読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

フラジール

3.秋


ユキと初めて会ったのは、6月の終わりの雨の日だった。

それは初夏とも思えない肌寒い日で、なのに会社のエアコンは一向
に融通をきかせる気配もなく稼働していた。ぼくは一日中Yシャツ
の下で鳥肌をたて続け、夕方になると頭が痛み始めた。

駅のホームから携帯電話で、吉川さんに連絡をいれた。吉川さんは
ぼくの"日ごろの労"をねぎらい、ゆっくり休むように言ってくれた。
気がらくになると体調もましになった感じで、無性に熱いコーヒー
が飲みたいと思った。

自動販売機のボタンを押したところで気がついた。全てのボタンの
下には「COLD」と書かれている。6月の自販機には冷たい飲み
ものしか入っていないのだという事実に、ぼくはかなり愕然とした。
落ちてきた缶を惰性で取りだしたとき、視線を感じた。

振り返ると、ひとりの女がこっちを見ていた。

髪の長い、細くて小さなひとだった。ぼくよりずっと寒そうだった。
スカートのすそは湿り、レモン色の傘の先から、雨の雫がぽたぽた
としたたり落ちている。そして血色を失った手には、コーヒーの缶
が握られていた。

思わず笑いかけると、女も笑った。笑うしかないという感じだった。
ぼくは彼女の隣に座り、まず缶を取り上げてやった。だってあまり
にも冷たそうだったのだ。すると彼女は‐ユキは‐笑ったまま下を
向いて、すとんと呟いた。

「行くとこ、なくなっちゃった」

嘆くでもなく、救いを乞うでもなく…あるいはそれも作為だったの
かもしれない。でもぼくは、それで突き落とされた。このまま2人
で部屋に帰り、2本の冷たい缶コーヒーを鍋で温めて一緒に飲もう。
本当にそうしたいと思い、本当にそうしてしまった。

…『叶姉妹』に、やや過激なひとときのお相手をさせられたあと、
さすがに疲労をおぼえながら、ぼくは地下鉄に乗った。ガラス窓に、
幽霊みたいな男の顔が映っている。こんな様子をユキに見せたら、
大さわぎして体温計でも出してくるかもしれない。

ドアを開けて、「ただいま」の声をのみこんだ。
ユキが窓がわの壁にもたれて眠っていた。

部屋いっぱいにあふれるママレード色の夕陽の中に、彼女はいた。
右の手のひらを、大切そうにお腹にあてて目を閉じている。長い髪
がさらさら金色に輝きながら頬にかかり、小さな唇はたのしい夢を
みているみたいに、かすかにゆるんでいる。

ぼくは一瞬、自分が神になったような錯覚におちいり、そんなもの
は信じていなかったことを思い出して、苦笑した。

あたらしい生命の宿った身体のふくらみに耳をあててみるという、
若い父親ならば、だれもがやりそうな儀式のことが頭に浮かんだ。
でもぼくは何もしなかった。ただ、うつくしいユキの姿をみていた。
哀しいくらいに平和で幸福な、夕暮れの情景。

足音をたてないように台所に立った。流し周りはきれいに片づいて
いて、水玉模様のマグカップが1つだけ、洗いカゴに伏せてある。
コンロの上の鍋を開けてみると、肉豆腐と大根入りのスープがすで
に出来上がっていた。

せっかく早く帰ってきたのだ。ユキが眠っている間に何かもう一品
つくっておこう。冷蔵庫を開けてみたが、小鉢に入ったかぼちゃが
目についただけだ。そうだ、今日は金曜日で、1週間分買いだめた
食料が底をつく日なのだった。

駅前商店街まで行って、魚を買ってくるか。帰ってくるときに前を
通って見た、サンマがぎらぎら旨そうだったし、サバの煮つけでも
いい。サンマだったら、いっそ七輪も見つけてこよう。近所迷惑も
かまわず、ベランダで盛大に煙を立てる。悪くない。

自分の思いつきに満足して、ぼくは外へ出た。薄暗さを増してゆく
西の空を左に眺めつつ、5分ほど歩いたところで、財布を鞄の中に
置いてきた気がして立ち止まった。

内ポケットに手を入れてみた。財布はやはり入っていなかったが、
かわりにきらりとした痛みを指先に感じた。

『叶姉妹』の金だった。"手の切れそうな"とはよく言ったものだ。
ぼくはポケットから手を抜き、指先の小さな赤い血の粒をながめて
あーあ、と思った。あーあ。

血は、何の味もしなかった。いっぺんに疲れが出て、ガードレール
に寄りかかるように座った。深いブルーの空に、見逃しそうに細い
三日月が懸かっていた。


→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ