読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

至上の恋

2.気の毒な人


「6年前ですか。それなら僕が着任する前だけど」
佐伯は早春の日射しのような微笑を浮かべ、名刺の裏に携帯の番号
を、さらさらと書きつけた。
「キャンパスに来られる機会があったら、是非お電話下さい」

場合が場合なら、心躍る出会いだったかもしれない。しかし未紀は
いささか疲れていた。へえかっこいい、と思いはしたものの、その
後しばらく、彼のことは心の片隅に追いやられていた。

祐介から連絡はなかったが、どうしているかは、大体見当がつく。
追い出したのはこれが初めてではない。1週間もすれば何食わぬ顔
で戻ってくるはずだ。泊まりあるく女の家には不自由しない祐介で
ある。"本命"の未紀の存在を知っていて、それでも歓迎してくれる
大らかな女友だちが、少なくとも片手以上はいるのである。

そんな女友だちの1人、瑶子は未紀の職場の同僚である。昼休み、
未紀は彼女とランチを食べていた。祐介は瑶子の部屋を3日めの晩
におとずれ、「一宿一飯の礼に」と部屋の掃除をしていったという。

「あいつ、うちの掃除なんかしたことないわよ」未紀は言った。
「ヒモの資格ゼロだね」瑶子は笑った。
瑶子がパスタの皿の横にひろげている雑誌に、未紀は目をとめた。
「…ねえ、それちょっと見せて」
見開き2ページの片側で、シックなスーツ姿の男が微笑んでいる。
佐伯だ。電車内で痴漢と間違えられたのを未紀が救った、あの男だ。

「こんなのが来たら、ミキも乗り換えるよねえ」瑶子が言う。
「大学の先生でしょう?」
「知らないの?」瑶子はアイスティーのストローをくわえた。
「佐伯紘一郎っていえば、大学教授というよりは作家でしょ。去年
だっけ五味川賞とってさ、出す本出す本ベストセラーよ」

未紀はショックを受けた。そんなに有名な小説家の作品を、読んで
いないどころか存在さえ知らなかったことに、である。彼女は大学
では、いちおう日本文学を専攻していたのだ。

帰りに本屋へ立ち寄ってみると、目立つ一角にちゃんと佐伯紘一郎
コーナーができていた。

『涙の足音』というタイトルが真っ先に目に入った。濃紺に銀色の
文字というシンプルな装丁も気に入って、未紀は数年ぶりにハード
カヴァーを購入した。その晩ベッドに入ってから、とっかかりだけ
読むつもりで、表紙を開いた。

数分後には起き上がっていた。もう少し、あと少しと読みつづけ、
遂にエンドマークにたどりついたときには、夜が明け始めていた。

肩がばりばりに凝り、指先は冷えきっている。砂金のような感動が
つもった、心だけが熱かった。ぼんやり明るんだカーテンをながめ、
未紀はこの美しい物語を書いた小説家の、来し方行く末を思った。
久々に文学に触れて、免疫が薄れていたのかもしれない。そうだと
しても、この作品が彼女にとってベストワンに近いものであること
は間違いがなかった。

ふと顔を上げると、祐介が立っていた。

「珍しいじゃん」膝の上の本を見て、祐介は言った。
そうだ、何年か前、彼は小説家になると言い出して、物語の断片を
書き散らしていたことがあった。その傍らでプロの作品を読むのは
残酷な気がした、それをきっかけに、自分は本から遠ざかっていた
のだと、未紀は思いだした。

「夕べ、デニーズでサンドイッチ食ってたらさ、」
祐介は笑った。
「ミキのつくった野菜スープが飲みたくなっちゃって、もうだめ」
「…」
「許してくれる?」

未紀の微笑を、祐介は不覚にもよみちがえた。和解のしるしに抱き
しめようとしたその目の前へ、佐伯の本が突きだされた。

「こういうの書いてよ」
「?」
「すごい小説書いて、彗星のごとくデビューするんだって言ってた
じゃない。だったら書いてみなよ、こういうの」

ミキ、と祐介はつぶやいた。

「あなた、才能あるよ。他の人よりあると思う。でも肝心のものが
足りない。何だかわかる? 努力よ。努力するっていう才能」
「…」
「口だけなら、ただの勘違い野郎だよ。約束したよね、就職できな
かったら別れるって」

さほど力は入れていないのに、祐介の身体はぐらんと押し戻された。
別れましょう。未紀ははっきりと、そう言い放った。


→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ