読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

オーサカ・エンジェル

2.大盤ぶるまい


やめて、おっちゃん。あたしのおろしたてのブーツ、いくらしたと
思ってんの…怒鳴りかけてやめたのは、おっちゃんの胡麻塩の頭が、
死んだお祖父ちゃんを思い出させたからだった。

寝入りばなを起こされるのは、たしかに腹の立つものだ。だから私
は、ごめんなさいとあやまった。するとおっちゃんは、私の足首を
つかんだ手を離し、ぬっとこっちに突きだしてくる。

「電車賃」
「…はい?」
「電車賃。今、ゴメン言うたやんか」とっても嬉しそうな笑顔だ。
「お詫びのしるしに、電車賃」

逆らわないが得策と財布を取りだしたものの、こんなときに限って
万札しか入っていない。小銭は…88円。これでは初乗り料金にも
満たない。あきらめて1万円出すと、おおきに、とおっちゃんは、
お札ごと私の手を握りしめた。

…あああ。

さっきはまだ、ブーツの皮を通してだった。今度こそ肌と肌。今日、
私が最初に触れた異性は、あろうことかこのおっちゃん…。

毛布を捨てて立ち上がったおっちゃんは作業服姿で、太ったお腹に
毛糸の腹巻きをしていた。そこへお札をしまってポンとたたくと、
氷川きよしを歌いながら歩いていった。

私は逆方向へ歩きだした。本気で夕べの手相見に文句を言うつもり
だった。何やねん重大な転換期て。宿無しに1万円とられたせいで、
私はボランティアに目覚めるのか。そして天使? きれいな堕天使
に魅入られるほうが、まだマシやん!

ガード下に占い師の姿は、1人も見えなかった。時間が早いのだ。
ええわ、そんならここで待っといてやる。

『たぬき』と、青地に白文字で染め抜いてある、一番手前の暖簾を
身体で分けて入った。カウンターに肘をのせて「お酒」と言うと、
見るからに無愛想な店主が、待っていたようなすばやさでコップ酒
を置く。私はそれをひと息に飲んで、「おかわり」と言った。

傍らに立っていた先客が、こちらを見るのを感じた。じゃかあしい、
と私は思う。女1人で立飲み屋。何が悪い。一気飲み。どこが悪い。
私が私の時間をどうつぶそうと、私の勝手やんか。

「これ、」その客が言った。声といっしょに煮込みの入ったお皿が
差し出されて、私は初めて彼の顔を見た。
「まだ手つけてないんで」
そこで終わりかけて、彼は目をそらしながらつぶやいた。
「身体によくないです」

早くもアルコールがきいてきた感じで、私はかなり無遠慮に相手の
姿をながめおろした。

可もなく、不可もなく。ひとことで言ってそんな感じの男だった。
目が小さく、沈んだ顔色。背は私よりせいぜい5cm高いくらい。
コートの下のネクタイの趣味は悪くない。でも、たとえばこの人に
アルマーニを着せたら、服の存在感に負けて透明人間と化しそうな
気がする。だいたい、体力がなさそうだ。唯一魅力があるとすれば
…水彩画みたいに静かな声と、やさしげな標準語だった。

東京の方ですか。訊ねかけてやめた。それ以上声を聞けば、何だか
変な具合になりそうだったのだ。2杯めを飲み干したとき、背後の
暖簾が揺れて、「おコンバンワー」と脳天気なあいさつが響いた。
私は振り返り、考えるより先に隣の男に飛びついていた。

さっきの、おっちゃんだった。

「源さん!」隣の男が嬉しそうな声をあげた。知り合い? 重ねて
びっくりさせられながら、私は2人の男を交互に見た。

「どうしてたの。随分久しぶりじゃん」
男の質問には答えず、おっちゃん-源さん-は、私をみとめて笑った。
「何やオネエチャン、ゆうちゃんの彼女やったんか」
「はァ?」
「違うよ。失礼じゃないかこのひとに」
"ゆうちゃん"が慌てて否定するのにも耳をかさず、源さんは腹巻き
の中から得意げに1万円札を取り出した。
「よっしゃ、今日はお2人さんにご馳走したろ!」

それ、あたしの…抗議するより早く、源さんは私があげた1万円を
カウンターにばんと置いた。
「おやっさん、どんどん注いだって!」
仏頂面の店主の唇が、ニヒルに片側だけ吊り上がった。


→ 第3回へつづく→
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ