読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

二十歳の原石

4.主演女優


もともとテレビはあまり観ない質だった。しかし今朝、鮎川時男は
そのスイッチをいれた。8時台のワイドショー。どの局も同じ話題
を流していた。カメラのフラッシュに追いかけられる館野友子の、
折れそうな姿が映る。

観るのが辛くないはずがない。ただ時男には、友子の姿を目にする
手だてが他にないのだった。

降って湧いたような噂が真実で、彼女がほんとうにニューヨークへ
渡ってしまうのだとしたら。その想像は、時男の胸を押しつぶした。
かけがえのない宝石を、大海に投げ捨ててしまったような気分だ。
理性だけが、あれでよかったのだと弱々しく訴えていた。

情報は思いがけないところから伝わった。数日後TV局の廊下で、
以前時男の劇団に在籍していた坂井という男が声をかけてきた。

「彼女、ほんとに行っちゃいますよ」
顔を見るなり坂井は言った。彼は今、報道番組のADをやっている。
「いいんですか? 俺、鮎川さんはマジだと思ってたんだけど」
澄み切った青年の目から、時男は視線を逸らした。

増え始めた仕事に没頭するしかなかった。友子がアメリカへ発った
とき、時男はゴールデンタイムの連続ドラマに脇役で出演していた。
そしてだんだんと、当初のような3枚目イメージを強要されること
はなくなっていった。個性派バイ・プレイヤー。それが彼の、この
業界で得た新しい立ち位置であった。

…とある貸しスタジオの一室で、時男は腕を組んで座っていた。

金は何とか作れた。台本も完成している。問題は主演女優だった。
2年間ものも思わずに働いて、ようやく時男が皆に声をかけたとき、
すぐに集まったのは、失うものなど何もなさそうな、強靱かつ無骨
な男どもばかりだった。演劇雑誌に告知を載せてみると何と80人
あまりが集まったが、時男たちを喜ばせたのはその人数だけだった。
全員のオーディションが終わり、時男は茫然自失の態で、履歴書の
束をめくっていた。

「これで全部?」舞監の寺田に、時男は一応訊いてみた。
「です」うすぐらい声で寺田は答えた。ADの仕事を辞した坂井も、
あてのない世界旅行から戻ったばかりの二宮も、全員があまりにも
がっくりきていたために、扉を開けて入ってきた女の存在に、少し
のあいだ気づかないでいた。

その女は、肩から提げた大きなデイパックに、廊下で着替えてきた
ばかりらしいジャケットやジーンズを押し込みながら、息をはずま
せて立っていた。かすかに石鹸の香りがした。

「館野友子だ」坂井がつぶやいた。

時男は火の点いていない煙草をくわえたまま、荷物を床に置き直立
不動の姿勢をとる友子を見つめていた。
「突然申し訳ありません」友子は一礼した。
「今日、こちらのオーディションのことを知って参りました。受け
させていただけますでしょうか」

「履歴書はお持ちですか」時男は訊ねた。
早くも髪を束ねようとしていた友子は、両手を後ろに回した格好で
かたまった。
「今日ここへ来た人たちは、みんな書類選考を通ってるんです」
「…」
「だからいきなり入ってこられてもね」

「…館野美雪と申します」彼女は、彼女の本名を言った。
「1982年6月17日生まれ、20歳です。2年間、ニューヨークの
ジェイズ・アクターズ・スタジオで、歌と踊り、演技の勉強をして
きました。そして本日帰国しました」
「舞台の経験は?」
「ありません」

たじろがない、ペルシャ猫の瞳だった。

時男は立ち上がった。台本を取り、付箋をつけたページを開いた。
「館野美雪さん」
「はい」答えた声は、2年前よりも女の深みを帯びていた。

さし出された本を受け取り、館野美雪は時男を見上げた。回れ右を
して立ち位置に駆けもどる。1分ほど台本を読みこむと、ぱたんと
閉じた。顔を上げた。

白い光を内に包んだ、美しい立ち姿がそこにあった。

こみあげる思いに耐えながら、時男は彼女をみていた。
みがきあげた珊瑚の唇が、今、ひらこうとしている。

― 完 ―

2002.08.25
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ