読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

あなたに似た人

4.しあわせな結末


澤田が連絡もなしにこんなに遅れるということは、仕事で不都合が
生じたか、そうでなければ事故だ。会社に電話してみれば不安の種
はおそらく消えるが、受話器にとりつく余裕もない状況なのだろう
かと考えると、どうしても迷いが先に立つ。

可愛い我儘をしてみたつもりが、この結果だ。慣れないことをする
べきではないのだ。自己嫌悪にかられつつ冷めた紅茶を飲み干そう
としたとき、電話が鳴った。

「涼ちゃん、」沼二だった。

どこにいるのと沼二は訊いた。声が笑いを含んでいる。待ちぼうけ
を食わされているとも言えずに涼子は髪をかきあげ、凍りついた。
すぐ目の前、ガラスを隔てた舗道に、沼二が立っていた。
「…おどかさないでよ」涼子は、ガラス越しに叩く真似をした。
「ごめん。ねえ、散歩しない?」
「彼女に怒られるんじゃなかった?」
だから、紹介するよ。沼二は笑った。

連れて行かれた先は、子どもが遊ぶような公園だった。ブランコに
並んで座り、2人はじきにやって来るという"彼女"を待った。

「そういえば、聞いたよ」世間話の調子で、沼二が口を切った。
「君にそっくりな女の子の話。すごく大胆なんだってね」
ふいをつかれて涼子は黙った。鎖のきしむ音。こんなふうに一緒に
ブランコを揺らしたことが、以前にもあったと思った。

「君なんだろ?」
「えっ?」
「自分で憶えてないだけだよ、色情狂の彼女は君だ。君はずうっと
いい子を演じてきて、ついにストレスが爆発したんだ」

ブランコを跳ね上げるようにして立ち上がったとき、暗闇の向こう
から、冴えた靴音が響いてきた。

目を疑った。

それは涼子だった。鏡の国から出てくるように、まっすぐこちらへ
歩いてくる。瓜ふたつどころではない、寸分違わぬコピーだ。ただ、
着ている服だけが違っていた。昨日会った店で、沼二の恋人のため
に選んでやった、枯葉色のニット・ドレス。女は微笑み、沼二の膝
に腰を下ろして粘るようなキスをした。沼二は冷然と受けておいて、
いきなり頬を張った。

「こんなにうまくできるなんて思わなかった」
沼二はブランコを漕ぎながら、倒れた女を爪先で蹴った。
「この子はね、君がくれた、あの髪の毛から生まれたんだよ」
髪の毛、と涼子は思った。

「君のフィアンセは、もう来ないよ」
「…」
「この子に骨抜きにされたからね。今ごろはどっかのラブホテルで、
イビキかいて寝てるだろう」
「…」
「涼ちゃん。涼ちゃん、約束したよね。昔ここで、僕のお嫁さんに
なるって」

そうだ、約束した…涼子が7歳の、沼二は8歳の小さな約束。でも、
あの公園はここじゃない。この人はおかしい。この人は、狂ってる。

クローン女が起き上がって、阿呆のように笑った。しどけなく手を
伸ばしてくるのをふりはらい、沼二は立ち上がった。もう何も考え
られなくなった涼子を、あらん限りの力で抱きしめた。
「やっぱりやだよ、あんな女」
「…」
「僕は涼ちゃんがいい。涼ちゃんじゃなきゃダメだ」

目を開けると、女の顔が間近にあった。阿呆のような自分の笑顔を
見つめながら、涼子は絶叫した。

            〜*〜*〜*〜            

「暑くなってきたね。うちもエアコンつけようか」
窓を開けながら、沼二が言う。暑い? そういえばそんな気もする。
蝉の声を聴いたような気がする。

「そうそう。今日、澤田さんを見かけたよ」
グラスに白ワインが注がれる。テーブルの上には彩りもあざやかな
料理。まぶしいほどだ。沼二は子供のころから器用だった。紅茶を
淹れるのもじょうずだった。

「目の下、隈つくってたよ。結局ただのスケベ野郎だったってこと
だね。エッチなことしかできない、見た目だけおんなじの身代わり
押しつけられて、全然気づかずに結婚生活続けてるなんてさ」
髪を撫でてくれる手。優しい手。繊細な手つきでメスを握っていた。
カエルの解剖をしたときだ。高校時代。

「あんなんで出世できるのかな、澤田さん。まあ、僕たちには関係
ないけど」
さっきから何の話だろう。澤田さん? 澤田さんってだれだっけ。
関係ない。そうだ、私たちには関係ない。

小さく切った魚の肉が、銀のフォークで口に運ばれる。涼子は沼二
の澄んだ目を見ながら、ゆっくりとそれを咀嚼する。彼女は椅子に
座ったままだ。大好きだった居場所。タイルばりの台所が見渡せる。
もうここから、自分は一生動かなくていいのだろう。

沼二が口うつしでワインを飲ませてくれる。しあわせだ、と涼子は
思う。頭ではそう思っているのに、どうしてだかうまく笑えない。

唇のはしからワインが流れ、同時に涙が、頬を伝ってすべりおちた。


― 完 ―

2002.11.24
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ