読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

あなたに似た人

2.悪夢


さっきまでバラ色だった空が、いつの間にか漆黒に変わっている。
天気はいいはずだ、その証拠に月が青い。星がまったく見えない
のは、非現実的な光を放つレインボー・ブリッジのせいだろう。

「たしか3人だよ」
差し向かいでカルボナーラを食べている澤田が言った。
「…3人?」
「だから、世の中に存在するっていう、自分と似てる奴の数」

澤田のパスタの食べかたは豪快だ。重なり合った麺をまずフォーク
でざくざく断ち切り、10センチ長さぐらいの固まりにしておいて、
1つずつ大口で平らげてゆく。つきあい始めて最初に好きになった
のが、見る者まで大食漢にしてくれそうな、この食べかただった。

膝の上のブランケット‐防寒のために店が用意してくれている‐を、
涼子はそっと引き上げた。

世界には3人、自分と似ている人間がいる。その3人の中の1人が、
たまたますぐ近くで生活していたということなのか。自分から持ち
出したくせに、それは婚約者との幸せな時間に、青空の彼方の黒雲
のような不安をしのびこませる話題だった。

「コーヒーは中で飲む?」
涼子の表情のうつろいに、澤田は意外と敏感だ。11月のテラス席
にわざわざ陣取る酔狂はカップルの特権だが、浮かれた気分だけで
やせ我慢をしつづけられるほど、彼らは若くない。そうねと涼子は
笑い、バジルソースの絡んだフェットチーネを勢いよくフォークに
巻きつける。

自分とよく似た…いや、見た者はみな彼女だと思いこんだのだから、
瓜ふたつと言うべきだろう…女を見たという話を、涼子はこの半月
ばかりで、3回も聞かされた。

最初は、隣町に住んでいる祖父からだった。祖父はうわずった声で
電話をかけてきて、いきなり「嫁入り前の娘が」と怒鳴りつけた。
2度めは会社の同期の亜美だ。夜更けの六本木で、黒人の男たちと
一緒にいる涼子を見たという。3度めは高校時代の同級生。これも
「彼にバレたらどうするの」と電話をくれた。

祖父の見た"彼女"は、人通りの盛んな駅前の舗道で、男の首に両腕
をからめて派手なラヴシーンを見せつけていたらしい。他のケース
もほぼ同様、つまり、人目もはばからず痴態を披露していたという
状況が一致している。

「詳しく描写するのは止めとくわ」亜美はそう言って笑った。
「よく考えたらあの子、メイクも濃かったし…うん、人ちがいよ。
涼子があんなことできるわけがない」
"あんなこと"って。涼子は二の腕に鳥肌が立った。

海風に伸びをしつつ、澤田が目の前を歩いてゆく。健全なる精神は
健全なる身体に宿る。ローマの詩人の言葉を実現したような好青年
の彼がその女を目撃したら、いったいどんな感想を抱くのだろう。

考えていたせいで、立ち止まっていた澤田にぶつかってしまった。
笑いながら目を上げると、グラスワイン1杯で酔ったと言っていた
彼の、蒼白な顔があった。

たずねる間もなく抱きすくめられた。どちらかといえば小柄な澤田
の顎に、涼子の額がかるくぶつかる。震えている彼に比べ、涼子の
ほうは辺りの様子を窺うだけの余裕があった。海を見渡すオープン
デッキにいる2人連れはみな自分たちの世界にこもり、他に注意を
はらう様子はない。涼子はゆっくりと顔を上げた。

婚約者らしい礼儀正しさで、優しい穏やかな愛情だけを示してきた
澤田の、初めての暴力的な口づけだった。息がとまり意識が遠のき
かけて、涼子は必死に彼の肩にしがみつこうとした。

次の瞬間、男の身体を強く突き放していた。

どうしてそんなことが起こったのかわからない。気がつくと地べた
に座り込んで、両手で顔をおおっていた。指のすき間から、澤田が
這い這いの格好で近づいてくるのが見えた。

バッグの中身が、派手に散らばっている。拾いあつめる澤田の手。
最後に手にしたラベンダー色のハンカチは、先週彼が買ってくれた
ものだった。

「あたし…」涼子は呟いた。
「だいじょうぶ?」澤田の表情にはただ純粋な心遣いだけがあった。
そっと抱き寄せようとする腕に身体をあずけると、ごめんねと囁き、
背中を撫でてくれる。謝らなきゃならないのは私だ。涼子は悲しさ
と申しわけなさとで、涙がこみ上げてくるのを感じた。

「一瞬、眠っちゃってたみたい」
できる限り正確に、彼女は説明しようとした。
「そのあいだに夢をみたの。すごく、怖い夢だったの」


→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ