読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

オーサカ・エンジェル

4.空に舞う白


次の場面は、「どこに連れていくねん、アンタらは」というところ
だった。

電車に乗せるでもなくタクシーに押し込むでもなく、源さんと中田
は私をかついで、通りをどんどん、駅とは反対の方向へ歩いている
のだった。

そんなもんや。私は胸の中で毒づいた。笑顔の下はみんなオオカミ。
源さんは有り金をさらってゆき、中田はここぞとばかりに、日ごろ
溜まった欲求をみたす。そして私はぼろぼろの姿で、道ばたに置き
去りにされ凍え死ぬのだ…。

「そんなことしませんから」中田が言った。
「よっぽど悪いオトコに引っかかったんやなァ」源さんの手が背中
をさすった。どうやら私は、思ったことをそのまましゃべっている
らしい。夢も現もわからず、やけになってまた歌い出した。

気がつくと、ベンチに座らされていた。

「…扇町公園や」
つめたい風が頬にふれた。隣で源さんが、手をこすり合わせている。
「アベックぎょうさんおるで。この寒いのに」
たしかに何組かの男女が、闇にまぎれて抱き合っていた。妻夫木と
キスした晩のことが、おとぎ話のように思い出された。

「ゆうちゃんもな、」源さんが言った。
「前はよく、アンタとおんなじこと言うとったわ」
「え?」
「どうせ自分なんか。一生こんなで終わるんや。だあれもわかって
くれへん。俺はひとりっきりで死んでゆくんや、て」

遠くに中田の姿が見えた。

「愚痴はアカン。さみしいだけや」
小走りの中田の、コートの裾がはためく。
「そして人までさみしゅうする。な、人が聞いててしんどいような
話はせんことや。飲み込んどくのが、エエ女ちゅうもんや」

そばまで来ると、中田は息をきらしていた。熱い缶コーヒーを受け
取って、私はまた泣きそうになる。源さんがはいチェンジ、と言い
ながら場所をゆずった。

「ごめんなさい」私は中田にあやまった。
「失礼なこと言って。東京の人にフラれたからってあなたの東京弁
にからんでしまって」

いいえと中田は白い息で微笑んだ。源さんのちいさな声が、聴いた
ことのない歌をうたっている。

「きっと後悔しますよ」
「え?」
「東京の男」
「…」
「僕、ずっと1人で飲んでました。でも今夜は源さんと久しぶりに
会えて。それにあなたと一緒に飲めて、とても楽しかった」
楽しかった、ともう一度つぶやいて、中田は片手で缶を開けた。

ふと気配を感じて見ると、源さんが歩きはじめていた。中田よりも
早く、私は立ち上がった。駆け寄りながらマフラーをはずして差し
出す。もう足元はたしかだった。しずかに首を振る源さんの、少し
だけ濁ったムーンストーンの瞳。やっぱりお祖父ちゃんに似てる、
と思った。

「また来るよね?」中田が叫んだ。
源さんはにっこりと、ほんとうにいい顔で笑って、ポンと腹巻きを
たたいた。それからお辞儀をした。舞台役者みたいにちゃんとした
お辞儀だった。そしてゆっくりと背を向け、遠ざかっていった。

あとにはただ地面が、月明かりに浮かんでいるばかりだった。光る
ものを見つけたのは、中田が先だった。歩み寄って拾いあげ、外灯
にかざした。

それは羽だった。白い白い、羽だった。

「鳩…」
「ううん」じっと見つめて、私は答えた。「天使や」
「天使?」
「そう。天使の羽や」

かすかな風にふるえて、羽毛が散ったのかと思った。顔を上げると、
雪だ。初めての雪が、まっくらな空から舞い降りてくる。

中田は心なしか深い目のいろで、そっと羽を握らせてくれた。その
手の温かさが胸にこたえて、私は笑顔を浮かべそこねた。涙を隠し、
また夜空を見上げた。積もるかなあ、なんてつぶやいてみた。


― 完 ―

2002.12.22
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ