読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

モーニング・ミルク

4.愛シテル


そんなにでかい声を出したのは久しぶりで、かるくめまいがした。
女の子はすごい跳躍力で飛びすさった。彼女の後ろは窓で、いつも
と同じ、東京タワーと青い空が見えた。

「何なんだよ、きみは」
大人げないと思ったけど、声のトーンはあんまり落とせなかった。
「若い女の子に説教されて、喜ぶ野郎もいるのかな。言っとくけど
俺にはそういう趣味、全然ないよ」
「怒鳴らないで…」
「だいたい人のこと言えるの? きみだって俺と同じだろ? 学校
行かずにフラフラしてるだけじゃないか。同じだよ。家に帰れよ、
補導されないうちに」

「家はないの」彼女は血の気が失せて、ほとんど泣きそうだった。
「携帯は、ごめんなさい。これはどうしても鳴るの。切れないのよ」

また着信が鳴った。うるさい。女の子は自分で言って、電話を投げ
つけようとして顔をゆがめた。その腕で部屋の一角を指した。隅に
置いてある、ダンボール箱を指して、こう言った。

オ墓、作ッテ。

電話は鳴り続けていた。俺はダンボール箱を見ていた。あの中に何
が入っているか、今日初めてここへ来た彼女は知らない。知らない
はずだった。着信音はもう、耳障りではなくなっていた。ていうか、
もともとあの音は、現実のとは違ってたよ。名前を教えて欲しいと
俺は言った。でも彼女は、涙のたまった目で見つめてるばかりでさ。
だから、こっちから呼んでやるしかなかった。

ミルク。

そうだよ、そうだったんだよ。生意気な彼女のすべては、言われて
みればミルクそのものだった。まっ白ななりも足の速さも、大きな
音が苦手なとこも、全部。

「そんなところに、置きっぱなしで」
ミルクはかなしい笑顔で、自分の身体が入ったダンボールを見てた。
「ずっと話しかけてるんだもの。あたしはもういないの。死にたく
なんかなかった。ケンちゃんのこと起こしてあげたかったよ。でも、
しかたがないじゃない」

それからあいつは教えてくれたんだ。夕方になったら、君が帰って
きてくれるってさ。携帯の着信は止んでた。ミルクは初めて電話に
出て、「今、行きます」って小さな声で答えた。アンテナの先が、
虹みたいな色に光った。

怖いんだか悲しいんだか、とにかく俺は全身のガタガタが止められ
なかった。ミルクが後ろ向きに窓枠に飛びのって、身を投げるんだ
とわかって、涙が出てきた。行くなよって叫んだ。だけどあいつは
バイバイって笑って、風になびいたカーテンの向こうに、ふわっと
消えてしまったんだ…30メートル下の道路にもどこにも、彼女の
姿は見つからなかった。

ミルクらしい。まったくあいつらしいよ。わざわざ2日もかけて、
目をさませ、しゃんとしろ、それだけのことを俺に言うためにさ。
あのあと、散歩コースだった川べりに墓穴を掘ってたら、ほんとに
君が帰ってきた。君は俺が何してるのかすぐにわかって、持ってた
バッグを地面に落としたよね。

…泣かないで。

ああ、ユキならきっと信じてくれるって、ほんとうは思ってたよ。
だってあの翌日から君は、ずっと同じやりかたで毎朝俺を起こして
くれてるだろう? 怒鳴るんでもなく、ふとんを剥ぐんでもなく、
きーんと冷えた瓶の牛乳を俺のほっぺたに…ミルクがしてくれてた
のと同じようにさ。

ミルクったら、最近はケンちゃんをご主人と思ってるみたい。君は
よくそう言ってたけどさ、やっぱりあいつはだれよりも、君の幸せ
を願ってたと思うよ。

俺は今でも憶えてるんだ。君がプロポーズを受けてくれたあの日、
抱きあった2人の胸と胸のあいだで、ミルクは大きな目をみはって、
疑りぶかそうに俺を見上げてた。こいつ大丈夫か? ほんとにユキ
を幸せにできるのか? そんな顔だったよ。俺はきっちり見返して、
当たり前だろ任せとけ、そう誓った。自信満々で誓ったのに…もう
少しで、約束を破るところだったね。

もう、離れないよ。俺はどこにも行かないし、君がいたたまれなく
なるような、バカな真似もしない。

ありがとう、ユキ。
戻ってきてくれて、ありがとう。

― 完 ―

2003.1.26
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ