読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

祭りの夜に

4.家路


いわゆる"悪い酒"にとりつかれて、底なし沼にはまりこんだ人間を
僕は何人か知っている。2杯めのコップに唇をつける梨子を見て、
もういけないと思った。荒んだ飲みかたで散々な目に遭い、それで
懲りるかというとそうでもないのだ。荒れた精神状態で飲む酒は、
かならず人の心身を蝕んでいってしまう。

コップをかかえこんでいる小さな手を、そっと包むように握った。
つめたい指を1本1本ほどいている間、梨子は抗うことなく、ただ
ぼんやりと参道の向こうの夜店をみていた。からからと音をたてて、
かざぐるまが回っている。

「きれいだね」僕は言った。「ひとつ買ってくか」

梨子はゆっくりと視線を僕の顔にうつして、戻した。そしてまた色
とりどりのかざぐるまを見つめた。

「行きたかったの」彼女は言った。
「どこへ?」
「お祭り」
来てるじゃないか、という言葉を僕は飲みこんだ。
「パパはとうとう許してくれなかった。小学校のころね、友だちが
誘いに来ても追い帰したの。うちの娘はそんなつまらんところには
行かせない、君たちとは違うんだって言って」
「…」
「みんな、口きいてくれなくなったわ」

僕は"パパ"の作品を観たことはない。観ないで正解だったような気
がした。

「2人ともあたしを可愛がってくれたよ。だけどね、異常に厳しく
ても異常に放任主義でも、結局同じなの。気の向いたときだけなの。
自分がしたいと思うときにしてくれてただけなの」
「…」
「そして、捨てるの」

梨子は泣いた。顔をみせずに、声を殺して。一番かなしい泣き方だ。
涙が痛みを伴ってしぼりだされてゆくような。僕は梨子の手を両手
で握ったまま、長いことじっとしていた。

泣きたいだけ泣いてしまうと、彼女は嘘のように上機嫌になった。

それで僕たちはしあわせな親子になり、大いに遊びまくった。射的
でヌイグルミを3つ落とし、ヨーヨーを5つすくった。わたあめを
もうひとつずつ食べ、きんと冷えたラムネを飲んだ。

「眠くなった」1時間ほどして梨子が言った。「すごく眠い」
「気持悪いんじゃなくて?」僕は心配になった。
「ううん大丈夫。眠いだけ」
僕は胸をなでおろし、おぶって帰ることにした。せっかくの親子の
思い出を、悪酔いなんかで台無しにしたくはない。

帰り道は、星がまたたいていた。

何となく名残惜しいようで、遠まわりをして川のほとりを歩いた。
流れは澄んでいた。ひと昔前はこのあたりでも、ホタルが見られた
のかもしれない。ふと何年も帰っていない郷里を思い出す。夏には
毎日のように泳いだ小川。水の中で、たくさんの魚がゆれていた。

左肩からさがった梨子の手に、金魚の袋がゆれている。長い黒髪が
さらさらと頬にかかって、切なくなる。僕が14歳で彼女のクラス
メイトだったら、ぜったい恋におちていたと思う。こんな子を好き
になってしまった日には。義理の親父で、つくづくよかった。

「ねえ」寝ているとばかり思っていた梨子の声がした。
「晩ごはんのカレーだけど」
「うん」
「そんなに不味くなかったわ」
「そう?」
「嫌いよ。嫌いだけど、他のよりマシだった」
そりゃどうも。僕は微笑んだ。

「ねえ」再び梨子は言った。
「あなたって、ほんとにバカみたいよ」
「そうでしょうか」
「でも、ママがどうしてあなたと結婚したのか、今日、なんとなく
わかったような気がする」

よいしょ、と声に出して、僕は僕の娘を背負い直した。でも本当は
娘の身体は、わたあめのように軽かった。はかないように軽くて、
僕は少しだけ泣きそうになった。

― 完 ―
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ