読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

至上の恋

3.気の毒な人 Part2


泣いて謝られでもすれば、許してしまったかもしれない。でも祐介
にそんなことができないのは、わかっていた。罪のない笑顔の裏に
巣食った、ガラス細工のようなプライド。8年付き合ってきた未紀
が、一番よく知っている。

当座の身のまわり品だけを紙袋に入れ、
「あとはだれかに取りに来てもらうから」と微笑んだ。最後にろく
に弾けないギターを背負って、祐介は出ていった。

翌日も未紀は仕事へ出かけた。家へ戻ってみると、腹をすかせた男
が冷蔵庫の扉を開けている、などということはなくて、彼女は自分
が朝抜け出したままのベッドに、ごろんと横になった。

「寒、」つぶやいて、エアコンのリモコンに手をのばす。リモコン
には、小さなシールがたくさん貼ってある。メロンパンにクリーム
パン、未紀の好きな菓子パンの数々。ゲームセンターでとってきて、
祐介が気まぐれに貼り付けたのだ。

思わず、床に投げつけた。

いたたまれなくなり、起き上がって携帯を取り出した。何でもいい、
だれでもいい、今、このやりきれなさを消してくれるもの…真っ先
に思いついたのは、佐伯だった。

名刺の裏の電話番号を見つめた。作品の感想を言うだけだと、自身
に言い聞かせた。

「はい」死んだような声がひびいてきて、未紀は番号を間違えたの
かと思った。しかし、相手が彼女と知って少し上向きになった声は
明らかに佐伯紘一郎だった。
「もしかして、電車の中で僕を助けてくれたひとだ」
「…あの、もしかして飲んでらっしゃいます?」
かなり、と佐伯は笑った。

私ったら何をやっている、と思いつつ、数時間後、未紀は泥酔状態
の佐伯の肩を支え、深夜の山手通りでタクシーに手を挙げていた。

車の中で佐伯はずっと、未紀の知らない人々の話をしていた。わけ
もわからず聞いているうち、どうやら執筆中の作品の人物らしい。
立て板に水の勢いでしゃべっていた作家は、ある箇所に来ると急に
口をつぐんだ。多摩川を見下ろす高層マンションに辿り着くまでに、
その同じ話が3度繰り返された。そして同じところで、どうしても
止まってしまうのだった。

「そんなに思いつめなくても」
エレベーターのボタンを押しながら、未紀は言った。
「佐伯さんくらいの方だったら、締め切りなんていくらでも待って
もらえるんじゃないんですか?」

そういう問題ではないのだと、佐伯は悲しげに微笑んだ。ここまで
何も出てこないと、自分はもう書けるだけ書き尽くしてしまったの
ではないかという気がしてくる。たった6作品、たった6作品だ、
それだけで自分はもう終わりなのか。終わってしまうのか…。

祐介もよく馬鹿な酔いかたをするが、さらに10cmは長身の佐伯
に肩を貸すのは、午前零時の身体にはひと苦労だった。やっと部屋
に入り、どうにかこうにかベッドに横たえてやると、申し訳ない、
とつぶやいて、佐伯は目を閉じた。

終わりだなんて。未紀は作家の端正な寝顔をながめた。30半ばで
有名私立大の助教授ともあろう人が、片手間の小説が書けないから
といって、何が終わるというのだろう。しがない保険会社のOLで、
根無し草に何年も貢いできた自分のような女でさえ、明日があるさ
と踏ん張ろうとしているのに。

「あの、」彼女はふと思いついて言った。
「いっそ、はっきり告白しちゃったらどうですか?」
佐伯は反応しなかった。眠ってしまったのか。いや、どうせ酔って
いるのだから、明日には忘れているだろう。

「『涙の足音』は、人の心が無言でつながりあう奇跡を描いた作品
でした。とても素晴らしかったと思う。でも、そういうことって、
めったに起こるものじゃないでしょう? 言わなきゃわからないし、
言ってもうまく伝わんないし、カッコ悪いのが本当じゃないですか。
それもアリかもしれませんよ。今回は、そういう話でもいいんじゃ
ないですか?」

変な夜だ、と未紀は思った。佐伯に電話をしたのは、明らかに心の
空白をまぎらわすためだったはずなのに、肝心の男は酔っぱらって
寝ていて、自分はひとりでこんなことをしゃべっている。

彼女は浴室をのぞき、洗面器とタオルを出してきて、祐介が酔った
ときにいつもそうするように、枕元に置いた。そして足音をたてぬ
ように、ドラマのセットのような部屋を後にした。

→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ