読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

ラプソディ

4.さかいめ


残暑は格別だった。エアコンのきいた杏子のマンションに、和也は
遊びにくるようになった。

音楽教室のほうはやめてしまった。
「俺、先生に会えればそれでいいみたいなんだよね」
そんなことを言いながら微笑まれると、杏子はもうとろけるような
心持になってしまう。

これでいいはずだ。杏子はそう思い、銀座で見たことは黙っていた。
考えてみれば、和也ほどの男の子に女友達がいないほうがおかしい
のだ。和也は年上の杏子に金をせびることもない。澄んだ瞳、腕の
力、何ひとつ変わってはいない。それこそが嘘偽りでない証拠だと
信じたかった。

恋愛は年齢よりも場数なのである。杏子は不安を軽減する手だてを
何ひとつもたなかった。ただ祈るような思いで、男の無垢な寝顔や、
くわえ煙草でコーヒーを淹れる姿を見つめているばかりだった。

ピアノの調律をたのまなければならない。いくつか様子のおかしい
キイがあるのに、気になりながら何日も過ぎている。杏子は鍵盤の
うえに横顔を伏せ、降り出した真夜中の雨を聴いている。

電話が鳴った。和也だと思い、杏子は飛び起きた。

「俺」と相手は言った。夫…いや、元・夫だった。
「久しぶりね。お元気?」
今さら"俺"もないものだと思いながら、杏子はおだやかに応じた。
「ああ」元・夫の声はしずんでいる。「雨だね」
「そうね」杏子は冷蔵庫へ行き、135ミリリットルの缶ビールを
取り出して開ける。

「離婚届だけど」元・夫は、言葉を吐息で押し出すようにした。
「出しちゃっていいんだよな?」

思ってもみなかった問いだった。
「出してないの?」思わず責める口調になっていた。相手の沈黙が、
受話器の中にひろがった。

「…わかった」
「…」
「わかったよ。明日出しとく。それじゃ」

翌日の夕刻、和也がやってきた。通り雨が降っていた。和也は浴室
に入り、杏子は玉葱をきざみはじめた。

どうしてこっちが罪悪感をおぼえなければならないのだろう。昨夜
の夫との会話が、まだ食道のあたりでくすぶっている。夫は愛人に
去られたのだろうか。そうしたら急に、自分は住めないマンション
のローンを払うことが、あほらしくなったとでもいうのだろうか。
勝手だ、どこまでも勝手だ。わざわざ雨の夜に、あんな声で電話を
かけてくるなんて。

「じょうずになったじゃない」背中で、和也の声がした。

「今日はオムライスをつくるわ」杏子は答えた。
「大丈夫?」可笑しそうに和也は、背後から杏子の腰を抱く。
「やめて、指切っちゃう」
「どうしたのさ」
「ねえ。あたし、妊娠した」

自分でもわからない嘘だった。和也は黙りこんだ。杏子の肩に顎を
のせたまま、感触で真実を見極めようとしているようだった。

「旦那の子じゃないわよ」杏子は精一杯賢いつもりで先回りをした。
「あたしたち、ずっとしてなかったんだから。夕べ、その旦那から
電話があったの。何だとおもう? 離婚届出していいか、だって。
まだ出してなかったのよ、信じられる?」

頬をすり合わせるようにして、和也の声はおちついていた。
「まだ先生のこと、好きなんだね」
「どうして?」
「でなきゃさっさと出すでしょ、離婚届」
「どうしてそんなこと言うの?」

腰にまわった腕が、怪訝そうにゆるんだ。杏子は握っていた包丁を
危ないと思い、いったんまな板の上に置いて、また手に取った。

「どうしてそんなにクールなの? 旦那とあたしのよりが戻っても
いいの? そしたら和也くん、もうここに来られないのよ」
刃が蛍光灯を反射し、和也は明らかに恐れをなして身を退けた。
「どうして逃げるの?」杏子は子供のように繰り返した。

大丈夫よ。こんなもので、簡単に人は死なない。心の片隅で冷静な
自分が苦笑している。なのに怖がっちゃって。ああ、でも怖がって
いてさえ、どうしてこの子はこんなにきれいなんだろう。

「どこにも行かないでね」杏子は微笑んだ。
「あたしにはもう、和也くんしかいないんだから」

ごとんと音がして、玉葱が流しへ滑りおちた。

 ― 完 ―

2002.09.22
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ