手をとめて
視線を宙に浮かせ、同じ音色を聴いていた。

おまつり、と、梨子は呟いた。
「そうだよ」僕は笑った。
「最初で最後のデートとしては悪くない」
「デートって言わないでよ」梨子は反論した。「親子なんだから」

行くつもりがないわけでもらしい。そう思うと、僕はふいに楽しい
気分になった。
「浴衣は持ってる?」
「あるけど…」
「着られんの? 手伝ってやろうか」
梨子はあきれたように僕を見返し、残りの皿を拭くよう言い捨てる
と、心なしか軽やかな足取りで2階へ上がっていった。

僕はうきうきと、白ワインのコルクを放った。コルクは気持のいい
放物線を描いて、見事に屑籠へと飛び込んでいった。

→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ