読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

フラジール

2.ビーズの午後


だれかに呼ばれたような気がして、あたしはビーズ細工の手元から
顔を上げた。

網戸越しの風が、レースのカーテンを揺らしている。今日はすこし
気温が高い。晴れているし、散歩でもすれば汗をかくかもしれない。
ほんとは運動したほうがいいのに、意外と体重が増えないのをいい
ことに、最近のあたしはほとんど表へ出ないでいる。買い物は週末
に健司が車で連れて行ってくれるし。ひとりで行くよりはふたりで
行って、1週間分豪勢に買ったほうが楽しいに決まってる。

ブルーのビーズが日射しにきらめいて、あたしはしあわせな気持だ。
午後の時間はまだうんとある。健司が帰ってくるまでに、約束して
いた携帯ストラップを完成させてしまおう。

アパートの前、道を隔てた向かいに月極の駐車場がある。ここから
でも、ちょっと首を伸ばせば見える。黄緑色のワーゲン・ビートル。
ぴかぴかの新車だ。先月のある日曜日、健司はふらっと出かけたと
思ったら、いきなりあれに乗って帰ってきたのだ。

「俺だって、たまには買い物するさ」
キーをあたしの手におとして、健司は笑った。彼はとっても物持ち
がいい。学生時代のポロシャツを今も大事に着ているのを、いつも
あたしにからかわれるから、そんな言いかたをしたんだと思う。

強盗なんかしてないぜ。健司はあたしの目をのぞきこんで言った。
わかってるよ、とあたしは答えた。健司は人に迷惑がかかるような
ことは、どんなに小さなことだってやらない。お金は、多分どこか
にあったんだろう。もともと、少しのぜいたくもしない人なのだ。
4年間会社で働いてきたのだから、たくさん貯金があったって何も
おかしくない。

ねむけがおそってきた。さっきからお茶が飲みたいのに、立つのが
おっくうでごまかしている。手を動かせば眠くないはず、あたしは
頭が悪いから、じっと考えようとするだけで、反射的に眠くなって
しまうのだ。今晩のおかずは、隠し味にカレー粉を入れた肉豆腐と、
大根のスープとかぼちゃサラダ。下ごしらえはすんでいるから、夜
まで時間はたっぷりある。

健司は、神さまみたいな人だ。

いつもしずかに笑っている。無口で、でもときどきしゃべる言葉は
全部正しい。やさしくて、平等で、そしてどんなときでもクールだ。
殴ってもゆさぶっても、きっと怒ったりしない。神さまはみんなを
見守る役目だから、いちいち取り乱してたら身がもたないのだ。

でも、神さま自身はそれでしあわせなんだろうか。

泣いたり怒ったりしてみれば、もしかしたらそれで、何かが変わる
かもしれないのに。ほんとはどうなんだろう。あたしは健司といて
しあわせだけど、健司はあたしといてどうなんだろう。

健司はケガをしている。だけどあたしには、その傷口が見えない。
ただ、真っ赤な血を流れている、それだけを感じる。どうすること
もできない。あたしは、健司のことが大好きなのに。

ちゃぶ台にひざをぶつけないように、ゆっくりと立ち上がる。一度
それでビーズをばらまいてたいへんだったのだ。今やあたしは床に
はいつくばったりできないので、結局ぜんぶ健司がさがしてくれた。
懐中電灯で照らして、何だかとても楽しそうだった。あ、光った。
宝探しみたいだな。台所まで飛んでいったのを見つけだして、大切
そうに手のなかに握らせてくれた。

健司はやさしい。やっぱり神さまだ。そうとしか思えない。そうで
なければ、顔も知らないだれかの子を妊娠している女と、結婚して
くれるわけがない。

ふいにお腹が、中から蹴られた。最近、あたしの考えていることに
すごくよく反応するようになった。ごめんね。あたしはそっとお腹
をさする。別にあなたを嫌ってるわけじゃない。ただ、すこしだけ
心配なんだ。あなたのパパになるひとは、何だか神さまみたいなの。
あたしは神さまの奥さんなんか、つとまるのかな?

ケトルに水を入れる。ミルクティーを飲もうね。あたしは赤ちゃん
にそう言って、ガスの火をつけた。


→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ