読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

二十歳の原石

2.事故


顔馴染みのウェイターが、「身体こわしますよ」と言いながら灰皿
を取り替えていった。その声で鮎川時男は我にかえり、ワープロの
画面から顔を上げた。

2時間ほど前に封を切ったウィンストンが、残り1本になっている。
いがらっぽい喉に冷めたコーヒーを流し込んで、時男は苦笑した。
上演のあてもない芝居の台本を、何だって俺は夢中になって書いて
いるんだ?

平日の午後で、店の中は空いていた。彼は椅子にもたれて腕を組み、
奥のフロアを掃除しているバイトの女の子をながめた。長い黒髪と
細い二の腕とが、館野友子の容姿を想起させた。

凄い子だったなあ。胸の中でつぶやいた。

いわゆる"天才子役"の扱いを受けた俳優は、年齢とともに輝かしさ
を失っていく。館野友子がそんな定説を見事にくつがえした稀有な
一例であることは、業界のだれもが認めざるを得ない事実だった。

決してたじろがない、ペルシャ猫の眼差し。撮影の間、時男は何度
も彼女の瞳にであい、そのたびにすいこまれそうになった。

共演したドラマの評判は上々だった。人気絶頂の館野友子と、毎年
『寝たくない男』の上位にランクされている時男との組み合わせが
視聴者の興味をひいたこともあるが、ベテランの脚本家を起用した
ストーリーは上質で、役者としてもかなり演じ甲斐があった。

そして本編の放送終了後から、時男のもとにはCMや脇役の依頼が
数件舞い込んできている。スターの威力、恐るべし。自分を推して
くれたプロデューサーには、いくら感謝しても足りないくらいだ。

テーブルの上で携帯電話が振動した。静かな店内ではマナーモード
でも結構な音がする。時男はあわてて立ち上がった。

「タテノトモコです」女の声が聞こえた。

はい、と時男は答えた。それが"あの"館野友子だと了解するまでに
何秒かかかった。テーブルに片手をついて、窓の外の真っ白に光る
夏をみていた。

「お仕事中ですか?」
「いえ」どうして僕の番号を、と訊きかけて、時男は思いだした。
半月ほど前、番宣で顔を合わせた。買い替えたばかりの時男の携帯
を友子は羨ましがり、無邪気な様子で手にとっていた…。

「それならよかったです」大人びた調子で友子は続けた。
「鮎川さん。お時間つくっていただけませんか?」
その言葉の意味を理解するのに、時男はまたしても数秒を費やした。
今ちょうど君のこと考えてたんだぜ。気心の知れた女友達になら、
そんな軽口もたたいてみせる時男である。だが相手は、たかが18
歳の少女とはいえ、立場的には明らかに格上の女優なのだ。

いたずら電話の可能性40%というところか。電話を切り、冷静に
なった頭で時男は考えた。また、本当に彼女であったなら事は慎重
を要する。へたな噂がたてば、自分はともかく館野友子のイメージ
に大きな傷がつくことになってしまう。

事務所の了解を得るのが適切だろう。いつも友子に影のごとく付き
従っている、進藤というマネージャーの名刺はもらってある。本人
に会ったら、まずは彼に電話だ。翌日、代官山の懐石料理店へ赴き、
奥の個室に案内され、女優と視線を合わせる瞬間まで、時男はそう
考えていた。

友子は端然と座って、ガラスの器で冷茶をのんでいた。

「立ってないで、どうぞ」笑いながら時男を見上げた。
「何みてるの? あたし、どこかヘンですか?」
友子はごく普通の青いワンピースに、ごく普通の白いカーディガン
を合わせていた。それでも、館野友子は館野友子だった。何の変哲
もない衣装が、隠しおおせぬ彼女の天性の輝きを、逆にどうしよう
もなく引き出してしまっていたといえる。

向かいの座布団に時男は座った。正座しかけて脚をくずした。その
とき友子がちいさな手で顔をおおって、小動物のような可愛い呻き
声を洩らした。

「…はい?」時男は間抜けな声を出した。
「ごめんなさい」指の間から、友子は笑ってみせた。
「すごく失礼ね。ゆうべ2時間しか寝てないんです」

そう言うと友子は冷茶を飲み干した。あー美味しい。吐息まじりの
口調は、無造作なくらいだった。時男もうつむいて冷茶を飲んだ。
ここまで来てそんなことは不可能なのに、見つめ返したらおしまい
だという気がした。そしてそんな辛抱は、30秒ともたなかった。

あっけなく魅了されていた。
おいおい小娘だぞ。自分で自分に言い聞かせても、後の祭りだった。

→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ