読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

あなたに似た人

3.常緑樹


涼子の父は、9年前に事故で死んだ。残された涼子と母のことは、
祖父がなにかと親身に面倒をみてくれる。決してほめられた親でも
夫でもなかった息子の、罪滅ぼしのつもりもあるのかもしれない。

高校入学の直前まで同じ家で暮らしていたにも関わらず、涼子には
父の記憶がほとんどない。無精髭の頬、つめたく荒れた手のひら、
「リョーコ」と呼ぶ、男にしてはやや甲高い声…強烈に残るいくつ
かのイメージさえ、涼子は自分でも容易には探し出せない、心の奥
の奥底へしまいこんでいるつもりだった。

父に最初に傷つけられた日、涼子が逃れていった先は沼二だった。
12歳の時だ。両親を早くに亡くした沼二は、親戚が雇ったという
家政婦と2人きり、だだっ広い洋館に暮らしていた。

真冬の、重く曇った夕暮れだった。涼子は椅子の上で膝を抱えて、
紅茶を淹れる沼二をみていた。彼は中学に入ったばかりだったが、
背はすんなりと伸び、学生服の背中が大人びていた。

タイルばりの台所は寒々として、それでも自分の家よりずっとまし
だと思ったことを憶えている。そんな心を読んだように、沼二は肩
越しに振り返った。ずっと、ここにいなよ。

壊れた家庭に生まれた涼子が、少なくとも傍目には明るい、当たり
前の娘に育ったのは、沼二のおかげかもしれなかった。彼はまるで、
巡り来るクリスマスを待つ樅の木だった。うすぐらいあの家の門を
くぐれば、いつでもそこに立っていてくれた。

…過去の記憶から戻って、ふと投げかけた視線の先に、生身の沼二
が立っていた。

いささかぎょっとして立ち止まった。今、まさに入ろうとしていた
店の中に沼二はいて、店員に何かをたずねている様子だった。黒い
ジャケットのせいか、痩せた頬の白さが際立つ。涼子は少し眺めて
から、ガラスの扉を押して中へ入った。

振り向いた沼二の背中を、笑いながらつついた。この店では女もの
の服しか扱っていないのだ。涼子はやさしい心持ちになり、沼二の
恋人へのプレゼントを一緒に選んでやることにした。

「いちど会わせてよ、沼ちゃんの彼女」
喫茶店の片隅で向かい合ってから、涼子は言った。
「同じブランドが好きなんだもん、きっと気が合うよ」
沼二は居心地わるそうに身じろぎをし、足元でブティックの紙袋が
音をたてた。その視線の注がれている先に気づいて、涼子は思わず
婚約指輪のはまった左手を膝におろした。

「だめだよ」沼二は目を伏せた。
「やきもち焼きだから。こんなとこ見たら、きっと怒る」
「お茶飲んでるだけで?」
「うん。僕だって悪いことしてる気分だ」

すごいな、とつぶやきながら、涼子はカプチーノの泡をくずした。
「すごいって…」
「2人は、ほんとに愛し合ってるんだ」
「…」
「わかった。じゃあ、沼ちゃんとお茶するのはこれが最後だね」
カップに唇をつけながら笑顔を向けると、沼二はまたあらぬ方へ
目をそらした。

ずっとこちらに向けられていると思っていた沼二の瞳は、いつか
自分を通り越して、違うだれかを見つめていた。まわりの男たち
の執着をいつまでも集めておきたがるのは、女の性かもしれない。
公園通りを下りながら、涼子はひとりふっと笑った。胸の中では
微笑ましさと安堵と一抹の寂しさとが、あまく溶けあっていた。

翌日の晩、同じ青山のカフェの一隅で、涼子は澤田を待っていた。

社内メールで会いたいと送ると、打てば響く速度で返事が返って
きた。月曜日で雑用がたてこんではいるが、遅くとも8時には、
ということだった。

沼二と別れたあとの感触が、1日をすぎた今もまだわずかに尾を
ひいている。でもそれは、やがて背後の扉から入ってくる澤田の
顔を一目みれば、間違いなく雲散霧消するであろう気分だ…今は
むしろ独り待つ時間を、憂鬱ながらもこころよい切なさを、静か
に味わっていたかった。

だが、そうも言っていられなくなった。
9時半を回っても、澤田は姿をみせなかった。


→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ