読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

フラジール

4.夢


うっかり寝すごした夢をみて目を覚ましたら、ほんとうに何時間も
眠ってしまったようだった。あたしのからだにはいつの間にか毛布
がかけられ、部屋の中はなつかしい温かさにみちていた。

健司が台所に立っている。しずかな横顔で、菜箸を持って。健司は
左ききだ。そのことをあたしは、見るたびに思い出してはっとする。
ぴちぴち油のはねる音。いい匂いがして、お腹がぐるぐると鳴った。
きっとはるまきだ。チーズとハムが入っている、健司の得意料理で、
あたしの大好物。

健ちゃん、と呼ぶと、健司はこっちを見て笑った。立ち上がろうと
したら、菜箸を持ったままとんできた。抱き起こしてくれるのを、
あたしは両腕をまわして抱きしめた。

どうしたの、と健司がきく。ききたいのはこっちだ。夢であたしは、
健司をさがしていた。知らない町で電車に乗って。すごい非常事態
なのに、なぜか居眠りをして、降りるべき駅を通りすぎてしまった。
そこで必ず、ふたりは会えたはずなのに。

「ユキ」頭の上で声がした。「ストラップ、ありがとう」
あたしは思わずあっと言った。ちゃんとラッピングして、リボンも
つけてあげるつもりだった。ついちゃぶ台の上に置いたままで寝て
しまったのだ。見ると健司の携帯は、もうちゃんと、青いビーズと
つながっていた。

あたしを立たせてくれて、健司は台所に戻る。肩越しに覗きこむと
やっぱりはるまきだった。何となく窓のほうを見て、外が真っ暗で
ないのに気がついた。時計を見たら、まだ5時半だ。

「早退けしてきたの?」今さらと思いながらたずねた。
「もしかして、具合悪いの?」
健司は油の中を見つめたまま、「いや」と小さな声で言った。菜箸
でゆっくりと、揚がったはるまきをペーパータオルにのせていく。
何でだかあたしは、じっと息をつめてそのしぐさを見ていた。

「ユキ」
「はい」
「俺、会社やめようと思うんだ」

健司はお箸を置いて向きなおり、あたしを見た。まっすぐな視線。
こんなの、今までなかったことだ。あたしはこわくなり、だけど今
目をそらしたらおしまいだと思った。夢で駅を乗り過ごしたように、
これをのがしたら、健司は永遠に神さまになってしまう。

「やめるんなら今のうちだって気がしてる。なしくずしで今の会社
入ったけど、やりたいことがなかったわけじゃない。もうじきユキ
はお産なんだし、夢みたいなこと言ってる場合じゃないってことは
わかってる。わかってるけど、でも、今じゃないと俺、」

健司はふいに黙った。それからあたしを抱きよせた。つよい力で、
一瞬息がとまりそうになった。いつもみとれてしまう、きれいに爪
を切った指の長い手を、背中に感じた。震えていた。あたしは彼の
ほんとうのまなざしを見て、ほんとうの声をきいている。

「大丈夫だよ」抱きしめる力で答えた。
「こわくないよ。健司と会ってからあたし、こわいものなんてなく
なったもん。何がどうなっても平気。全然大丈夫」
半分は嘘だった。だけど今、ほんとうにすべての不安が消えさった。
神さまなんかじゃなく、ただ、あたしの大好きな健司がここにいる。

顔を上げると、まぶたにキスがおちてきた。それから頬、唇、首筋、
健司はあたしのからだにそってくずれるようにひざを折り、最後に
ふくらんだお腹に顔を伏せた。ああ、とあたしは思い、どっと涙が
あふれ出した。

そのとき、赤ちゃんが動いた。

健司とあたしは、同時に小さく叫んだ。両手をぎゅっとにぎり合い、
もう何も言わなくてよかった。たしかなもの。ふたりがこれから、
一緒にそだてていくもの。

はるまきはとても美味しかった。健司はめずらしくビールを飲んで、
面白い話をいっぱいしてくれて、あたしはずっと笑いころげていた。
夜が更けて、はじめて同じふとんで抱きあって眠った。そして今朝、
健司はあたしのつくったピザトーストを元気に食べて出ていった。

「今日は遅くなるかもしれない。でもそれで最後だよ。明日からは
絶対、毎日早く帰ってくる」

時計の針が真夜中を過ぎた。でも、寝てなんかいられない。今ごろ
健司は、最後の仕事を一生懸命片づけているのだ。だからあたしも
赤いビーズで、せっせと自分用のストラップを編んでいる。携帯は
持っていないから、キーホルダーのかわりにするつもりだ。

夜は長い。時間はたっぷりある。健司はまだ帰ってこないけれど、
あたしにはもう、こわいものなんか何もない。

― 完 ―

2002.10.27
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ