読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

至上の恋

1.腐れ縁


冷凍庫の扉を開けた途端、未紀は異変に気づいた。
「信じらんないっ」
彼女が叫び、んん? と祐介が、テレビの前から振り返る。

両手を腰にあてた格好で、未紀は恋人を見下ろした。
「あたしのアイス、食べたね」
「アイス?」
「そう。ベルギーチョコのアイスクリーム」
「…あー」
「『あー』じゃないわよ!」
「食べたかったの?」
「食べたいから買ってあったんでしょ。1個350円もするのよ」

ごめーん。祐介は甘えた声を出してみせる。円い瞳が三日月になり、
頬に愛嬌たっぷりの皺がよる。この顔さえすれば、許してもらえる
と思っているのだ。反省のかけらもない証拠には、1秒後にはもう
テレビ鑑賞に戻っている。ブラウン管の中で矢田亜希子が、悲しげ
に唇を噛みしめている。

うわ、かわいー。つぶやきが聞こえた途端、未紀は頭に血が上った。

ジャージ姿の図体を、グイと背後から抱え上げた。1メートルほど
引きずり、あまりに重いので、さらに腹が立って蹴飛ばした。
「出てって!」金切り声で叫んだ。「今すぐ出てって!!」

こういうとき、祐介は決して逆らわない。おとなしい子犬のごとく
肩を落として出ていくのを見送ると、未紀は棚からウイスキーの瓶
を取りだした。

上質のシングルモルト。ラベルには"ゆうすけ"と書いてあるけれど、
買ったのは私だ。お酒だけじゃない。滅多にひかないギター、埃を
かぶったノートパソコン、1週間で投げ出した通信教育のテキスト、
就職活動用と称するスーツ…全部私が働いたお金だ。こっちはもう
3年も、冬のコートを新調していないっていうのに。

ウイスキーをいっきにあおる。50度のアルコールが喉を焼く。

「今年は就職して」
去年の元旦、未紀は祐介に言った。

一緒に毛布にくるまって、かくし芸大会を観ていた。やさしい体温
に逡巡しながらも、心を鬼にして口にした言葉だった。
「1年待ってダメだったら、今度こそほんとうに別れるから」
未紀のまなざしをうけとめ、祐介は真面目な顔でうなずいた。
…うなずいた、くせに。

ろくに眠れなくても朝は来る。翌朝の未紀は、職場へ向かう電車に
揺られていた。

やだ、と小さな声がして、半分寝ていた未紀は目を開けた。座って
いる彼女の前に若い女が立っていて、眉をひそめ身をよじるように
している。視線を下げて、未紀は思わず声をあげかけた。女の斜め
後ろに立っている初老の男が、あろうことかその一物を、スカート
のお尻にこすりつけているのだ。車両が揺れたはずみで、その銃口
が未紀のほうを向いた。

カンベンしてよ…目をそらしかけたとき、とつぜん女が叫んだ。
「この人、痴漢です!」
同時に彼女は、まったく別の男の腕をつかみ上げていた。

列車はスピードをゆるめかけていた。ヒステリックに叫び続ける女
と、静かな声で無実を主張する男とのやりとりを、未紀はしばらく
ながめていた。が、真犯人はわかっている。こういうとき、黙って
いられる性分ではなかった。
「あの」未紀は女に声をかけた。「その人じゃないですよ」

次の瞬間、変態じいさんが人をかきわけ、昇降口へ向かおうとして
いるのが目に入った。考えるより先に立ち上がり、未紀は前の2人
を押しのけて、じいさんの袖をとらえていた。

…数十分後、未紀と"間違えられた男"とは、駅のフォームに立って
いた。真犯人は駅長室へ連れて行かれ、"間違えた女"はきまり悪げ
に顔をそむけて、どこかへいなくなってしまった。

「ほんとうに、助かりました」
男はそう言って、何度めか頭を下げた。年齢は30半ばだろうか。
ここちよく響く声。長身の、背筋の伸びた立ち姿。どう間違っても
痴漢には見えない。

差し出された名刺を読んで、未紀はあらためて彼を見上げた。
『翠山大学経済学部経済学科 助教授 佐伯紘一郎』。
翠山は、未紀が6年前に卒業した母校であった。


→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ