読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

モーニング・ミルク

1.雪の精


不思議なことが、あったんだ。

ああ。やっと話せる気がしてきたよ。心配させてほんとに悪かった。
ごめんね。

うまく話せるかな。自信ないんだけど…まあ、おとぎ話だと思って
聞いてくれればいい。俺も今となっては、全部夢だったような気が
してる。

そう…まず、ミルクのことから始めなくちゃならないな。

ミルクが死んだのは、君が出ていって8日めの朝だった。冷蔵庫の
前でまるくなってるから、ミルクって呼んで撫でてみたら、すごく
冷たくて固いんだ…手が凍ったような気がした。おかしな話だけど、
ばあちゃんが死んだときより、ずっとリアルな感じだった。

それで時計見たら、9時半なんだよ。遅刻。入社以来初めての遅刻。
あれでオレ、会社に行くのやんなっちゃったんだ…って、笑うなよ、
着実に積み重ねてたものがひとつでも崩れると、けっこう絶望的に
なるもんなんだぜ。

うん、おっしゃる通り。俺はひとりじゃ絶対起きられない。あのね、
これだけはほんとなんだけど、君のかわりに俺を起こしてくれてた
のは、他でもないミルクだったんだ。毎朝、7時ちょうどにベッド
に入ってきて、前足をぴとっ、てほっぺたに押し当てるわけ。猫の
肉球のあのひんやり加減、いちどで目が覚めるんだよ。

何ていうか…世の中にはさ、朝奥さんが起こしてくれない、メシも
ろくにつくってもらえない男って結構いるんだよな。君はどんなに
怒ってる時でも、必ず定刻には起こしてくれて、うまいオムレツや
目玉焼きを焼いてくれてた。君に去られて、ミルクもいなくなって、
俺はバカみたいにガク然とした。自分がどんなに恵まれてたかって
ことを、初めて、身にしみて思い知ったんだ。

それで…とにかく会社には足が向かなくなって、でもここにこもる
ことにも耐えられなくて、俺が毎朝どこに行ってたかっていうとね
…屋上なんだ。駅前の、山王デパートの屋上。

行ったことなかったよね。けっこういいんだよ、あそこ。朝のうち
は全然人がいないし、自販機の缶コーヒーが100円なの。無駄に
広くて、眺めがいい。晴れてると富士山まで見える。

4日めだったかな。昼までそこでボケっとするのが日課になろうと
していたところへ、ちょっとした異変が起きた。コーヒーを買いに
行ったほんの数分の間に、俺のいたベンチに女の子が座ってたんだ。

いちおう確保のつもりでジャケット置いといたんだよ。2人掛けの
小さなベンチだし、そうやっときゃだれも座らないと思うじゃない。
ところがその子は、まるで彼氏待ってるみたいに、俺のジャケット
の真横に座ってる。しかも生意気に脚なんか組んで、タバコに火を
つけようとしてるんだよね。

ライターの火がなかなか点かなかったところに、俺はつけこんだ。
ポケットに入ってたマッチをうまいこと探し出して、シュッと差し
出してやったんだ。…ええ? そんなんじゃないって。単純に座り
たかったの、そのきっかけさ。

彼女はふっと煙を吐くと、横にずれてくれた。そして、あさっての
方向を見たまま、タバコを吸ってた。

で、その吸い方がさ、妙に堂に入ってるんだ。どう見たって16か
そこらなのに、異様にうまそうでさ。オレ禁煙成功したと思ってた
んだけど、あの子が吸うの見てたら俄然吸いたくなっちゃったのね。
そしたら、すっと箱を渡してきた。まるで見通されてる感じだった。
実際、次に俺の頭に浮かんだ疑問を、彼女は先回りで口にしたんだ。

「こんな時間に、こんなとこで何やってるの?」。
答えも自分で言った、
「見ればわかるでしょ。学校へ行かずに煙草吸ってるのよ」。

さっき君は下心って言ったけどさ、俺にとっては、ああいう高校生
くらいの女の子って、一番得体が知れないんだよ。だから誘惑する
だなんてとんでもない…うん、たしかに君の世代の女性も謎だらけ
だけどね。聴いてる音楽とか好きな食い物とかが違うぶん、若い子
はあまりにギャップが大きすぎる。

彼女は真っ白なワンピースを着て、白い靴をはいてた。ワンピース
はふわふわだったけど、それにしてもけっこう寒そうだった。全部
白いんだ、白ずくめの格好。肌の色も白くて…陳腐な例えだけど、
雪の精、みたいな。

つい、ぼうっと眺めてたら、大きな目が突然こっちを見た。彼女は
さっき俺が思いついた質問を、そのままぶつけてきた。

「そっちこそ何してるの? こんな時間に、こんなとこで」
ふいをつかれて、こっちは度を失った。どう答えたものか、ほんの
数秒遠くの景色に逃げて、はっと見たら彼女がいない。

消えちゃってたんだ。ただ地面に、踏みつぶしたタバコの吸い殻が
残ってた。

→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ