読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

二十歳の原石

3.失望


恋ならば、何度も演じた。でも、友子が友子としてだれかを愛する
ことは、まったく初めての経験だった。

以前にも増していきいきと輝きはじめた女優を見て、マネージャー
である進藤はうかつにも、彼女が雑念を振りはらったのだと勘違い
してしまった。実際、彼を警戒させるような不審な行動は一切みえ
なかったのだ。館野友子はあまりにも忙しすぎた。半年のあいだに
彼女が鮎川時男とまともに会えたのは、たったの3回きりだったの
だから。

鮎川は、友子の手も握らなかった。

ただ澄みきった静かな瞳で彼女を見つめ、しかもそれは完全に1人
の男から1人の女への視線なのだった。友子は彼の側にいるだけで、
飼い猫のように安らぎながらも、自由闊達な自分を感じた。居心地
のよさをそのまま最高の恋とみなしてしまうことに、なんの疑問も
おぼえなかった。

やがて写真週刊誌にすっぱぬかれたときも、全く動揺しなかった。
そんなことで彼と自分との関係がゆるぐわけがない。12年もこの
世界にいて悲惨な例をいくつも見ているにも関わらず、自分と鮎川
だけは別だと思いこんでいた。

彼女は鮎川に電話をかけた。戸外の雷雨の凄さを電話線越しに共有
しようというような、そんなはしゃいだ気分だったので、
「しばらく会えない」出るなりそう言われたときには、番号を押し
間違えたのだと思った。
「どうして?」無邪気に問い返した。
どうしてって。鮎川は悲しげにつぶやいた。

「雑誌のことね」友子は現実を取り戻した。
「大丈夫。私は全然気にしてません」
「僕は気にするよ」
「…」
「今はまだ噂の段階だ。でも本格化したら、君のイメージは本当に
ガタガタになっちゃうんだよ」

大きな石の塊が喉元につかえたようだ。友子は一瞬黙り込んだ。

「…イメージなんて」やっとのことでつぶやいた。
「大事にしなきゃいけない」鮎川はかぶせるように言った。いつも
の静かな声で噛んで含める調子なのが腹立たしかった。
「考えてごらん。君のために事務所がどれだけ金を使ったか」
「…」
「それだけじゃない。君は名前も知らない大勢の人間が、見えない
ところですごい努力をしてるんだ」

なぜこの人はこんなに冷静なのだろう。友子は思った。もし目の前
にいるなら、握り拳で叩きのめしてやりたかった。鮎川の言うこと
はもっともだ。もっともすぎてバカみたいだ。今は理屈なんて聞き
たくない。私は今すぐ、あなたに会いたいのに。何があっても何も
変わらないと、ただ抱きしめてもらいたいだけなのに。

「僕だって、劇団背負ってるんだ」鮎川は言った。
「こんなことで干されたら、一生後悔することになる」
その言葉で友子は話を切り上げた。のみならず携帯電話を壁に投げ
つけて破壊した。

しばらくの間は、移動だけでも容易なことではなかった。いわゆる
突撃レポーターという人々のマイクや、やけどの原因となるカメラ
から友子を庇い続け、進藤は生傷が絶えなかった。そんな中である
スポーツ紙が、1面にスクープ記事を載せた。館野友子は芸能活動
を一時停止し、海外へ留学するらしいというものだった。

記事をみて友子は笑い出した。
「センチメンタル・ジャーニーってことにしたいわけね」
その内容は憶測ばかりだった。怪しげな"関係者"が、突然の女優の
決意と恋の終焉との関係性を、もっともらしく述べ立てていた。
「1紙だけだし」進藤は溜め息をついた。
「あまりマジにはとられないんじゃないか。けさ大橋さんも『コレ
は嘘でしょう』って言ってくれてたし」
大橋とは、高視聴率を誇る情報番組のキャスターの名前である。

友子はぼんやりと、紙面の写真をながめた。それはたしかに自分の
ようだった。ネイビーブルーのワンピースを着ている。いつの記者
会見だろう。いくら考えても思い出せない。

「進藤さん」友子は言った。
「噂を本当にしてしちゃったら、ダメかな」

→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ