読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

モーニング・ミルク

3.Who are you ?


「早く行こ。あたし、時間がないの」
女の子はベンチから立って歩きだした。俺はあわてて後を追った。
追いながら、もしかしてこれは、タチのわるい商売なんじゃないか
と思い始めてた。出会い系サイトでカモになりそうなオトコ探して
もの買わせたりする、デート商法っていうのかな、最近増えてるっ
ていうし。でなきゃ援助交際? やたら携帯が鳴ってたのも、それ
だったら説明がつく。

デパートの外へ出ると、彼女はもうタクシーをとめて乗り込んでた。
何か急に腹が立ってきたんだ。小娘相手に、やられっぱなしでさ。
どうにも沽券にかかわる感じで、俺は目をつぶるみたいにして車に
乗ってしまった。…バカだよね。

車の中で、名前を名乗った。これからどうなるにしろ、メシを食う
だけにしろ、いちいち呼び合う必要はないにしろ、おたがいの名前
くらい知ってていいと思ったから。

「健一って、いい名前だよね」
ウインドウのへりに肘をのっけた格好で、女の子は脚を組んだ。
「ケンちゃんって、呼ばれるでしょ。あたしの知り合いでね、そう
いう名前がうらましいって言う人がいたよ。ケンイチでケンちゃん、
とかさ。親しみがこもっていいなあって」

そうだ。君も前に言ってたね。ユキって名前、これ以上縮めようが
ないから、あだ名がつかなくてつまんないって。

また携帯が鳴った。彼女は液晶画面を確認し、出ないで切る。その
繰り返しだ。モテるんだねって言ってみたら、そんなんじゃないと
首を振った。車はどんどん走って、妙に知ってるとこばかり通ると
思ってたら急に停まった。うちの、このマンションの前だった。

どういうことだ、この子は俺を知っている? こんがらがったな、
必死で記憶をたどってみたが、わからない。目の前の彼女、何だか
赤の他人って気がしないんだけど、どこのだれだかまるっきり思い
出せない。
  
「何してんのよ早く。お腹、ぺこぺこなんだから」
そんなこと言われたって、うちは食い物屋じゃないよなあ?
「フランス料理出せっていうんじゃないわ。さっさと降りて」

勘定を払う俺をおいて、女の子はまた後も見ずに建物の中へ入って
いく。彼女の携帯はよっぽど性能がいいらしくて、この電波の悪い
マンションの、エレベーターの中でさえ鳴ってたよ。

もう、ここまで来たら仕方がない。俺は腹を決めて、彼女を部屋に
入れた。さあ、どうしたものか。とにかくコーヒーでも淹れようと、
ヤカンを火にかけた。

「牛乳がいいわ」彼女が言った。

「冷たいのはだめ。できればローファットのがいいな」
「あるけど…お腹すいてるんじゃないの?」
「それがいいの。人肌くらいにあっためてね」
だったら話は簡単。うちは低脂肪乳は切らさないし、人肌にするの
も慣れた作業だ。

「もう大丈夫なの?」
「何が?」
「入院したんでしょう」
「ああ…大丈夫。病気は治ってるよ」
「だったら、会社に行きなさい」
「え?」
「身体動かさなきゃ。ほんとにダメになっちゃうよ」

鍋の中で牛乳がふつふつした。ちょっと熱いかもと思いつつ、マグ
カップにうつした。まあいいだろう、猫が呑むんじゃないし。

「目覚まし、もう2つ買うの。時間ずらしてセットするのよ。そう
すれば起きられるよ。何でもいいから仕事してよ。30かそこらで
人生あきらめてどうすんのよ?」

俺はマグカップをテーブルの上に置いた。乱暴にしたもんだから、
中身がはねてこぼれた。何なんだこの子は。人の家に上がりこんで、
あんな目をして、心の蓋をぐいぐいこじあけようとする、いったい
君はだれなんだ?

絶妙のタイミングで、また携帯電話が鳴った。
「うるせえよ!」思わず俺は、大声で怒鳴っていた。

最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ