読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

オーサカ・エンジェル

1.運命の人


「東京の男はアカンわ」昔、友だちがそう言っていた。
「『ナントカなんだよね』とか、『ナニナニしてくれる?』とか、
男の東京弁ってキモチ悪すぎや。どんなオトコマエでも私、絶対に
ああいうしゃべり方の男にはついていけへん」

そんな意見が、私の周りではほとんどだ。大阪では"いい男"よりも
"笑かしてくれる男"のほうがもてる。むろん両方兼ね備えていれば
言うことはない。私もそういう人が好きだ。でもそれ以上に、標準
語をしゃべる男のひとに感じてしまう。とにかく、今までに好きに
なった7人のうち、5人までが東京の人だった。私は一度も関西を
出たことがないのだから、けっこうな確率だと思う。

そして今、7人めの男が私から去っていこうとしている。

「結婚するんだ」
かたちの良い彼の唇(妻夫木聡に似ている)からその言葉が出たとき、
私は口から心臓が飛び出るかと思った。
「だれと?」声がうらがえっていた。
「営業部長の娘…本社の」
一瞬でも自分だと思った、私はつくづくドアホだ。

自分の膝に目をおとした。左の薬指に、ゴールドのリング。ほんの
数か月前、彼が買ってくれたのだ。その気もないくせに何でこんな
もの。喉まで出かかって悟った。ただの誕生日プレゼントを、勝手
に解釈して左薬指にはめたのは私なのだ。

だけど想像してみてほしい。30過ぎた女が、東京から来た年下の
の男に甘い言葉を囁かれ("甘い"と感じたのが、そもそもカン違い
だったのかもしれないが)、さらに指輪までもらった日にはどんな
気分になるものか。

彼はテーブルに両手をついて頭を下げた。昼休みの喫茶店。食後の
コーヒーを飲む人たちがいっせいにこちらを見て、私は情けなさと
恥ずかしさとで涙がこぼれた。

「あなたは今、重大な転換期にさしかかっています」
その晩、大阪駅前の手相見は私に言った。
「人生を変える出会いが、すぐそこまで迫っている」
捨てる神あれば拾う神あり? もしも本当ならば、鑑定料5000円も
高くない。

「明日、最初にあなたと身体が触れた異性」
私は息をのんだ。ガード下を冷たい風が吹き渡ってゆく。
「その人が、あなたの天使です」
「…天使?」
「そう。羽のある天使です」

翌朝、私は異様な緊張感とともに家を出た。

電車の中では、間違っても脂ぎった中年男の隣になど立たないよう
注意した。就業中は、部長の肩もみ攻撃をかわすのに全神経を集中
した。昼休みにエレベーターに乗らずに済ませるため、コンビニで
サンドイッチまで買っていった。人けのないオフィスでそれを一口
食べたら、テンションが急降下してまた泣きそうになった。

仕事が退けて、駅へ向かって歩いているときだった。「あのう」と、
若い男の声が背後から聞こえた。振り返ると、すずしげな目をした
茶髪の青年が見下ろしていた。
「…はい」胸が高鳴った。
青年はにっこり笑い、そして言った。

「何や、オバハンやん」

彼はさっとまわれ右をすると、数メートルあっちでたむろしている
仲間に向かい、両手で大きくバッテンをした。
「アカンアカン! もっと明るいほう行こ!」

私はあらためて、自分の格好を意識した。つい穿いてきてしまった
膝上10cmのスカート。今シーズン一番の買い物だったスエード
皮のロングブーツに、ファー衿のハーフコート。さらに通常よりも
1.5倍は濃い化粧…。

全身の力が抜けた。

ものすごくしんどかった。一日じゅう、いつ来るか何が起きるかと
待ち続けたせいだ。何が「人生を変える出会い」だ。単純に信じた
自分のアホさ加減は棚に上げて、あのもっともらしい顔の手相見に、
5000円返せと言いに行きたかった。

憤然と歩きだした途端、何か柔らかいものにつまずいた。

それは薄汚れた毛布のかたまりだった。毛布のかたまりがごそごそ
動き、呻き声を上げながら、胡麻塩頭のおっちゃんが顔を出した。

私は「ぎゃあ」と叫び、おっちゃんは眠い顔をしかめた。
「何や、人がやっと寝かかったっちゅうに」
そしておっちゃんは、何を思ったか毛布の中から伸ばした手で…爪
の先がまんべんなく真っ黒い手で…私のブーツの足首をぎゅうっと
つかんだ。

叫び声も、喉で凍りつくありさまだった。


→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ