読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

百年の孤独


男は顔じゃない、と人は言う。たしかにそのとおりかもしれない。
でも、男も顔がいいに越したことはない。背だって低いよりは高いほうがいいに決まってる。人間の見た目は、最初に提出する履歴書みたいなものだ。これだけで判断しないでくれと喚いても、会ってもらえなければどうしようもない。

自信のない男は最低だ。わかっているけれど僕は自信が持てない。
予想がつくだろうけど、まず見た目に自信がない。いつの時代でも美形じゃないと思う。身長は160cm。現代の成人男子としては、あきらかにチビの部類だ。『ジャニーズ』にも低めは多いが、彼らにはきれいな顔と天性のオーラが備わっている。

見てくれが悪く、背が低く、その上自信もないので僕はもてない。でも世の中には、僕よりチビで髪の毛が薄くても、もてる人もいる。いったい何が違うのだろうと、ときどきほんとうに真剣に考える。

武司から、合コンの誘いの電話がかかってきた。武司は世話好きなところがあって、学生のころからしょっちゅう幹事を任されている。今回は、僕らが社会人になって3度めの合コンだ。相手方は武司の今の恋人が勤めている化粧品メーカー。可愛い子が多いというので有名な会社だ。

いつものように盛り上げ要員にされるのは明白だったけれど、親友に頼まれたら断れない。武司は僕と違って女の子にもてる。ハンパでなくもてる。でも、いつでもちゃんと本命の彼女がいる。なんて言うとヤな奴みたいだが、武司は違う。だから同性の友だちも多いのだ。でも、武司が僕に比べてどこがどれくらい良いのか考えると、よくわからなくなってしまう。

合コンの場所は銀座だった。時間通りに8人全員が集まった。武司の恋人は予想通り、今まで武司が付き合ってきたのと同じタイプの、頭のきれそうな、ひかえめな感じの美人だった。そして僕のとなりに座ったのは、蓮井萌子という女の子だった。

蓮井さんの、一瞬カラーコンタクトかと思うくらい薄い茶色の瞳を見たとたん、僕は心臓のあたりが痛くなった。

彼女は美人だった。間違いなく美人なのだが、すきとおってしまいそうな白い肌と長い黒髪と、その外人みたいな目のせいで、何だかとてもアンバランスな感じがした。それがもう、たまらなくいいのだった。異常事態だった。もう何年も僕は、こういう場面では自然に気持に蓋をするようになっていたのに。

蓮井さんは、あまりしゃべらなかった。ただ、なにかというと僕を見てニコニコした。バカにしているのではなかった。バカにされるのは慣れているからすぐわかる。彼女はみんなの話題にのるよりも僕の話を聞きたがった。冗談を言ってみると、楽しそうに笑った。おかしい。絶対におかしい。僕は気を落ち着けようと何杯も水割りを飲み、ますます焦り、「お前、何かすっげえ嬉しそうだよ?」という武司の声を、最後に聞いた。

いっきに時間がとんで、真っ白なベッドの中で目が覚めた。

僕が飛び起きたはずみで、となりに寝ていた蓮井さんも目を開けた。
彼女はほっそりした両腕を伸ばしかけ、はっと身を縮こめた。毛布を目の下までひきあげ、「おはよう」とささやいた。卒倒しそうに色っぽいしぐさだった。

僕はギャグみたいに吃りながら、何が起こったのかたずねたと思う。「憶えてないの?」蓮井さんはかなしい顔をした。まるでドラマだ。ごめん、と僕は答えたが、ほんとうは全部憶えていた。僕のキスに応える唇のやわらかさも、この世のものとも思えない素肌の感触も、何もかもが鮮烈だった。ただすべては僕のよこしまな妄想、酔って勝手にみた夢だと思いこんでいたのだ。

夜になって、電話がかかってきた。
「何か、心配になっちゃって」蓮井さんの声は僕を感動させた。
「約束できなかったから…今度いつ会うとか、そういうこと」

俺なんかでいいの。ききかけて止めた。きいたとたんに彼女は目がさめて、2度と会ってくれないような気がしたのだ。

次の土曜日に会ったとき、僕はどうしても「夢じゃなかった」ことを確かめたくなってしまった。思い切って口に出すと、蓮井さんは恥ずかしそうにうなずいた。

23年間。これまでの不運不幸の数々が、蓮井萌子と出会えた喜びでいっぺんに飛び去っていくみたいだった。熱くほてった僕の身体に、彼女のなめらかな腕が、たしかにからみついていた。死んでもいいと思った。終わると僕たちは、いっしょに天井をながめながら色んな話をした。この情景に、どんなに憧れていたことか!

報告をかねて感謝の電話をすると、武司は「この野郎!」と、その場にいたら背中をばしばし叩きそうな感じで笑った。

「釣り合わないだろう」そういう僕の言葉を、武司は一蹴した。「そりゃあ彼女は、もったいないくらいの美人だよ。でもフェードアウトしてくお前たちの後ろ姿、憎らしいぐらいお似合いだったぜ」
それから武司は真面目な声になり、幸せにやれよなと言った。僕は泣き出しそうなくらい、彼のことを好きだと思った。

武司の彼女に呼び出されたのは、それから1週間ぐらい後だった。

「余計なお世話かもしれないんだけど…」
武司の彼女はそう言って、しばらくストローを噛んで考えていた。
「あなたもう、萌子の部屋に行った?」
僕は首を振った。やっぱり、と武司の彼女は眉をひそめた。
「彼女ね。ペット飼ってるのよ、大家さんに内緒で」
それがそんなに大ごとなんだろうか。僕は無言で先を促した。

「犬とか猫じゃないの」武司の彼女はつづけた。
「イグアナとかヘビとか、アロワナとかいろいろ…1匹や2匹じゃないわ。奥の部屋に飼ってるの」
「…」
「萌子、いつもそのこと秘密にして付き合って、あとからバレて、だめになっちゃうの。そんな趣味知ったら驚くよね。だけど悪気はないのよ。変わってるのはそこだけ。ほんとにいい子なの。だから私、今度こそうまく行ってほしいと思って…」

その日の夜、僕は萌子と会うことになっていた。けれど、僕は待ち合わせ場所へ行かなかった。30分が過ぎて、電話が鳴った。
「今、どこ?」責める調子など1ミリもない、萌子の声だった。
家、と答えると、さすがに少し戸惑ったようだが、それでも明るく、「あれ。私、時間まちがえちゃった?」と笑った。

もう会えない、と僕は言った。できるかぎりクールにやろうとしていたけれど、声は無惨に震えていた。え? と萌子は言った。思いがけないことを言われて、聞きのがしたという調子だった。

「もう会わない」僕は言いなおした。「俺、きみと付き合えない」
何十秒かの沈黙のあと、どうして? と萌子はきいた。僕が答えずにいると、もう一度どうして? ときいた。

「俺はさ、」僕は目の前の壁を見つめた。
「俺だって、一応人間だから」
意味がわからないと萌子は叫んだ。泣いていた。もしかすると俺は、
とんでもない間違いをしているのかもしれない。そんな考えが頭をかすめたけれど、僕はそれ以上しゃべらなかった。

萌子は、みんなが不気味に思うような生き物を可愛がっているのだ。
僕もその中に加えられるところだった。武司の彼女が言ったとおり、萌子は変わっている。でも結局、やっぱり、僕の"履歴書"しか見ていなかったのだ。

カズトシくん。萌子が呼んだ。僕の名前。百年と書いてカズトシ。親父は何でこんな名前つけたんだろう。僕の名前が変わってたって、気にかける奴なんかいないのに。萌子。名前の読みかたをだれかに教えたのは、ほんとうに久しぶりだった。

さよなら。心のなかでつぶやいて、僕は萌子の電話を切った。

― 完 ―

2002.12.29
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ