読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

あなたに似た人

1.少年


はっとするほど澄んだ目だった。絶対におかしい、二十歳をとっく
に過ぎた大人の顔に、こんなものがついていることは…大きな傘が
こしらえた青い影の中で、彼女は彼のまなざしを見上げていた。

            〜*〜*〜*〜           

「結婚するんだってね」
雨の中を並んで歩きながら沼二(しょうじ)は言った。その口調には
かすかな祝福の響きさえ含まれていて、涼子はかえって胸の辺りが
重くなるのを感じた。沼二と言葉を交わすのは、随分久しぶりだ。
歩いて数分の距離に住んでいるのに、意識的に出くわすのを避けて
いたと思う。

一問一答のかたちで、数か月前には報告すべきだったことを話した。
婚約者の澤田は会社の同僚で、5つ年上。課は別だが同じフロアで
働いており、しょっちゅう故障するコピー機が縁で親しくなった。
式は来年の3月、涼子の24回めの誕生日。今月末で彼女は仕事を
辞め、いわゆる花嫁修業に入ることになっている。

よかったね。雨に消されかけた沼二の声に、涼子は何度めかで顔を
上げた。傘を持つ手と反対がわの、白いセーターの肩が濡れている。
「ごめんなさい」
涼子は、涼子本来の率直さを取り戻しながら言った。
「話さなきゃと思ってたんだけど、何となくきまり悪かったんだ」

なぜとは訊かなかった。沼二はただ、ちいさく首を振った。いつの
ころからか涼子は、幼なじみであるこの青年の心をおしはかること
ができなくなっている。例えば、沼二は憶えているのだろうか。彼
が8歳の、涼子は7歳の、小さな可愛らしい約束を。

「実は僕もニュースがある」
空気を持ち上げる調子で、沼二が言った。
「来年、ボストンに行くんだ」
「ボストン?」
「生物工学会っていうのがあってね。教授が声かけてくれて、いい
経験だからって。助手みたいな形で連れてってもらうことになった」
「ほんとに? すごいじゃない」
「論文書かなきゃいけないのがね、気が重いんだけど」

照れた笑顔は昔のままだと思う。胸にせまるものを感じつつ、涼子
は雨を見つめた。学問の世界のことは自分にはよくわからないが、
沼二がみとめられていることは確からしい。幼いころから生きもの
を愛していた彼のひたむきさは、そのまままっすぐ生物学への道に
つながっていったのだ。

学者になるんだね、沼ちゃんは‐高校生のとき、すでに周りのだれ
よりも白衣が似合っていた沼二を思い出し、涼子はあらためて顔を
上げて、心からおめでとうと言おうとした。

「ごめん、」
沼二の声と、涼子がこめかみあたりにちくりと痛みを感じたのが、
ほとんど同時だった。急に立ち止まった沼二が涼子の頬に触れかけ、
涼子のほうは反射的に身をひいたのである。腕時計にひっかかった
のだろう、見ると沼二の左手には、数本の長い髪の毛があった。

硬直したように握りしめたまま、ごめん、と沼二は重ねて謝った。
とまどったあげく、その手をポケットに押し込んでしまった仕種を、
涼子はむしろ不器用な優しさの表れと感じた。何の迷いもなく地面
に落とされたら‐それが普通なのだろうが‐やはり寂しい気がした
に違いない。

「結婚式、よんでね」家の前まで送ってきて、沼二は言った。

気持ちよく晴れた日の夕暮れに、ふいに降りだした雨だった。傘は
持っていなかった…まるで知っていたかのように改札に立っていた
沼二を、涼子はほんの一瞬、うす気味悪いと思った。

「スピーチやるよ。新婦の幼なじみ代表」
「そう? お願いしちゃおうかな」
「涼子のこと、一番よく知ってるのは僕だから」

思えば沼二には昔からそういうところがあった。お互いに別の相手
とつきあっていた時期もある。けれど涼子は沼二の、静かにすがる
ような瞳を常に感じながら過ごしてきた。ときに心地良く、ときに
わずらわしいそのまなざしから、最後の最後で彼女は逃げた。恋人
とみとめあったことは一度もないのだと、自分に言い訳をしながら。

玄関先の屋根の下から見送った。沼二は一度も振り返らなかった。
水をはねながらかすめ通っていく車にも反応せず、背の高い後ろ姿
は、ゆっくりと遠ざかっていった。


→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ