読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

モーニング・ミルク

2.情けない話


だから下心じゃないってば。そんな顔して、からかってるでしょ。
…そうだなあ、スケベ心が1ミリもなかったかって言われると否定
できないかな。でもさ、君が同じ立場だったら、やっぱり気になる
だろ? とりあえず、また行ってみるだろう?

次の朝、女の子は昨日と同じ場所に、昨日と同じ格好で座ってた。
缶コーヒーを2本買って、おはようって声をかけてみたんだ。

彼女はゆっくり顔を上げ、俺をちらっと眺めてから、缶コーヒーを
じいっと見た。受け取ろうがどうしようか迷ってるというよりは、
何て気の利かないもの持ってきたんだ、みたいな様子だった。俺は
缶を彼女の横に置く、そのついでみたいに隣に座った。

…うん。たしかにちょっとだけあったかも。下心。

前の晩に考えたんだけど、彼女も俺と似たような境遇なんじゃない
かってさ。何らかの理由で、学校に行かない。あるいは行けない。
かといって家にいるのも嫌だっていうのがあって、デパートの上で
時間をつぶしてるんじゃないか…。

「よく来るの?」って訊くと、黙ってる。「ヒマそうだねお互いに」
って言ったら、それは心外らしくて、「ヒマじゃありません」って
答えた。たしかにもし登校拒否でもしてるんなら、頭の中はゴチャ
クチャで、気分的には全然ヒマじゃないはずだよな。

そのとき、チャララランって妙な音がした。携帯の着信音だった。
彼女は携帯を…これも白だったな…取り出して、怖い顔して切って、
すぐにしまい込んだ。電話してくる相手くらいはいるんだなって、
俺は何となくホッとしたよ。

「昨日のつづき、教えてよ」ふいに彼女が言った。
「どうしてあなた、こんな時間にこんなところにいるの?」

…ああ。話したんだ。わりと洗いざらい。子供だって思ってたし、
所詮通りすがりだしさ。自分で言葉にすることで、整理したいって
いうのもあった。入院して昇進をのがしたこと。ブランクを埋める
のに焦って、あの北海商事のミスで広報にとばされたこと。それで
俺がイラついて、ある日決定的に君を怒らせて出て行かれちゃった
こと…。

整理するほどのことでもなかった。俺ってほんとバカって、改めて
思ったよ。話してて情けなかったもん。でも、彼女が案外きちんと
聞いてくれてるみたいだったんで、一応おしまいまで話した。頼み
の綱の飼い猫に死なれて、気力も失せちゃいました、てとこまでね。

しゃべり終えると、女の子はしばらく黙ってた。あきれてるのか、
同情してるのか、あるいは話自体がよくわからなかったのか、表情
だけでは判別できなかった。ただ、俺のあげた缶コーヒーを手の中
でくるくる回してる。骨を削ったみたいな、つるんと白い指だった。

そうだなあ。今思うと、全体的に非現実的な感じのする子だったよ。
きれいなんだけど、何だろう、ドライアイスみたいなさ。うっかり
さわると、手を切ってしまいそうな。

ああいう子がクラスにいたら、周りは気をつかうだろうなと思った。
男はやさしくするかもしれないけど、女の子たちからしたら目障り
もいいとこだろう。「ウザイ」とか何とか言われて、総攻撃の的。
そんなことがあって、この子は学校に行かなくなったに違いない。
彼女の横顔を見ながら、頭の中では勝手に話が出来上がりかけてた。

「ほんとうは、」急に女の子がこっちを見た。
「仕事しなきゃと思ってるんでしょう?」

口数が少ないぶん、たまに出る言葉は異様に鋭いんだよね。彼女の
目はほんとに吸い込まれそうに大きくて、ひたっと見つめられると
嘘がつけない感じがした。目をそらしたら、また消えちゃうんじゃ
ないかと思ってると、さらに言いつのってきた。

「毎朝決まった時間に、同じ場所に来ちゃうっていうのが証拠よ。
サラリーマンの性なんじゃないの?」

…はは、君にもいつか同じこと言われたよね。たしかにそうなんだ
と思う、哀しいけど。でもそのときは、仕事にも、他の何にも未練
はないって答えた。本当のところ、あそこから飛び降りてた可能性
だってゼロじゃない…あの子と会ってなかったら。

そこでまた、携帯が鳴った。彼女はまた液晶だけ確認して、電話を
切った。
「出てあげれば?」
それには答えず、女の子は思いがけないことを言い出した。
「お腹がすいたわ。どこか連れてって」

→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ