読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

オーサカ・エンジェル

3.トラ女


源さんが"ゆうちゃん"と呼んだ彼は、新阪急ビルの中にある会社で
働いているということだった。本名は「中田祐一」。地味な見た目
にマッチした、何とも無難な感じの名前である。

さしつさされつ、源さんと私はすっかり意気投合していた。割り箸
でコップを鳴らすという典型的な酔っ払いスタイルを実践しつつ、
次から次へと歌をうたった。中田はというと、小さな声で私たちに
合わせながら、顔色ひとつ変えずに飲んでいる。こういうタイプで
たまに酒乱の人がいるが、ぐらぐらする私の身体を修正してくれる
タイミングは、とても的確だった。

この後もし誘われたら、ついていってしまうであろう自分がいて、
私は必死で目尻にわいてくる涙をごまかしていた。

「ホンマおもろいネエチャンやなあ」源さんが私の頭をなでる。
「ホンマ楽しいおっちゃんやねえ」私もなで返してあげる。
「エエ嫁はんになれるで」
「そう?」
「おお。一緒に酒が飲めんような女はつまらんて」

そういえば、彼もそう言っていた。妻夫木聡似の、きれいな唇で。
お酒の強い女の人って、かっこいいよ。私がはしゃいで飲み過ぎて、
ハイヒールを両手にぶら下げて御堂筋を歩いたときだ。ほんとうは
そんなに強くない。ただ嬉しかった。嬉しくて酔っ払っていたのだ。

あは、と私は笑った。両腕をひろげ、源さんと中田の肩を思いきり
抱き寄せた。
「嬉しい」私は言った。「嬉しいし、楽しい」
「そやなあ、一期一会や」源さんが笑う。一期一会。お祖父ちゃん
の好きな言葉だったと思いだす。

「でも。アカンやろ、こんな女」

無愛想な店主が、何本めだかわからない一升瓶を置いた。私は腕を
解いて、3つのコップにお酒を注ぐ。勢い余って受け皿へあふれた。
「一緒に飲むんならよくても、付き合うのはゴメンやろ?」
発車のベルが遠く聴こえた。今、何時なんだろう。長いこと飲んで
いる気がするけれど、まだ電車は走っているらしい。

「どうかしましたか」沁み入るような、中田の声だ。
「東京の人?」
「ええ」
「オトコ前やねえ」
「はい?」
「声。しゃべり方が」
「…初めて言われました」
「そやろな。大阪で標準語ホメる女、きっと私くらいや」

暖簾のすきまから風が吹き込み、思わずくしゃみが出た。ハンカチ
を出そうとコートのポケットに手を入れたら、妻夫木のくれた指輪
が指にあたった。

そうだ。今朝家を出るとき、未練たらしく私は思ったのだ。万が一、
彼の気が変わるかもしれない。昨日の別れ話は取り消してほしいと
言ってくれるかもしれない。そのときに私の指からさっさと指輪が
消えていたら、ぶちこわしではないか。

ドアホや。

そのまま指輪を取り出しカウンターにのせると、おっ、と源さんが
目をこらした。

「もらってん」私は言った。
「センスええなァ、ゆうちゃん」
「違うってば」
そう言いながら中田は、大きくかしいだ私の肘をそっとつかんだ。
「送りましょう。家どこですか」
「イヤや」振り払ったはずみで、私は源さんにもたれかかった。
「イヤや東京の男は。きれいな語り口で騙すんやわ」

「酔っとる酔っとる」源さんが笑う。
「だから飲ませすぎだって…源さん、手貸して」
2人が両側から私の肩を支えた。宿無しジイさんと地味な会社員に
介抱されてる私。アカン、みじめすぎるやんか。力いっぱい手足を
ばたつかせ、おかげで余計にわけがわからなくなった。

釣りは要らんでェ。源さんが景気よく叫ぶ。お釣りはいくらだった
んだろう。もったいない、ガード下の飲み代なんてたかが知れてる。
そもそも私は何で、こんなところで飲み始めてしまったんだろう?

そのまま暖簾の外に引きずり出された。信号の点滅がうるんで見え、
完璧に私は酔っていた。右に源さん、左に中田。家で使ってるのと
同じ洗剤の匂いがした。部屋干しトップ? 回らぬ舌でたずねたら、
そうです、と、大まじめな中田の声がした。


→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ