読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

9・11


翔太とわたしが初めてセックスしたのは、9月11日。1年まえの
今日だった。   

深夜にテレビをつけると、晴れ渡った空をバックに、旅客機が貿易
センタービルにぶつかり飛び散るところだった。わたしたちはその
光景を、最初のうちは気楽にながめていたと思う。だんだんに現実
の重みがひびきはじめたころ、ぎゅっとわたしの手を握った翔太の
指の温度をおぼえている。

「一瞬、祝福されてないんだと思ったよ」
何か月かたったあとに、翔太は言った。
「俺、あのときほんとに、生まれてから最高ってくらいにしあわせ
だったんだぜ。でもそんなの全然おかまいなしに、世界ではあんな
ことが起きてたんだ」

まちがいなく、歴史に大きなクレーターを残したであろうできごと。
無意識の予感があったのだろうか。荒れ模様の天気をものともせず、
新宿の喫茶店にサークル仲間数人が集まり、たいした話もないまま
だらだらしていた。1人減り、2人減りして、翔太とわたしだけに
なったのだ。翔太は思い出したようにカプチーノを注文し、だけど
ひと口も飲まないで、沈んでゆくミルクの泡を見おろしていた。

何十分も黙ったままなのに、気まずさは全然なかった。ただ2人で
雨音を聴いていた。外はもう本格的に嵐で、窓ガラスが豪快に洗い
流されてゆく。そんな天気だけが去りがたさの理由でないことは、
きっとお互いにわかっていた。

顔を上げると、翔太がわたしをみていた。

彼はすぐ笑顔に‐わたしの大好きなあの笑顔になったけれど、瞳は
はっとするくらい澄んでいて、たちまちわたしは動揺してしまった。
いったん目を伏せ、心の中で深呼吸してから、再びゆっくりと視線
をもどす。翔太は小さな、でもはっきりと聞きとれる声で言った。

俺ハ、遥ガ、好キダ。

わたしも翔太が好きだと思った。好きで好きで、その心を伝えよう
としたら、目の前にあるコーヒーカップを投げつけるとか、髪の毛
をかきむしって叫ぶとかしなければ、爆発してしまいそうだった。
やがて、どちらからともなく席を立った。レジでお金を払っている
翔太の背中…あのころよく着ていたブルーと白の格子縞のシャツと、
革の財布をジーンズのポケットに押し込む仕種を、わたしは不思議
な思いで目に焼きつけていた。

翔太の部屋にたどりつくころには、2人とも完全に余裕をなくして
いた。順番も考えられず、びしょ濡れのまま、滑稽なくらい乱暴に
抱きあった。

眠りから覚めると、すっかり夜が更けていた。翔太とわたしは至近
距離で顔を見合って驚き、寝てた? 寝てた、と言い合い、さすが
に照れて目をそらした。突然お腹が、きゅるきゅるとかわりばんこ
に鳴った。

ひとしきり笑いころげたあと、翔太は冷蔵庫に行き、とりあえずと
ビールを投げてくれた。せえの、で缶を開け、今自分たちは、地球
上でいちばん幸福な2人だと感じたものだ。

野球の結果を翔太が知りたがったので、リモコンでテレビをつけた。
初めは映画だと思った。ところがチャンネルをおくると、どの局も
同じ映像を流しているのだった。

何これ。まるでわけがわかっていなかったが、それでもわたしの声
には切迫したものがあったらしい。翔太はフライパンを持ったまま
やってきて、しばらく一緒に画面を見つめていた。

戦争になるかもしれないね。翔太がつぶやき、それだけでわたしは、
自分たちも瞬く間に、"そこ"に巻き込まれるのだと感じた。翔太が
戦地にかりだされてゆく姿さえも、あざやかに想像した。

いっぺんにいろいろなことを考えた。始まったばかりのわたしたち。
こんなにも愛しい、かけがえのない存在。そんなものすべてを一瞬
のうちにうばい去るできごとがあるのだ。その可能性は、あるいは
限りなく低いのかもしれない。でも、決してゼロでもない…。

「今は、こう思ってる」
1年めの今日、翔太はわたしに言った。
「毎年この日が来るたび、俺は自分に喝をいれなおす。そうやって
いくのが役目のような気がするんだ。だれかに命令されてするわけ
じゃない。俺は神なんて信じてない。でもあのときね、俺にとって
ハルカがどのくらい大切かっていうのが、心底、全身に沁みたんだ。
これってたぶん基本なんだよ。世界中の人がみんなこういう気持で
いたら、この世の終わりは、きっと来ない」

人間は便利にできている。悲しいこと、いやなことは、忘れられる
のならどんどん忘れてしまう。立ち止まった人たちを置き去りに、
2時間後のランチや、来月の休暇や、3年後の可能性を、何の確証
もなく、手にとってながめるように考えている。

この1年、翔太もわたしもそうだった。ただ、時おり‐ほんとうに
ごくたまにではあるけれど‐心細さに思わず手をつないだ。現実の
ものとも思えない都会の夜景や、澄みきった美しい夜明けに出会う
とき、一緒にいて呼吸しているこの瞬間を、信じがたい奇蹟のよう
に感じていた。

できることなら、わたしはずっと翔太と生きていきたい。でももし、
悲しいけれど別れてしまう日が来ても、忘れることは決してない。
1年まえの今日、全身で伝え、全身で受けとめた思いを忘れない。
あのニュースのあと、2人して無言で食べた、翔太が焼いてくれた
オムレツの味を忘れないのと同じように。

夏のなごりの日射しが、舗道に降りそそいでいる。

少しだけ歩をゆるめて、わたしは隣を歩く翔太の姿をたしかめる。
洗いざらしのシャツとジーンズ。寝癖っぽい髪。けれど、しっかり
と前を見ている横顔。足は一歩一歩、確実にアスファルトを踏んで
いる。

翔太は振り向き、手をさしだす。手のひらを合わせ、ちょっとずつ
力をこめる。大好キダヨ。心の声が鼓動みたいに伝わってくれたら
いいと思う。答のかわりに口笛が流れた。やさしいメロディーが、
胸の奥に火をともす。

しずかに心をふるわせながら、わたしは歩く。翔太と同じ速度で、
歩きつづけてゆく。


― 完 ―

2002.09.29
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ