読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

ラプソディ

1.片づかない女


朝なんて大きらい。目覚ましのベルを聴くたび、杏子はそう思う。

遮光カーテンのすきまから、くっきりとベージュの光が射している。
晴れだ。杏子は呻き声をあげ、重い頭を枕に押しつける。心身共に
インドア民族の彼女は、一日の始まりを鼓舞するような清々しい朝
の光を好まないのだ。だといって雨が好きだというわけでもない。
暑くもなく寒くもない、薄曇りの日が一番ありがたい。

寝返りをうったはずみで、サイドテーブルの目覚まし時計が、積み
上がった雑誌といっしょに床へ落ち、再び鳴りだす。床へ手を伸ば
してみたが、届かないとあきらめてようやく、杏子は起き上がった。

部屋の中は、思わず笑いだしそうなくらいに混沌としている。

"足の踏み場もない"とは、本当はこういう状態をあらわすのだと、
だれもがあらためて感心する惨状である。束ねかけたまま放置され
崩れた新聞紙、ビニールに包まれたままのクリーニング帰りの衣類、
カラになった酒瓶、等々…そんな障害物を素足ではねのけながら、
杏子は台所へとたどりつく。これでも一応彼女は主婦だ。ただ夫は、
半年くらい前から家に帰ってこない。妻の家事能力のなさが、彼の
想像範囲を超越していた、というのがその主な理由らしい。

台所兼居間の南側の窓近くに、グランドピアノが据えられている。
杏子の職業はピアノ教師だ。彼女にもプロ意識はあるとみえ、この
一角だけは比較的こざっぱりとしている。

しかし教師といっても、音大の講師でもなければ、自宅にこどもを
よんで教えているわけでもない。楽器店の2階の、アップライトが
1台あるだけの音楽教室が現在の職場。いかにも冴えない感じだが、
杏子は案外この仕事が気に入っている。家から徒歩10分の駅前。
始まりの時間も比較的遅い。生徒は大半が暇を持て余した老人で、
きわめてのどかな環境であることも性に合っている。

大島権三さんが、ブルグミューラーを弾いている。

曲のタイトルは『進歩』だ。しかし彼の腕前は、そろそろひと月に
なろうとしているが、まったく上達の兆しをみせない。

それでも杏子は熱心に聴き熱心に指導する。お年寄りたちは優しい。
杏子のような30をとうに過ぎた女を、まるで自分の孫のように、
慈しみと愛情にみちたまなざしで見てくれる。これだけ身体に応え
ない仕事なら、給料が安かろうと、受付の女の子が生意気だろうと、
文句を言うのは罰当たりというものだ。

権三さんのレッスンが終わって、見送りがてら廊下に出てゆくと、
茶色い髪の若い男が、待合室の長椅子に座っていた。そしてまるで
杏子を出迎えるかのように、真摯な態度で立ち上がるのだった。

杏子は相手の目を見たまま佇んでいた。

「こんにちは」と彼が一礼した。その手に抱えた楽譜を見て杏子は、
今日から新しい生徒が入ることになっていたのを思い出した。遅刻
ぎりぎりで入ったので、申込書類をながめる時間がなかったことも。

桐原和也という彼は、20歳の大学生だった。

最初のレッスンは、まるっきりの初心者以外は、自分の好きな曲を
まず聴かせてもらうことにしている。和也はトロイメライを弾いた。
破綻のない腕前だったが、印象に残るほどでもない。どっちにしろ、
杏子はほとんど聴いていなかった。ただ彼の横顔ばかりを見つめて
いた。

「習ったこと、あるんですね」演奏が終わり、杏子はつぶやいた。
「3歳から、高校2年まで。受験でやめちゃって」和也は答えた。
「今はバンドやってるんですけど、何か急にピアノ弾きたくなって」
「だったら、もっとちゃんとしたところで習ったほうが」
杏子の言葉に和也は笑い出した。退屈した大人の目が、三日月の形
になると急に子供のようだった。

「ここはちゃんとしてないんですか?」
「…」
「そんな商売気のないこと言っちゃダメじゃん、少なくとも先生は
ちゃんとしてると思いますけど?」
「あたし?」
「先週の今日は、ドビュッシー弾いてましたよね」
「…」
「レッスンの合間にひとりで弾いてるでしょう。俺、通るたんびに
聴いてたんだ。もう1度やるなら絶対あのひとに教わるんだって、
ずっと思ってた」

杏子は和也の微笑を見返した。この数か月ばかりでしわしわに乾き
きった彼女の精神に、澄んだ雫が落ちてきた。やがては土砂降りに
なりそうな、圧倒的な出会いの予感だった。

→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ