読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

ラプソディ

3.九月の向日葵


夢のような生活、というものがあるとしたら、今あたしが体験して
いるのが、まさにそれだ。杏子はそう考えながら、ステージの上で
ギターを弾いている桐原和也を見つめた。

少し頭が痛むのは、慣れないコンタクトレンズのせいかもしれない。
あるいは、この騒音だ…演奏されている音楽は、杏子にはまったく
理解しがたいものだった。わんわん攻めたてる大音響の、いったい
どの音を和也が出しているのやら見当もつかない。ただオレンジ色
のライトの中で、彼の横顔だけが美しい。

前の週、すべてのレッスンを終えた杏子が楽器屋の2階から降りて
くると、道をはさんだ向かいの喫茶店の前に和也が立っていた。
「心配だったから」それだけ言って和也はうつむいた。レッスンを
するべき40分の間、杏子は彼の腕の中で泣き通してしまったのだ。
言葉を見つけられないまま歩み寄った杏子の手を、和也がやや荒い
力で引き寄せた。

和也の部屋は、目黒川のほとりのワンルーム・マンションだった。
ベッドに横たわっていると、かすかな水の気配が伝わってきた。

あなたのこと教えて。固く締まった胸に指を這わせながら、杏子は
言った。和也はぽつぽつと途切れがちにしゃべった。実家が長崎に
あること。母親が12歳のときに亡くなったこと。新しい母と今も
何となく馴染めないこと。しかし義理の弟とは気があって、毎日の
ようにメールで連絡を取り合っていること。

年上の女に、母の面影を重ねているのかもしれなかった。それなら
それで構わない。今、このひとが自分を慕ってくれており、自分は
彼によって、恢復しつつあることはたしかなのだ…。

回想からさめると、和也がこちらをみていた。彼は演奏に集中して
いない恋人を責めるように、一瞬拗ねた顔をつくってみせた。微笑
を交わしあい、杏子はそっと水割りを啜る。ボルドー・レッドの唇
の跡が、グラスに残る。

昨日、和也は杏子の買い物につきあってくれた。彼が選んでくれる
品々は、今までの杏子には考えられないようなものばかりだった。
チュール地に大きな蝶の刺繍が入った、胸のあいたドレス。華奢な
かかとの赤いハイヒール。きらきらと光る十字架のペンダント。

「これだけはプレゼントさせて」
そう言って一番最後に和也が買ってくれたのが、ボルドー・レッド
のルージュだった。初めて贈られた口紅。杏子は静かに酔いながら、
グラスについた深紅色を指の先でふきとる。

ふいに、肩越しに声をかけられた。整った顔立ちの、だが和也とは
比べものにもならない凡庸な雰囲気の若者だった。杏子は瞳を上げ、
と艶然たる拒絶の微笑を投げた。

…数日後、職場の近くの喫茶店に呼び出された杏子の夫は、不可解
な変貌を遂げた妻の姿に、ただただ唖然としていた。

("はにわ"みたい)ともすれば口を開けてこちらを眺めている夫を
ながめて杏子は思った。ついこの間まであたしは、こんな愚かしい
顔をした男の前で、みじめたらしく唇を噛みしめていたのだ。本当
に信じられないことだ。

「慰謝料がわりに、あのマンションが欲しいわ」
エスプレッソを飲みながら、杏子は夫を見上げた。
「どうやらあなたのほうは、寝起きするお家が、どこかにちゃんと
あるみたいだしね」
「わかった」つりこまれて夫は素直に答えた。それから、まったく
不本意な嫉妬にかられて問いかけた。「男でもできたのか」
「あなたと一緒にしないで」杏子は笑顔のままで言い放った。

店を出ると、杏子は銀座方面の地下鉄に乗った。料理の本を買おう
と思っていた。恋をしている女が当然考えるがごとく、彼女も若い
恋人のために、心のこもった一皿を食べさせたいというわけである。
あの滅茶苦茶な部屋も何とかしなければ。和也なら「先生らしいや」
と笑うだけのような気もするが、せめて最初だけでも、すっきりと
片づけて迎えたいと思う。

地上への階段を上り、数寄屋橋の交差点を新橋方面へ渡ろうとして、
杏子は足をとめた。道の向こう、対角線上のビルの前に和也がいた。
遠目にもはっきりとわかった、それほど彼は美しいのだ。いつもの
ように手ぶらで、あらぬ方をみている。杏子は嬉しい偶然に、大声
で呼びたい気持にかられながら、信号のかわるのを待った。

和也が手を上げた。こちらに合図したのではなかった。ジーンズを
はいた子鹿のような少女が、彼に近づいた。遅いぞ、と言うように
その額を指先でつつく和也を、杏子は全身を固くして見つめていた。

声をかける元気はなかった。慣れぬハイヒールを履いた足をふいに
重たく感じながら、杏子はスクランブル交差点を引きかえした。

→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ