読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

祭りの夜に

3.それぞれの才能


神社の参道は予想外に賑やかだった。周囲はスノービッシュな高級
住宅街である。夜中には静まり返ってしまうこの町の一体どこから、
こんなに人がわき出てくるのだろうと思った。

「ここのお祭りは有名なのよ」梨子が言った。
「電車に乗って来てる人が、ほとんどなんじゃないかな」
結局、浴衣は着ていなかった。洗い晒しのジーンズに霜降りグレー
のTシャツ、葡萄酒色のスニーカー。それでも梨子は、すれ違う男
という男が振り向くほどにチャーミングだった。

僕は心の内で苦笑した。

梨子は妻と同じだった。強烈な個性のかたまり。いやでも目立って
しまう。こういう女と一緒にいると、よほどのエネルギーを持って
のぞまなければ、男はただの"影"でしかなくなる。それで、自然に
ダメな感じになる。ついには"影"の自分もそんなに悪くないような
気になってきてしまう。

目についた店でわたあめを買い、やたら足の速い梨子に追いついた。
ほい、と手渡すと、彼女は虚を突かれた顔で立ち止まった。

「何、これ」
「コットン・キャンディ」
「わたあめは知ってるわよ。どうするのよこんなにおっきいの」
「押しつぶしたらちっちゃなもんだぜ。きらいじゃないだろ?」
「わかんない。食べたことないもん」
僕は彼女の顔をまじまじと見た。
「何よ」
「わたあめを食ったことのない人間に初めて遭遇した」
うるさいな、と梨子は言い、白いふわふわのてっぺんのほうを指で
つまんで口に入れた。

思いがけないおいしさだったのだろう。次の瞬間梨子は、無防御な、
実に可愛らしい微笑みを浮かべた。続けざまにわたあめをちぎって
食べた。僕の視線に気がついて、夢のようなその笑顔はあっという
間に消えてしまったけれど。

気まぐれに純白の真綿をかじりながら、梨子は左右の屋台を等分に
眺めて歩いた。後ろの僕を振り向きもしない。彼女の中では、自分
と行動を共にする男は、いちいち確かめずともちゃんと付き従って
くるものと定まっているのだ。

こんな女が家の中に2人もいれば、大抵の男は疲れ果てる。15年
の長きにわたって辛抱した映画監督に同情する余地は十分だ。これ
以上続けたら撮れなくなると思ったのだろう。彼女たちと共存して
ゆくには、自身の才能など邪魔になるだけなのである。

僕は梨子を呼びとめて、金魚すくいの水槽の前にしゃがみこんだ。

ものの数分で人垣ができた。30匹ほどをすくいあげてしまうと、
一番きれいな赤いのを袋に入れてもらった。人垣の後ろで歓声だけ
を聞いていた梨子は、金魚を夜店の灯りにかざし、すごいじゃん、
と面白くもなさそうにつぶやいた。
「こういうことにかけては才能があるんだ」僕は笑った。
「社会にはまるで貢献しない部類の才能だけどね」
そして、君たちによってすり減らされる部類の才能でもない。

梨子はまた、酒が飲みたいと言い出した。ビニールの屋根を被った
仮設の飲み屋の一角に座り、僕は彼女の言うとおりに日本酒を注文
した。なまぬるいコップ酒を、梨子は一気に半分ほど飲んだ。その
横顔を見ていると、僕は本当に妻と一緒にいるような気分になって
くる。

「君なら大丈夫だな」ふと僕は言った。
「1人でも生きていけるのかもしれない。ただの14歳じゃない、
何てったって、あのひとの娘なんだから」
「似てるって言いたいの?」
「似てる。そっくりだ。君たちの世界には、君たちの決めたルール
しか存在しない。それにだれも逆らえないんだ。凄いもんさ。そう
やって酒飲んでる様子まで瓜二つだよ」
あれれ、と僕は思った。ビール2本と日本酒1杯で、なぜか今夜は
酔ってしまったらしい。初めての思い出をつくるはずが、初めての
親子喧嘩になりかけてるじゃないか。

バカみたい。何度目かで、梨子が言った。

「あたしがカレー好きだって。ママがそう言ったって?」
「そうだよ」
「ねえ。あの人が娘の好きな食べ物なんてわかってると思う?」

僕は梨子を見た。
「大っ嫌いよ」
彼女は目のふちを赧くしていた。
「嫌いなのよ。カレーなんて大嫌い。あの人も大っ嫌い」


→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ