読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

二十歳の原石

1.美女と野獣


雨が降っている。止む気配のない、烈しい雨だ。

傘を持たない友子は、かるい苛立ちに眉をひそめながら、コンビニ
エンスストアの軒先に佇んでいる。腕時計に目をやったそのとき、
「あの、これ…」遠慮がちな声が耳に触れた。

差し出されたビニール傘よりも先に、斜め後ろに立っている店員を
見上げた。不格好な黒縁の眼鏡をかけたその人が、実は澄みきった
美しい目の持ち主であることを彼女はよく知っている。だからつい、
まっすぐに見つめかえしてしまいそうになる。

でも、これはドラマだ。濡れながら走る通行人もコンビニの看板も、
すべては作りものの世界だ。だからト書きの通り、彼の醜い容貌に
戸惑わなければならない。わかりやすい芝居は嫌いだ。モニターに
写った友子の顔にさまざまな感情がいちどきに表れ、カットの声と
ともにOKが出た。

「全シーン撮影終了です。お疲れさまでしたあっ!」
はれやかなADの声に呼応して、「オツカレサマデシタ」の応酬が
そこいらじゅうで繰り返される。お決まりの大きな花束を受け取り
ながら、友子はまだ、相手役・鮎川時男の横顔を見上げていた。

鮎川はカメラが止まるといつもするように、分厚いレンズの眼鏡を
とって頭を振った。素の自分へと戻るアクション、友子はそう理解
している。笑顔がゆっくりとこちらに向けられた。

「ありがとうございました」友子より一瞬早く、鮎川は頭を下げた。

冒頭のシーンを最後まで撮れずにいたのは、演出家が本ものの雨に
こだわったからだ。夕方から数時間に及ぶ"雨待ち"の甲斐があった
というものである。簡単な打ち上げが行われるようだったが、友子
はひととおりの挨拶を済ませると、進藤が運転する車の後部座席に
沈んだ。シャドーガラス越しに、若いスタッフと笑い合う鮎川の姿
が通り過ぎていった。

「おつかれさま」前方を見たまま、進藤が言った。

友子は微笑んだ。そのときどきの仕事が、友子本人にとっても本当
に好ましいものであった場合、進藤は必ず「おつかれさま」と声を
かける。そうでないときには「気の回んないADだったなぁ」だの
「あのぼろスタジオ、いつになったら直す気だろ」だのと、友子の
笑顔がもどるまで1人で喋っている。5年間完璧なマネージメント
を続けてきた彼は、友子の心のほんの小さな曇りにも敏感だった。

"見通されたくない"という気持さえ、お見通しなのかもしれない。
流れる夜景を眺めて押し黙っている友子を、進藤は自宅に戻るまで
放っておいてくれた。

デビューは6歳の時だった。100%果汁のジュースのCM。友子
に当時の記憶はほとんどない。

2年前に出演した映画で彼女は「化けた」のだそうだ。父親から金
を騙し取り、死に追いやった男に復讐する女子高生。実際、易しい
役ではなかった。ほめ言葉なのだろうが、まるで人ではない何者か
にされたようで落ち着かない。そういう些細なことが、最近やたら
心にかかる。

「大丈夫だよ」いつか、進藤が言った。
「それが正常なんだ。やだなと思いながら、うまくやり過ごす方法
を身につければいい。簡単なことさ」

進藤の運転は静かで的確だ。ベテランのタクシーのように抜け道を
すいすいと走り、30分ほどで広尾のマンションに到着した。
「ご飯食べていく?」ドアを開けてくれた進藤に言ってみた。
「パスタつくるけど。トマトソース」
進藤は笑って首を振った。やっぱり見抜かれてる、と友子は思う。

「友ちゃん」
「ん?」
「リセット」
「…」
「あさってから、写真集の撮影だよ」

翌朝のスポーツ紙にはもう、クランクアップの記事が載っていた。
『異色の顔合わせ』。性懲りもなくセンスのない見出しだ。友子は
出演者のコメント欄に目を転じた。

「撮影期間中はもう夢のようでした。友子ファンの皆さん、ゴメン
なさい。カミソリとか爆弾とか送らないで下さい(鮎川)」

友子は笑い出した。

明日からセブ島で10日間。写真集の撮影が済んで半月もすれば、
番宣で再会できる。もうちょっと気の利いたこと喋って下さいよ。
顔を見たとたんにそう言ってやろう。鮎川の小さな写真に向かって
微笑みかけた。

→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ