読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

フラジール

1.ナンバー・ワン


"待合室"のソファーに座っていると、吉川さんが壁のスピーカーを
通して、ぼくの名を呼んだ。ぼくは膝の上の『anan』をラック
に戻して立ち上がり、続き部屋に入る。

「Mホテルだ」吉川さんはぼくの顔を見て、穏やかに告げた。
「1227号室。気をつけてね」
吉川さんの左手には小指がない。その手から、ホテルの名前と部屋
番号を書いたメモが渡される。

どんなに近場でも、移動はなぜか必ずタクシーと決められている。
通りに出ると、ちょうど空車が走ってくるところだ。不思議なもの
で、タクシーは乗り慣れるほどによくつかまるようになる。待つ暇
もなく、向こうから近づいてきてくれるようになるのだ。後部座席
に乗りこんでホテルの名を告げれば、車はまるでお抱えリムジンの
ごとく、しずかに従順に走りだす。

1227号室で待っていたお客は、1人ではなく2人だった。

従業員教育のつもりなのか、吉川さんはたまにこういうことをする。
『叶姉妹』ばりにゴージャスな雰囲気の彼女たちは、窓辺で長い脚
を組んで座ったまま、ぼくの姿を上から下へとながめ下ろした。

はじめてのお客は、ぼくを見ると明らかに戸惑った様子をみせる。
こういう商売の男というと、どうしても歌舞伎町あたりのホストを
連想するらしい。透明人間にでもなれそうなくらい、地味で平凡な
ぼくの見た目は、彼女たちを拍子抜けさせる。それが狙いなんだ、
と吉川さんは笑う。

1時間後、『叶姉妹』は意外とあどけない寝顔をみせて眠っていた。
ぼくはふたつの真っ白い身体に毛布をかけてやり、テーブルの上の
新札の束‐20万あるはずだ‐をざっと数える。

いまだに自分が、大金を稼いでいるという実感がない。

2年前に渋谷のドトールで吉川さんに声をかけられて以来、ずっと
そうだった。自分に才能(こういうことも"才能"と呼べるならの話
だが)があるとは思えない。何か変わった努力をしているわけでも
ない。お客の話題についていけるよう、"待合室"の女性雑誌を読む
くらいのことはするけれど、それで女の人の心がわかるようになる
とも思っていない。

もう1軒別のホテルへ回るはめになり、帰宅したのは11時だった。
「お帰り」玄関のドアが開いて、ユキがほほえんだ。

新婚の妻らしくぼくの上着を受け取り、ブラシをかけてハンガーに
かけるユキは、ゆるやかなジャンパースカートを身につけている。
7か月のわりにお腹のふくらみは目立たないけれど、その足取りは
どこか危なっかしい。ハンガーをカーテンレールにつるそうとして
つま先立つのを、思わず駆け寄って後ろから支えた。

「大丈夫だよお」ユキは笑って首をあおのける。
「先に寝てなって言ったでしょ」言いながらぼくは、そっとユキを
抱きすくめた。シャンプーのいい香りがする。

ぼくのためにユキは毎晩、消化のよさそうな晩飯を用意してくれて
いる。帰りが遅いのは会社の仕事のせいではない。結婚するとき、
吉川さんのところをやめることを、考えなくはなかった。なかった
のに、と思いながら、ぼくは箸をとる。

食べているぼくの傍らで、ユキは昼間みたテレビの話をした。人は
前の晩に寝た時刻から15時間後に眠くなるのだそうだ。
「あたしの場合、それって3時くらいなの。ほんとだよ、おやつの
時間。もう、首ぐらんぐらんするくらい眠いの。もしかしてあたし、
リラックスしすぎ?」
笑って話すユキの顔をみているぼくも、しずかに安らいでゆく。
 
朝は、あっという間にやってくる。

コピー機の販売会社が、ぼくの本来の職場だ。去年までは営業部に
いたが、春から事務に回された。クビ寸前という予感もある。そう
なったとしても当面は困らない意識があるのは事実で、それは自分
でも決して気分のいいものではないのに、あいかわらず力は抜けた
ままだ。

午後2時。ぼくはユキの話を思い出している。ぼくが寝たのは午前
2時だ。まだ12時間しか経っていないのに、何でこんなに眠いん
だろう?

目の前の電話が鳴った。ぼんやりとながめていると、向かいの席の
酒井さんが、あきれた顔でぼくを見ながら受話器を上げた。
「ササキさんだって。男の人」そう言って、こっちに受話器を差し
出した。

「ごめんね仕事中に。携帯がつながらなかったもんだから」
吉川さんだった。うちのオフィスは、携帯の電源オフが鉄則なのだ。

「イレギュラーな仕事だから、無理なら断って構わないよ。昨日の
『叶姉妹』ね、君の言う。彼女たちが是非にと再度ご指名だ。夕べ
とおなじ部屋ですでにお待ちかねなんだけど、都合はつくかい?」

結局、「実家の母親の入院」というバレバレの嘘をついて早退した。
いよいよクビ間近だな。秋風に少し眠気がさめるのを感じながら、
ぼくはタクシーに手を挙げた。


→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ